ホーム » イケメン » 【ゲイ】待ち合わせ場所にフェラーリでやってきたイケメン社長の話

【ゲイ】待ち合わせ場所にフェラーリでやってきたイケメン社長の話

ザーメンスプリンクラー

千葉県在住のリーマンさんからの投稿。日々営業で県内をまわる投稿者は会社からのきついノルマが達成できず自暴自棄になっていた。仕事もせず出会い系サイトばかりチェックするようになっていた投稿者は、ある日掲示板で気になるプロフを見つけた。そして何も考えず暇つぶしにメールを送った投稿者だったが・・・・・・
高級車
冴えない営業の俺は、仕事をサボって昼間っから有料発展場に入り浸っている日々。部下にもどんどん業績抜かされちゃってね。

もちろん、仕事では怒られてばかりでいい結果もでやしない。

その日ももちろんサボる気満々で、愛読Badiで見かけた出会い系サイトを携帯でいじくってた。

その中で興味を引いたのは34歳のイケメン。仕事は会社経営なんて書いてある。

そんなわけねぇじゃんwって、出会い系サイトだしどうせ冷やかしだろうと思ったが、暇だったので面白半分でメールをして「今すぐ会えないか?」なんて書いてみる。

返事は即決、待ち合わせ場所は俺がいつもサボっている郊外の量販店の駐車場。

そして、待ち合わせ場所にやってきた車をみてビビった、フェラーリだ…。

運転席の窓から綺麗に髪をセットしたイケメンスーツ男性が「乗りなよ」って・・・・・・

出会い系サイトでの出会いだったので、いきなり超高級車に乗せられて俺はこのままどこかでやばい事になるんじゃないかと思ってしまった。

でも、俺の不安をよそに車はそのままホテルに向かう。

話をしていると、相手がIT関連のベンチャー企業の社長さんだと判った。

26歳のときに企業。今では年商二桁億円にまで成長したのだとか。まるで別世界の人間で、まさかこういう人種の人とホテルへ行くことになるなんて・・・

相手はホテルに入ると服を脱ぎ、パンイチになって鍛えた体を見せつけ始めた。ダラダラ生活している俺とは全く大違いだ…。

俺はタチ寄りのリバを自認していたが、掘られたいと思ってしまった。

その思いの前に口が勝手に「お願いします。しゃぶらせてください!ガン掘りしてください!」と言っていた。

俺は必死にしゃぶった、今までなかったくらいに。

相手はそんな俺を冷静に見つめながらとにかく全てがカッコよかった。

イク時だけ、少しウッっと声が出たぐらい。

そして男は俺をうつぶせにベッドに押し倒して組み敷いた。

そして、ケツを持ち上げてローションでアナルとじっくりとほぐし始めた。一本、二本…と長くて綺麗な指がアナルに入っていく

「ああッ…ああッ…」

「まだまだいけるよな?」

「もっと下さい、太いの下さい」

俺はドMな女かってぐらい欲しくってたまらなかった。

三本、四本ってなった時に「マジかっ!」ってなった、気が付いたらもうフィストファックになっていた。

アナルの中をこれまで感じた事のない快感が駆け巡る。

「うぉぉおぉぉぁぁぁ~~~」

訳の分からない叫びが出てきた。

「もっともっと、気持ち良くしてやるからな」

仰向けにされてもう一度フィストファック。

ホテルの天井の鏡ごしにフィストファックの光景が見えた瞬間に意識が飛んだ…。

気が付いたらへそから顔に掛けて俺のザーメンと汁が異常なぐらいまき散らされていたのだけは覚えている。

5分ぐらい痙攣と射精を繰り返していたそうだ。

その後、普通に彼のカリ高の生チンで掘られたのだけれど、
壊れた俺のチンポはスプリンクラーのようにザーメンと汁を拭きっぱなしだった。

出会い系サイトってあんな男と出会えるんだ!と思い、それからは出会い系サイトを使い始そめるようになった。

ただ、昔と変わったのは仕事をサボらなくなったこと。

ああいう男になりたいなって、憧れを持って生活してる。

 

カテゴリ:イケメンの最新記事

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。