ホーム » レイプ » 【ゲイ体験談】不良抗争に巻き込まれ軟禁された高校生の末路・・・・・・

【ゲイ体験談】不良抗争に巻き込まれ軟禁された高校生の末路・・・・・・

廃工場で鎖拘束され・・・

愛知県在住の学生さんからの投稿。中高と不良グループに入っていたという投稿者。かなりの悪らしく、他校にまで投稿者の名前が知れ渡ってたという。ある日、敵対している別の不良グループに呼び出されてしまった投稿者は・・・・・・
アナル調教されるドM男性
中高と俺はいわゆる不良だった。

興味はないけど一応、中学では近隣校にまで悪名が知れ渡ってた。

学校にもあまり行かず、家にも帰らず、仲間と遊んだり、敵対チームとの抗争に参加したりと荒れた生活をしていた。

そんな俺もいろいろと考えた末、働くのはめんどくさいと高校に入学した。

そんな高1の夏だった。

夏になると俺は友達の家を転々とし2,3週間家に帰らないのもざらだった。そのころ俺の所属するチームは隣町のチームと喧嘩状態にあった。

そんなある日、俺が町の中心部で歩いていると、突然3年生に囲まれた。

「一緒に来い」

大柄な3年にただでさえ小柄な俺が勝てるはずもなく、俺は彼らの車に乗り込んだ。

車から降りると、一軒の廃工場の前だった。

工場に入ると、3年の幹部に言われた。

「なぁ、俺らのチームに入らないか?」

彼の話によると、俺は中学の時からかなり有名で、相手のチームに入ると戦力になりうるので、きて欲しいとのことだった。

俺はチーム先輩を尊敬していたし、裏切るつもりはなかったので、きっぱり断った。

「そうか、ならしょうがないな。じゃあとりあえず、人質にするか」

彼がそういうと他の3人に目配せした。そいつらは俺を袋叩きにした。

俺は抵抗したが、不意打ちの一発目が効きすぎて勝てず失神した。

目が覚めると、俺は椅子に座っていた。

工場内にあるぼろぼろの椅子だったが、俺の体は動かなかった。見ると工場内の鎖で拘束されていた。

手すりに足をあげ、分娩台のようにされていた。手は上にあがり、ぴくりとも動かせなかった。

「起きたね」

奥から一人の男が出てきた。高校生ではなかった。

ぴちぴちのレザーズボンにタンクトップだった。

「可愛い男の子が捕まったっていうから来たんだけど、いいね、タイプだ」

奴は俺の頬をなでながら言った。

「こんな可愛い子と楽しんでいいなんて、うれしいなぁ」

やつは俺のシャツのボタンを開けると服の中に手を入れてきた。

「うわ!くそ、やめろ、ホモ野郎!」

俺は体が動かないので騒いだが奴は関係なく、進め始めた。

まず、奴は乳首を責め始めた。

掌でなでながら、たまに舌でチロチロとし始めた。

最初は騒いでいたが俺は変化に気づいた。

気持ちが悪かった感覚がくすぐったくなって、最後は心地よくなってきた。俺の息は上がり始めた。

「ほら、息が上がってるよ」

奴は俺の首筋を舐めながら言うと、そのままてを俺のズボンの中にいれた。

「や…め…」

俺は初めての感覚に襲われていた。セックスは中学の時から何回もしていたが、乳首を責められるのは初めてだった。体の奥がしびれるような感覚で、ボーっとし始めていた。

「ほら見てみなよ」

彼はのけぞっていた俺を起こすと、俺のチンコを見せた。

俺のチンコはビンビンだった。信じられなかった。

「男にされて反応してるんだよ、敦の身体。わかった?」

奴はにんまりとすると、俺のチンコをすり始めた。テクは絶妙だった。男のでかい手が俺のちんこをしごく感覚はすごかった。

「くそっ!やめろ!やめろー!」とか絶叫しながら、耐える間もなく、俺はイった。

「あぁあ、イっちゃったね。でも調教はこれからだよ。離れられなくして挙げるから」

奴の言葉で俺は理解した。

相手チームの奴は俺をゲイにして、戻れなくするつもりだったのだ。

続きはまた。

 

カテゴリ:レイプの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。