ホーム » 初体験・童貞 » 【ゲイ】初体験でトコロテン!病みつきになった高校生の結末・・・・・・

【ゲイ】初体験でトコロテン!病みつきになった高校生の結末・・・・・・

男子学生の初体験

茨城県在住の男子学生からの投稿。勃起した大人のチンポに興味がある投稿者は初めての掲示板に書き込みしてみる事に。すぐに相手は見つかったが・・・・・・

男子学生が初体験

僕は、16歳の高校生です。

この間、メールで知り合った24歳のおにいさんに掘られました。

生まれてはじめて掘られました。

僕は、最初、メールでも言っていたのですがお兄さんのチンポを見たかっただけだったのに、強引に車の中でキスされて、そのままラブホテルに連れて行かれて、抱きしめられたら、もうどうにでもしてって感じになってしまいました。

それで、僕は、素っ裸にされました。お兄さんも素っ裸になりました。

お兄さんの大人チンポは上に反っていて大きかったです。

お兄さんの腹筋は、割れていて、体には無駄な肉がないって感じでした。

お兄さんからは、僕の体型は、色白の少年系って言われました。

お兄さんは、「ほら、これがほしかったんだろ」と言って、僕の口元にチンポを持ってきたので、僕は、たまらなくなってチンポにキスしました。

お兄さんは、「そんなんじゃだめだよ、もっと味わわなきゃ。」って言って、僕の口の中にチンポをねじ込んできました。

とても大きくて喉の奥の粘膜にぶつかってしまい、僕はゲホッとなったけど、一生懸命にしゃぶりました。

お兄さんは、僕にチンポをしゃぶらせながら、僕のケツの穴にローションを塗りこんで、指で穴をほぐしだしました。

「ほらほら、もっと力抜いて」

やさしくほぐしてくれたので、初めてだったのに、全然痛くはありませんでした。

僕は、ケツ穴をほじられながら、お兄さんのチンポをしゃぶりつづけていました。

お兄さんのチンポの先からは、先走りがどんどん出て、口の中に広がるのがわかりました。不思議と嫌な感じはしませんでした。

「そろそろいいかな」ってお兄さんは言うと、僕の口からチンポを引き抜いて、僕を仰向けにして、両足を担ぎ上げて、僕のケツの穴が上に向くようにして、でかいチンポを僕のケツ穴にあてがいました。

ぼくは、いよいよかなって思いました。

お兄さんは、「息を吐いて、力を抜いて」って言いました。

僕は、その通りにしました。

そしたら、お兄さんがチンポを穴に押し当ててきました。

やっぱりなかなか入りません。

もう一度、お兄さんは、ローションを穴に塗りこんで、指を3本入れてぐりぐりとケツ穴を広げました。

ケツ穴が閉じないうちにチンポの先を押し当てて、ググっと入れてきました。

なんかすごい圧迫感があって、こんなの入るわけないと思ったら、お兄さんが、

「息を吐いて」って言ったので、

「はー」って感じで息を吐いて力を抜いたら、チンポの先が穴に入ってきました。

「あっ、いてっ!」って言いました。

お兄さんは、「よし、もう少しだ、我慢しろ」っていって、少し抜いてくれた後、再度ググっと入れてきました。

今度は、ズズって感じでチンポが深く入ってきたようでした。

大きなウンチが出ているような、なんかすごく変な感じでしたが、なんとなくいい感じもしました。

お兄さんは、チンポを入れたまま、じっとしてくれて、ケツがチンポの大きさに慣れるまで僕を抱きしめて、キスをしてくれました。

デープキスでした。ケツにチンポを入れられたまま、キスされるなんて、もう完全に犯されていると感じました。

このとき、ハッと気づきました。お兄さんは、コンドームをつけていないってことをです。

生のチンポが、今、僕のケツ深くに突き刺さっていると気づきました。

でも、もうどうしようもありませんでした。

それに、なんとなく気持ちいいって感じてきていました。

お兄さんは、それがわかるのか、少しずつチンポを動かしはじめました。

僕のケツの穴からチンポを少し抜いては、また、ずずっと入れてきました。

入れられた瞬間、僕の口から「ううっ」とうなり声が漏れてしまいました。チンポの出し入れを繰り返し始めました。

僕は、ケツにチンポが入る時がたまらなく気持ちいいと感じました。

チンポを入れたり、出したりが続きました。

角度を変えたり、浅く入れたり、深く入れたりとお兄さんは、生チンポで僕のケツ穴の感じを楽しんでいました。

僕の反応に応じてチンポの出し入れを変えているようでした。

そのうち、チンポの出し入れのスピードが速くなりました。

僕は、お兄さんがいきそうになってきていると思いました。

このままだと、ケツの中で射精されてしまうと思いました。

でも、僕も気持ちよくなっていたので、このまま続けてもらいたいと思いました。

おにいさんは、「そろそろいくぞ」「中にだすからな」「いいな」って言いました。僕は、「いいよ」って言ってしまいました。

お兄さんは、それを聞いて、さらに動きを早めて、ガンガンと僕のケツの奥を突いてきました。

最後に思いっきり深く突いたかと思うと動きを止めました。

その瞬間、僕のケツの奥でチンポが、プクッと一瞬でかくなったかと思ったら、ピッピッと当たる感じがして、熱いものが広がるのがわかりました。お兄さんが僕のケツの中で射精したんだと思いました。

そのとき、僕も感じてしまい、思わずチンポの先からドビュット、ビュビュッと射精してしまいました。顔まで飛びました。

僕は、自分の腹の上にザーメンを垂れ流していました。

後で教えてもらったのですが、トコロテンっていうのだそうです。

初めてでいきなり掘られて、中だしされてしまいました。

それに、トコロテンでいってしまうなんて、すごくショックでした。

でも、なんか病み付きになってしまいそうです。

また、今度、お兄さんに掘ってもらう約束をしました。

もっと、いろんな人に掘ってもらいたいとも思っています。

 

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。