ホーム » フェチ・特殊性癖 » 【ゲイ】年上好き乳首フェチが理想の乳首に出会った話

【ゲイ】年上好き乳首フェチが理想の乳首に出会った話

乳首へのこだわり

都内在住の会社員さんからの投稿。年上好きのタチだという投稿者。なんでも乳首にはこだわりがあるらしくタイプの乳首に出会うとアガるらしい。ある日、掲示板で出会った相手がまさしく理想の乳首の持ち主で・・・・・・
乳首を愛撫される男性
年上をヤルのが好きな27の男です。

書きこみは趣味で書くと興奮するんだよな。

俺はタチで乳首舐めたり、噛んだりするのが好きなんだけど、乳首のタイプってのがある。

そんな中で最近お相手したVさんはかなり近かったので聞いてくれ。

ちなみにVさんは35歳、俺が27。

俺のタイプは、まず胸筋の丘が大きく、柔らかく、乳輪がまた大きく、ぷっくらと全体に大きいもの。

乳首は大きくなく、色は薄い方が好きだ。Vさんのは、まさにそんな感じだった。

Vさんは180cmの長身で、俺なんかから見ると、見上げる感じなんだけど、俺はそういう奴をイジくって、メロメロにするのが大好きだ。

まず、うなじの辺りからテロテロと舐め始めた。それから脇の下を通って、胸の周りに舌を這わせる。

すぐには乳首には行かず、手で大きく胸筋を掴んで揉んだ。

Vさん、んーといい声を出す。

少し焦らせて、舌先で乳首を捉えつつ乳輪全体を口に含んだ。乳輪がプックリとして何ともおいしい。

暫く楽しんで、舌を下っ腹へ。短めの陰毛がヘソから下へと続いている。この辺を攻めるのも俺は大好きだ。

Vさん我慢できなくなって言った。

「オイル使って扱いてくれ」

俺は手にオイルを塗り、少しだけ頭の出たナニの先を右手で掴んで、ビキニ越しに玉を舐めた。

アーっと言って、俺の頭がVさんに掴まれた。

俺はビキニを脱がせ、オイルの付いた手で玉とケツの穴を探る。

指を入れてみるといけそうなので、ちょっとVさんの顔色を伺うと、「洗ったよ」と言う。

そういうことになりそうな時は、いつも洗って浣腸しておくそうだ。んーVさんに脱帽。

ゆっくり指を3本入れる。

大丈夫だ。俺のにもよくオイルを塗り、頭だけ突込む。

色々な体位をやってみたいと言うので、正常位で突いてから、足を担ぐスタイルでやる。

Vさんの長い足が俺の両肩に乗っかる。それなりに重いんだけど、その重みがまた何とも幸せな気分だ。

大きな体は柔らかく、俺が自由に動かして、色々な体位に挑戦できる。

暫くしてVさんが起き上がり、俺の上に座った。初めからかなり激しく腰を振って来る。

俺の目前にタイプの乳首がユサユサ揺れている。俺も乳首の動きに合わせてむしゃぶりついた。

時折噛んだり、両手で強く揉んだりした。ベッドの脇の物が揺れて音を立てている。

Vさんアーアーっと叫んで、俺にしがみ付いた。

俺の方がそろそろという感じになって来て、Vさんをベッドの淵に座らせ中腰で突いた。

Vさんも自分でナニを握って扱き、俺はVさんの両肩を掴んで、スコスコッとVさんのケツに思いっきり差し込んだ。

Vさんは、「あーだめ、あーだめだぁ」と言って達し、すぐ後、俺も雄叫びを上げながら、Vさんの中へ雄種を放出した。

Vさんも相当気持ちよかったらしく、連絡先を交換してバイバイした。

 

カテゴリ:フェチ・特殊性癖の最新記事

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。