ホーム » 中出し・種付け » 【ゲイ体験談】ベンチで寝てた怪しい奴に種付けしときましたwwwwww

【ゲイ体験談】ベンチで寝てた怪しい奴に種付けしときましたwwwwww

化けネコ?

東京都在住の会社員さんからの投稿。深夜2時、微かな期待を胸に新木場公園を訪れた投稿者。さっきまで雨が降っていたせいで、人の気配はない。とりあえず一回りして帰ろうと思っていると、ベンチに人影が・・・・・・

怪しい奴に種付け

 

雨上がり夜半、まさかこんな時間に誰もいないだろうと新木場に寄ってみました。

 

フェーン現象っていうんですか、生温い風が吹いてて、ぬかるんだ道に妙な違和感を抱いて暗がりのベンチに向かってみました。

これで誰もいなかったら、そのまま帰ってこようと。

 

ところが、暗闇のベンチに何やら大きな荷物を発見!

まさかと思って近づくと、一人横向きに丸まって寝てんじゃないか!!

見下ろすように立ったまま身体を撫でてみるが無反応。

そのまま手を股間ににもっていき、ゴソゴソと弄り始めました。

妙にゴワゴワした感触で一物の場所がよくわかんねー?

 

そうこうしてると、クルリと後ろ向きに体制を変えました。

チャンス到来!!

手を前に伸ばしてベルト緩めてズボンを引きずり下ろそうとしましたが、これがなかなか脱がす事ができねんだ。

なんかたくさん重ねばきしていると思ったら、なんとその下から何枚ものスカートが出てきました。

 

ペチコートをつけてスカート履いてたんだよ。

薄手のジョーゼット状の物を慌てふためいて何枚も引きずりだすと、ムチッとしたケツが露に。またしてもビックリ!!

 

今度は白い皮ベルトがケツに食い込むように着いていました。

 

コイツ何者w

 

そのベルトを端にずらすとケツマン穴。

即行で唾をつけて弄ってみると指2本がスンナリ!!

相当鍛えたケツマンコと予想。

 

すぐさま自分のベルトを外してチンポ剥き出しにして、回りに人の気配の無いのを確認してから、馬乗り状態でケツマンコに突っ込んじゃった。

もちろん生でな。

 

おいらのチンポが小さいのか、奴がガバマンなのか知んないけど、ホンの少量の唾だけでズボズボって奥まで入り込んだんだ。

無言のままケツを突き出していた奴、急に

 

「あっふ~ん、あぁ~」

 

って声出し始めやがった。

もの言わぬ人形みたいでいた奴が、命吹き込まれたみたいに急によがり初めてケツ振り出した。

途中まで脱いだズボンが足元に落ちて汚れそうになったんで、引き上げてから奴のケツに乗り上げるようにして、一気にガンガン掘り込むと、イイ声で鳴きやがる。

ケツマンコもギュっギュ締めるし、時間を掛けて楽しむ雰囲気でもないし、とにかく突き倒して自分が気持ちよくなればと超スピードでガツンガツン堀まくった。

 

大きな声は出さないが、ひたすら

 

「あぁ~ん、あっふ~ん」

「あぁ~」

 

ってよがりまくってケツ穴奥までチンポを吸い込みやがる。

 

「ヤバイ!! イキそう~~~!!」

「このまま出すぞ!!」

「種付けすんぞ!!」

 

コッチは盛り上がってるのに奴は何も答えない。

横向きの顔もコクリともしない。さすがにマズイのかなと躊躇。

も少しでイキそうになったマラをズルッとケツマンから引き抜いて今夜はこんなところで終了しようと。

 

でな、奴のチンポも気になって再度ケツを持ち上げて探りあてようと手を前に回しました。

コロっとした金玉がジョーゼットの薄布に包まれて出てきた。

そいつを捻りあげると、もっと高く腰を上げたんで、今度が竿出しにかかった。やはり何枚もの布に絡まっていたがポロっと出てきました。

 

いやー、ネコのデカマラっていうけど、デカイ!!

 

雁首に唾つけてコリコリ弄り回してたら、ケツが小刻みに震えだした。

ここまできたら途中でストップしたおいらのマラも出さなくては噴火しなくては納まらない。

先走りでヌルヌルンしたマラを穴めがけて適当に突き刺したら、ズボって入りやがる。もう~、一気に種付け開始さ!!

 

相変わらず小さな声で

 

「あぁ~、あぁ~、あぁ~」

 

だけで一切何も言わない。

 

「種つけるぞ!!」

「中だしすんぞ!!」

「出すぞ!!」

「いいか!」

「出すぞ!」

「出しちゃうからな」

 

唾だけなのにヌメッとしたケツマン襞にチンポが絡まれていて超気持ちイイ!!!ホンとにいっちゃう~!! 無言なのは中だしOKという事と自分勝手に理解して、もガッツンガッツン掘りこんだ。

 

「イクぞッ!」

 

ケツマンコの奥にググっと突き刺して、ドックンドックンと雄種を…!

ゆっくりケツ穴からチンポ抜いて、まだ残ってるザーメンを絞りだして手に取って奴のチンポに塗りたくった。扱いてイかしてあげようと思ったが、奴は死んだようになって動かない。

 

こいつは物の怪か、正気に戻ると背筋が寒くなるような気がして、急いで身支度をして、その場を後に。

広い道に出て、後ろも振り向かず駆け足で帰った。

 

次の日の朝にどうしても気になって同じ場所に行ってみたけど、ベンチには誰もいなかった…



 

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

カテゴリ:野外・露出の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索