Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » ガチムチ・体育会系 » 【ゲイ体験談】泣きながらイケメン後輩に掘られるノンケの末路・・・・・

【ゲイ体験談】泣きながらイケメン後輩に掘られるノンケの末路・・・・・

男っていいかも

徳島県在住の大学生からの投稿。テニスサークルに所属している投稿者は、ある日後輩のアツシに付き合って欲しいと告白された。ちょうど付き合っている彼女に愛想をつかせていた投稿者は・・・・・・
イケメン後輩に掘られる

 

大学2年の時にテニスサークルの後輩、アツシに告白された。

 

それまでオレは女の子としかつきあったことがなかった。
そんなオレから見てもアツシは恰好いいし、それにテニスサークルの中でも人望も責任感もある。

 

そんなアツシに告白されて、正直戸惑ったけど、悪い気はしなかった。
当時つきあってた女はやたらと詮索してきて、正直疲れてた。

別れようとぼんやり考えてた時だった。

 

アツシと会っている時は、よけいな気を使わなくてすむし安心できた。
お互い音楽や映画の趣味があうから、週末になると映画観に行ったり、
ライブ観に行ったり、その後はお互いの部屋で酒を飲んだりした。
オレは兄弟がいないから、兄弟がいるってこんな感じかな?って嬉しかった。彼女と過ごす時間よりもよっぽど充実していた。

 

そして飲んでる時に気を許してお互いの初体験の話になった。
女の子との体験って、いくらでも聞くけど、男同士の体験なんて初めてだった。ちょっと意外だったのは、

アツシは見た目的に「女役」だと思ってたけど「男役」ってこと。

 

初体験は高校の時にテニス部の先輩に教えられて、バックも使わせてくれたこと。
入れた時の感覚、入れられた時の感覚…オレはアツシの話を想像しながら聞いているうちに勃起していた。

気づかれないように、膝を曲げた時、アツシは遠慮がちに

 

「弘樹先輩…って、男とはどうしてもダメですか?」

 

オレに聞いてきた。

 

「男とは無理だけどアツシならいいかもな…」

 

オレはちょっとした冗談のつもりだったけど、アツシは

 

「マジで?」

 

と瞳を輝かせて、オレに抱きついてきた。

 

「ちょっと、待てって!」

 

オレはアツシの腕を離そうとした。

 

「す、すいません!こんな都合よすぎですよね…ごめんなさい!」

 

アツシは必死で謝りだして、こっちが申し訳ないくらいだった。

 

「…汗、かいてるからシャワー浴びてからでもいいか?」

 

アツシはうなずいた。

オレは今までの流れを冷静に考えたくて冷たいシャワーを浴びたかったんだ。これからオレはどうすればいいのかって・・・・・

服を脱ぐオレの後ろで、アツシも急いで脱いでいた。

テニスのあとにシャワー室へ行くけど、明らかに違う、アツシのペニスは
腹につくくらい反りかえっていた。
(本当にゲイなんだ)オレは変な所に感心していた。
冷たいシャワーを浴びるオレにアツシが抱きついてペニスを押しつけてくる。

 

オレもゆっくりと反応しだしていた。
オレのは17cmくらいだけどアツシのは20cmくらいだ。
アツシはボディーソープでオレの身体を泡立てる。
泡が流れると、オレの首筋、鎖骨、乳首…をなめてきた。
正直、乳首をなめられてもな…。
アツシはオレのペニスをなめだした。

 

「ばか!汚いって!」

 

アツシはかまわずなめ続けて、オレはペニスはアツシの舌に反応しだしていた。エラのくびれ、入口に入り込むように舌は動いた。

 

「あ…あぁ」

 

オレは情けない声をあげた。
アツシはオレのペニスから口を離すと、自分のとオレのをたばねた。
アツシの手のひらの中でアツシのペニスの暖かさ、脈が伝わってくる。

 

「弘樹先輩…ピクピクしてる…弘樹先輩…」

 

「…?」

 

「ここ指いれてもいい?」

 

アツシはオレのバックに手を伸ばした。
オレがうなずくと、アツシはボディーソープをぬった指をいれてきた。

 

「うわあ!」

 

オレは痛みに声をあげた。

 

「弘樹先輩、大丈夫?」

 

「大丈夫って、おまえ…あ…」

 

アツシの指はオレの中で小刻みに動きだした。

 

「あ、はぁ…」

 

アツシの指は小刻みに動き続け、2本、3本と増やされていった。

オレは腰が砕けそうだった。
痛みの中で、何か熱くなる部分をアツシの指が探り当てた。

 

「先輩のエッチスイッチ見つけ…!」

 

オレのペニスはアツシのペニスと一緒に握られてガチガチになった。
出そうになるとアツシがギュッと根元を握りしめる。

 

「もう勘弁してくれよ」

 

指がやっと抜かれた。

 

オレ達はベッドへ移った。
アツシの痩せているけど、筋肉質の身体がオレに重なる。

 

「先輩、シックスナインって知ってる?」

 

「…うん」

 

オレ達はシックスナインをはじめた。
ペニスを舐めるのは戸惑ったけど、すぐにわりきった。
アツシのペニスはオレの舌に応えるようにピクン、ピクンと脈うった。
同時にオレも舐めてもらってるわけで、いつ発射してもおかしくないくらい。痛いくらい、ガチガチになっていた。

 

「先輩、仰向けになって…」

 

言われるまま仰向けになる。
アツシはオレの腰を持ち上げ、バックが天井に向くようにした。

 

「恥ずかしいって…」

 

「先輩のここきれい…」

 

アツシはそう言って、バックを舐めだした!。

 

「何やってんだよ!ばか!くすぐったい!」

 

オレは逃げようとしたけど、アツシが両足をがっしりつかんで逃げられない。

 

くちゅ…くちゅ…アツシの舌はオレのバックをゆっくりとかきまぜる。

 

「もう、ダメだって…」

 

オレは泣きたくなった。
ようやくバックから口を離すと、部屋に転がってたベビーローションをオレのバックと自分のペニスに塗った。

間接照明のしたでいやらしく光っている。

 

「先輩、入れるよ」

 

オレは目を閉じた。

 

「合体…」

 

アツシは操縦するようにオレの両足を握って、バックを天井にむけ
オレにまたがる形になり、ゆっくり、ゆっくりペニスを差し込んできた。

 

「あぐっ!」

 

何度も流星が流れて、メリメリと広がった…。

 

「うわあ!ストップ!」

 

「先輩、大丈夫?」

 

「ちょっとマジ痛い…」

 

オレは涙を流していた。
アツシの顔が「きゅん」とした表情になって、ペニスが固くなった。
このサド!

 

「先輩、ここ見て…」

 

アツシはオレの足をオレのほうにおす。
身体が柔らかくてもけっこうきつい。

 

「う、うわあ…」

 

オレはびっくりした、アツシのペニスが半分近くめり込んで、
オレのバックがそのぶん広がってる。
アツシのペニスもオレのバックもピクピクしてる!。

 

「先輩、マジかわいい」

 

アツシはオレにキスしてきた。
キスは抵抗あったけど、こんな姿勢で抵抗できるわけもない。
すぐに舌のからみあうキスになった。
アツシとオレは飢えた動物みたいお互いの唇、舌をむさぼった。

 

オレはエッチスイッチが全開でばかになったみたいだった。
アツシの唇、舌をむさぼれば、むさぼるほどアツシはオレの中で
かたくピクンとはねる。

 

「先輩、全部入ったよ」

 

アツシが嬉しそうに報告した。オレはおそるおそる手を伸ばす。
確かにオレのバックにアツシのヘアが密着してる。

オレのバックにアツシのペニスが慣れるのを待った。

 

「動かしていい?」

 

オレは頷いて、アツシの背中に腕をまわした。
初めて気球にのった人間が頼りになるやつに抱きつくように。

 

「大丈夫?平気?」

 

何度も聞きながら、小刻みに腰を動かし続けて、時に、引き上げて

 

「エッチスイッチはここ」

 

とさっき指で探り当てた部分をペニスの先で刺激する。

 

「あ、ああ…」

 

オレはアツシの動きに声を漏らすだけだった…。

 

「先輩、中に出していい?」

 

「うん、いっぱい出して」

 

「ありがとうございます!」

 

ニコッと笑うとアツシの腰ははげしくなって、止まったかと思うと、
オレに体重をかけて深く深く入り込んで…!!。

 

「あ!はあっ!」

 

声をあげた瞬間、ペニスが振動してアツシの精液がたくさん注がれるのを感じた。

 

そして、オレのペニスからも

 

「ぶしゅっ!どぴゆっ!」

 

自分でも驚くくらいの精液が吹きあげた。

 

アツシは

 

「先輩、ありがとうございます」

 

泣きそうな顔でオレを抱きしめた。



 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索