ホーム » 巨根 » 【ゲイ体験談】初ハッテン場で恐怖するほどの巨根に出会いましたwwwwww

【ゲイ体験談】初ハッテン場で恐怖するほどの巨根に出会いましたwwwwww

ペットボトル級チンポ

福岡県在住の大学生からの投稿。何度か経験のある投稿者が初めて発展場に行った時の話です。室内のあまりの暗さに戸惑いながらも坊主筋肉君と初発展場での掘り合いを果たした投稿者。発射直後、放心状態で動けずにいた投稿者だったが・・・・・・
巨根に出会いました

僕は県内の大学生に通っているスポーツ系です。

先日初めて発展場に行ってきました。博多駅近くにあるとこでした。

緊張しながら電話で場所を確認し、中に入ると先客が一人。
とりあえずシャワーとお尻を洗って室内へ。
中は3部屋だけで、相手の顔も分からないくらい真っ暗。

こんなに暗いんだと驚き。

もう一人の人の様子を伺いながら、どうして良いか分からずうろついてると更に二人増え、一人が先にいた人と絡み始めました。

しばらく見ていたが、どうしたらいいか分からなかったんで部屋を移動すると、もう一人の人がついてきて僕のものを触ってきました。(その日は全裸デーだったのでお互い最初から全裸)

緊張しながらも、すぐに僕のものはびんびんに。
相手の顔は見えないけど、触った感じでは坊主筋肉質でモロにタイプ。
僕も相手のものを触ると、すでにびんびんでした。
サイズは僕と同じで普通サイズ。

相手にタチ、ウケを聞かれたのでリバだと答えると、堀り合いしようと言われ承諾。まずはお互い乳首を攻めながら、僕から相手のアナルをほぐし、正常位で挿入。

久しぶりのアナルに興奮してガン堀りしていると、相手に掘りたいと言われたんで交代。入れられるのも久しぶりでちょっと痛かったけど、それ以上に見知らぬ人に犯されてる状況に興奮し、つかれる度に喘ぎ声が漏れました。

激しく舌を絡み合わせたり、乳首を吸われながらそのままガン堀りされてると、逝きそうになり、相手に伝えるとラストスパートをかけ、更に激しくつかれて、お互い発射しました。

しばらく放心状態になり、落ち着いてからシャワーを浴びて部屋に戻り寝ていると、また別の人が僕のものに触れてきました。

逝ったばかりだったので戸惑ったんですが、相手のものを触ると一気にスイッチが入りました。

とにかくでかい!

まさしくペットボトルみたいなもので、口に入れてもカリの部分しか入らない。相手が僕のものをしゃぶりながら、アナルに指を入れだした時は、ホントにこんなもの入れられるのかという恐怖と期待で自分のものは痛いほどに勃起してました。

そしていよいよ相手のものが侵入し始めました。
とにかく信じられない圧迫感で、思わず大声で喘いでしまいました。

相手の動きが止まったので、結合部を触ってみると、相手の巨根がすっぽりと埋まりこみ、僕のアナルは信じられないくらいに広がっていました。

さすがにガンガンつかれるのは無理だったんですけど、ゆっくり出し入れされるだけで今まで感じたことのないほど支配されたような感覚に包まれ、すぐに大量の精液を発射しました。

相手のものが抜かれても、しばらくはアナルが開きっぱなしで、また放心状態。喘ぎ過ぎて喉もからからになりました。

このままアナルが元に戻らなかったらどうしようと本気で心配したほどですw

その後、またシャワーを浴びて部屋に戻り寝てると、また別の相手が体に触れてきました。

さすがにもう無理だと思っていたんですが、意外にも触られてるとまたビンビンになり、正常位、バックで攻められ、また正常位で扱かれながら逝ってしまいました。

こんなにセックス漬けになったのは初めてだったんで正直、癖になりそうです。

 

カテゴリ:巨根の最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。