ホーム » トコロテン » 【ゲイ体験談】肛門にペットボトル捻じ込んだまま寝ちゃったようですwwwwww

【ゲイ体験談】肛門にペットボトル捻じ込んだまま寝ちゃったようですwwwwww

なんじゃこりゃぁぁ!

大分県在住の男性から投稿。ある休日の昼間、よく会うセフレが友人を連れて自宅にやってきた。そしてその2人にめちゃくちゃにされてしまう投稿者。潮にトコロテンに至れり尽くしで、プレイが終わる頃には気を失ってしまう・・・
アナルにペットボトル
俺は160*53*23なんだけど、ケツモロ感のウケです。

自分でも「なんでこんな物入るんだw」と笑ってしまった時の話です。

俺、午後の紅茶が好きでいっつも500mlのペット飲んでるんでます。

その日は日曜日で仕事も休みでした。

お昼過ぎにセクフレの浩二とその友達の佑太が家に遊びに来たんだけど、やっぱりやることはエッチです。

浩二は、家に入った瞬間にもう上着脱ぎだして、「チンポシャブって」って言ってきたんで、俺もすぐに跪いてズボンのファスナーを下ろしてピチピチのビキニに舌這わせてました。

それを横目で眺めていた佑太がニヤニヤしながら俺の服を脱がせてきました。そして俺はすぐにケツ割れ一枚の姿に。

その間に、浩二のチンポ(長さは普通だけどメッチャ太い!)をしゃぶる為にビキニから出しました。

浩二はシャワーも浴びてなかったみたいで、結構ツーンと匂ってきます。

でも俺、そういう匂いに興奮しちゃって、一心不乱で浩二のチンポしゃぶってました。

そしたら佑太がいきなり俺の腕を後ろに持っていったと思ったら、手錠を掛けられちゃって、アイマスクで目隠しもされちゃいました。

後ろで佑太が手錠出したり色々準備してたらしいんだけど、俺はチンポしゃぶるのに夢中でぜんぜん気づかなかったんです。

どうやら浩二と2人で計画していたらしく、「今日はおまえをいたぶってやる」なんて言われました。

そして浩二は俺の頭を掴んでチンポの根元まで喉の奥にねじ込んできました。

結構口マンもやられてるんで楽勝ではないですけど、あまり咳き込まずに口マン喉マンを犯されてました。

その最中、佑太は俺のケツの穴に張り型とかバイブねじ込んできます。

そしたら、だんだん体がだるくなってきて、訳わからなくなってきたんです。

後で聞いたらド〇(合法)仕込んだそうなんです。

俺は今までやったこと無かったから体が一気に熱くなっちゃって。

おかしくなったみたいに必死で浩二のチンポを喉の奥までしゃぶってました。

更に、ケツを犯す玩具もだんだんサイズが太くなっていって、LLサイズのアラブをマッハピストンで出し入れされてました。

気持ち良過ぎてすぐにでもトコロテンしそうな感じ。

俺はもう淫乱全開でチンポを気合入れてしゃぶってると、浩二が意地悪して口からチンポ引き抜いてきます。

俺はチンポが欲しくてまた咥えようと舌を出していやらしくチンポ探してたみたいです。チンポほし~とか無意識で言ってたみたいです。

そしたら、ケツに玩具とは違う浩二の生チンポがいきなりズブズブと入ってきて、俺は思わずそれだけでトコロテン。

声にならない声で喘いでいたと思います。

そしたら、口に佑太のチンポが入ってきました。

先っぽは仮性気味で亀頭の半分が皮に包まれてたけど、亀頭のデカさはそれだけで口が一杯になる感じでした。

仮性気味だからそんなに長くないだろーって思って根元まで咥えようとしたら、どうも浩二のよりも長くて喉の奥にねじ込まれた感じでは20cm有るんじゃないか!?って感じ。

(後で見たら18cmぐらいでした。)

その半仮性デカマラで喉を再拡張されながら、浩二のデカマラでケツを突かれてもうメロメロ。ぶっ飛んでました。

ほぼ失神したような感じで、気が付くと、佑太が交代して俺のケツにチンポをぶち込んでました。

俺のケツは佑太に掘られてるのにあんまり感じないぐらいガバガバにされていたみたいでした。

佑太がイク寸前に激しく腰を振り出して、ロングストロークして俺の前立腺を刺激してくるので、もう俺はずっと逝っている感じがしてました。

佑太が俺のケツの中に出したときには、俺は口も利けない感じでした。

浩二は俺に話し掛けてるんですけどぜんぜん答えられなくて、何か佑太と浩二が話し合ってるのだけが薄っすら観て理解できました。

そしてまた、ケツに何かがねじ込まれる感じがしました。

それも今までよりデカイ感じがしました。

なんかずっぽりねじ込まれたと思っていたら、2人はシャワーをさっさと浴びて帰っていきました。

俺はそのまま寝ちゃったみたいで、気が付くと体中ベトベト。特に下半身の部分の布団はべちゃべちゃに濡れてました。

それでも起きようとするとなにかケツに違和感があって手で触ってみると、飲みかけのペットボトルがずっぽりとハマってました。

自分の中にペットボトルがねじ込まれていると思っただけでおかしくなりそうでした。

そのペットボトルを出し入れしながら、もう勃たないチンポをしごいてました。

チンポからはザーメンは飛ばないし、にじみ出る感じですけど射精感を味わって布団に倒れこみました。

その後、恐る恐るケツからペットボトルを引き抜くと、浩二と佑太が中出ししたザーメンが溢れ出てきました。

それを手ですくって舐めとりながらシャワーを浴びて、浩二に「めっちゃ気持ちよかった!またヤッテ!!!」ってメールしちゃいました。

 

カテゴリ:トコロテンの最新記事

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。