ホーム » 変態オナニー » 【ゲイ体験談】友達にバイブオナニーしてるとこ見られちゃって・・・・・・

【ゲイ体験談】友達にバイブオナニーしてるとこ見られちゃって・・・・・・

バイブアナニー

岐阜県在住の男子学生さんからの投稿。バイブは今まで1個も所有していなかった投稿者。そこでネット通販で使えそうなバイブをまとめ買いしてみる事に。自宅に届いた日にさっそく試してみると予想以上に具合が良く自然に喘ぐ投稿者。そこへセフレが遊びに来てしまい・・・・・・
バイブオナニー

これまでHの時に何度かバイブは使われたことがあったんだけど、自分のバイブは持っていなかったので前から欲しいなぁ〜って思ってた。

で、この前初めて、PC通販でバイブを買った。それも3つもw

一個目は置いて使うバイブ。左右にうねるだけのもの。二個目は先端が上下に動いて指でいじられているようになるもの。

そして三個目は左右のうねりに加えてピストン運動をするもの。

最初に、一番やらしそうな三個目に買った左右にうねってピストン運動をするものを試して見た。

さっそく、ズボンを脱いで自分のアナルに入れた時に、友達の陸(りく)が来た。

「おっなんだ、純。一人エッチか?」

「そうだよ////バイブ買ったから・・・////」

「へぇー・・・じゃぁ俺がそのバイブでオナニーするの見ててやる」

「えっ////でも・・・」

「いいじゃん。純。それに純の太いチンコから精子出るところ見たいし」

「俺は別にいいけど・・・////]

「んじゃ決まり。ほら、まだ途中までしか入ってねぇからいれちまえよ」

そう言われて僕は途中までしか入ってなかったバイブの竿を最後までズッポリと入れた。

「あっ・・っ・・・これ太い・・・」

僕がバイブを動かしながら喘いでいると、陸が自分のチンコを出して僕を眺めていた。

「どうしたの・・・?チンコ出して・・」

「んー?お前の一人エッチ見て勃起する俺のチンコ見てもらいたくて」

「バカ/////」

サラッとエロイことを言われて、僕のチンコも反応してしまった。

その、あとバイブのスイッチを入れた。

最初はうねって、あとからピストン運動をするように設定した。

うねりが徐々に早くなって良き、中をかき回されるようで気持ちよかった。

「ぁ・・ん・・・ぁっ・・・中が・・・いい・・・」

「純・・・お前・・エロすぎ・・」

陸がそう言っていたので、陸のチンコをみてると、むくむくとおっきくなっている

うねりで中をかきまわされて、あまりにも気持ちよかったので、腰を振ろうとしたら、いきなりピストン運動にかわった。

「やぁ・・・あっ・・・そんな奥ついちゃ・・・あっ・・・気持ちい・・」

「純・・・お前がエロイから俺もエッチしたくなっただろ?」

陸がそう言うと僕が着ていたシャツを脱がせて、乳首を舐めてきた。

上と下のダブル攻撃で僕は無意識に腰を振っていた。

「お前がエロイから・・俺のチンコが痛ぇくらまで勃起しちまったよ」

そう言われたあと陸にチンコをしごかれました。

下を二つも攻められた僕は、すぐにいってしまった。

陸は僕の精子を舐めながら「純・・早くバイブ抜け。生のチンコ入れてやるよ」

そのあと、陸と一晩中エッチをした。

陸は不良で煙草も吸っているのに、ありえないほどの体力をもっていました。

僕が何回いっても陸はなかなかいかず結局陸は4回しかいきませんでした

エッチが終わったあとは、二人で学校をサボり互いのチンコを舐めあっていました。

二人で何回も何回もイって、シーツをいっぱい汚しました。

3種類のバイブ使ってみた結論から言うと、やっぱり生のチンポにはかなわないって事ですねwww

 

カテゴリ:変態オナニーの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。