ホーム » レイプ » 【ゲイ体験談】巨根熊店長のショップで万引きした少年の末路・・・・・・

【ゲイ体験談】巨根熊店長のショップで万引きした少年の末路・・・・・・

万引きの代償

都内在住のゲイショップ店員さんからの投稿。先日、高校生くらいの子が1人で来店したという。何か挙動不審な雰囲気を感じていると、商品を手に取り店の外に走って行ったんだとか。慌てて追いかける投稿者・・・・・
バリタチ2人組に犯された学生
俺は都内某ゲイショップで働いているんですが、この前すごいことをしてしまいました。。

先日昼間、店にかなり若い高校生くらいの子が来ました。

その時店の客はそいつ一人で、店員は俺ともう一人マッチョの兄貴と奥で仮眠をとっていた髭熊体型の店長がいました。

少年はアスリート系のコーナーをウロウロしていてこっちをチラチラ見ていました。

なんだか怪しい感じがするなぁと思っていると、そいつは一枚のDVDを手に持ちダッシュで外に走っていったのです!

「あ、万引きだ!!」慌てて俺とマッチョ兄貴が追いかけ、運良く捕獲に成功。

二人でそいつの手をひっぱり店内の休憩室へ連れていきました。

実は少年はうちの店で万引き三回目の常習犯でした。他の都内の店舗でもやってるという噂でした。

マッチョ兄貴はカンカンにキレてて俺も勢いで怒ってました。

「名前なんつーんだよ、ああ?」

「カズです・・」

「おめー親呼ぶから番号教えろ!」

「すみません・・言えません」

「はぁ?」

するとマッチョ兄貴が

「とりあえず脱がしてみるべよ?」と俺を誘いました。

カズはかなりビクついていました。

そしてカズを押さえ付け彼の服を全部脱がせパンツ一丁にしました。

カズの体はカワイイベビーフェイスからは想像できない男らしい肉体をしていました。

俺はカズのようなやつがタイプだったし、この状況だったら何やっても拒否できないと思い、兄貴に「こいつ、犯しちゃおうよ」と耳打ちしました。

兄貴は頷くと、奥に行き店長と相談していました。

そして、すぐに店を閉めはじめました。昼のこの時間、客は誰も来ません。

まず、俺はカズのパンツを脱がして軽くフェラしました。

すぐに喘ぎ始め、カズはあっという間にギンギンに勃起しました。

兄貴がカズの口に舌を入れこみました。

「クチョクチョ」とイヤらしい音が響きます。

兄貴はカズの体中を舐めまわし、唾液をカズに飲ませます。

そして指にローションを浸け軽くカズの穴に指を入れました。

カズは身体をビクビクさせながらヨガってます。

指が三本になるとカズが「痛い」と言いだしました。

俺達は急いで服を脱ぎ、全裸になりました。

俺は25年間生きてきて、こんな興奮は初めてでした。

マッチョ兄貴はバイブのようなおもちゃでカズの穴を本格的に開発し始めます。

カズが「痛い!痛い!」と叫んでも、「万引きしたお仕置きだ!」と兄貴は容赦なく責め立てました。

俺はカズの顔の所に自分チンチンを持っていき「ほら、しゃぶれ!でなきゃ万引き警察に届けるゾ」と脅しました。

カズは一生懸命しゃぶりだしました。しかし動きがぎこちなく気持ちよくありません。

仕方ないので俺はカズを四んばいにしてカズの顔を固定し後頭部に手をおき、くわえさせ、「フェラはこうやるんだ」と自ら激しく腰を振りました。

兄貴も後ろの口を熱心にいじっています。

カズは時々「うっぐ、」と苦しがりました。俺はイきそうになったので急いで口から抜くとビュッビュとカズのカワイイ顔に射精しました。

妻夫木のような黒髪の整った短髪にもかかりました。

下では兄貴が自分のチンチンを挿入していました。

カズはただ「痛い、痛い」と弱々しくわめいていました。

兄貴は「すっげー締まり!」と激しく雄らしいピストン運動でズコバコと突き上げました。

そして兄貴の動きが止まり「イク!」と中に放出しました。。

兄貴が抜き四んばいになってるカズが呼吸するたび、ドクドクとザーメンが溢れてきます。

すると、ドアが開き全裸の店長がやってきました。

慌てて俺はカズを四んばいにさせました。

そして店長は後ろから「ズブリ」と自慢のデカチンで突き出したのです。

カズは「あぁー!!」と叫びだしました。

店長は「痛いのか?あん?俺が教えてやるから、気持ち良くしてやるからな」と円を書くように堀りだしました。

店長は正常位に移します。

身長190cmの巨体で男らしい毛深い髭熊の店長に比べるとカズは、子供のように小さく見えました。そして押し潰されるような体位に移りました。

圧迫されているからなのか段々カズの顔が赤くなり 感じてるようになってきました。。

そして、叫び声から「あっ、あっ」と気持ちよさそうに喘ぎ始めました。

店長は「カズちゃんカワイイね」と顔をペロペロ舐めだします。

そして体位は立ちマンへと移行!!

立ちマンし終えた店長は一回カズ穴から抜くと俺達に「体を押さえ付けて、」と言いました。

俺たちはカズの手足の自由を奪いカズを動けなくしました。

店長はジェルと剃刀を持って来て「動くな!切れるゾ」と言ってカズのチン、脇、尻、すね、へそ毛たるものまで剃りはじめました。

カズはもう従うしかなかったですね。

しばらくして、カズの産まれたてのツルツルの姿になりました。

剃毛した後、俺はまた興奮してしまいアナルにハメました。

店長はカズにペロペロとチンチンを舐めさせてました。

カズはまるで子犬のようにチュチュと舐めていました。

兄貴はそんなカズの姿をビデオに納めていました。

そして店長はカズの顔にビュッビュッと大量にザーメンを出しました。カズの顔は俺のザーメンと合わさりドロドロになってます。

それでも店長のチンチンについてる最後の一滴を子犬がミルクをススルるように吸っていました。

そして俺は二回目をカズに飲ませました。

カズは吐きそうだったが「飲め!」と命令しました。

兄貴はビデオでハメながらもカズの顔にハメ撮り顔射をしました。

カズはぐったりと倒れてしまい、店長はカズを店長室へ連れて行き、俺と兄貴は店を開け、何事もなかったかのように業務に戻ったのでした。

 

カテゴリ:レイプの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントは2件です

  1. ゲイの名無しさん より:

    カズは奴隷になったのでしょうか?

  2. ゲイの名無しさん より:

    店長室に連れていかれたその後が気になる

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。