ホーム » 男の娘・女装子 » 【ゲイ体験談】嫌がるノンケ友達に手コキで射精させましたwwwwww

【ゲイ体験談】嫌がるノンケ友達に手コキで射精させましたwwwwww

女にしか見えなくなって・・・

新潟県在住の学生さんからの投稿。高校時代、見た目がまるで女の子のような友達がいたという投稿者。しかし中身は一般男子そのもので女好きなんだとか。ある日、その友達と家でAV鑑賞する事になったという・・・・・・
犯される男
高校の時仲良かった友達にゆうって奴がいた、男なんだけど細身でかなり顔が良くて声変わりもしていなかったので外見だけならまるで女のような奴だった。

実際のところは、性格は男らしいところもあったしエロい事にもちゃんと興味があるんで中身は普通の男だった。

ただ気が強いわりに押しに弱いところがあったんだ。中学のなんかの罰ゲームで電気アンマをしたら勃起してしまい、泣かせた事もあったからな。

ゆうとはよく遊んでいたし互いの家に行くこともしょっちゅうだった。

ある時いつものように俺んちにゆうが遊びに来たんだが、うちに親がいないと言うことでエロビデオを持ってきてやがった。

そして2人で一緒に見ることに・・・・

俺はAVを誰かと見るのは初めてだったので、妙に恥ずかしい気もあったがとりあえず見ていた。しばらくすると勃ってきた。

ただこの時はゆうと一緒にこうゆう物を見ているって興奮から勃っていたのだった。

変態レベル30・・・

ゆうはかなり真剣にエロビデオを鑑賞中、ふとゆうに目をやるとのズボン股間が膨らんでいた。それを見てさらに興奮する俺。

変態レベル50・・・

ふとゆうがこちらを向く「何お前勃ってんの?」ゆうがニヤニヤしながら言ってくる。

「てめぇも起ってんだろうが」と言い返す。

するとゆうがよってきて俺の股間を撫でてきた。

「○○・・・カッチカチじゃん、興奮しすぎー」

お前のせいでよけいにそうなったんだよ。俺は負けじとゆうの股間に手を伸ばした。布越しにゆうのチンポの形がよく分かる。すでにテンションがおかしくなってる俺はゆうの股間を揉みだした。

「わっ!!ちょっとやめろよっ」

「うるせーよ、お前のも大きくしてやる」

ゆうはふざけてじゃれあってるつもりだったろうけど俺は結構マジになっていた。

変態レベル70・・・変態ゲージがどんどん上がって行く。

ゆうは最初は笑ってやめろよーって言ってたけどチンポを揉み続けるとだんだん静かになってきた。

「・・・なあもうやめようぜ、俺もうヤバイよ・・・」

ゆうのチンポはもうカチカチになって少しビクついていた。俺は後ろから手を回しゆうの股間を揉んでいたのだが完全に女を抱いてるようにしか思えなかった。多分この状況を誰かが見てもゆうは女にしか見えないだろう。

「もう出そうだよ・・・やめてって・・・・」

俺はもう手を止めることなど出来なかった勃起しきったゆうのチンポを両手で包み揉みしだき先端を親指で擦る。

「!・・やっやめろよ!!」もみもみもみもみもみ・・・・・

「出るって・・・出るっ!!うあっ!!」

俺はゆうが射精したとき体がビクってなったのを感じた。

ゆうは股間を揉みしだく俺の手の上から自分の股間を押さえているが力が抜けてしまっていた。

俺は自分のチンポをずっとゆうの尻に擦り付けていた。

変態レベル80・・・

今までにない興奮だった。そのころすでに童貞ではなかったが今思うとこの時のほうがずっと興奮していたのかもしれない。

俺はゆうのズボンのチャックを開けて中に手を入れた。パンツの中で射精したので濡れている。パンツにはゆうの精液がべったりと付いていた。

ズボンの中からチンポを取り出す。

ゆうのチンポは剥けておらず子供のようだった。

射精したため元に戻り先っぽから精液が少し垂れていた。

俺は柔らかくなったチンポを人差し指と親指ではさみシゴいてみた。

指に先っぽから出たとろりとした液が付く。だんだんと硬くなっていくゆうのチンポ、勃起してきたので手全体を使ってシゴく。

「あっ!だめだって」

両手で押さえ込もうとするが元々力が弱い奴だたいした抵抗になってない。

シュッシュッシュッ・・・・・しごくたびどんどん硬くなっていくゆうのチンポ。

「やめろっ!うあっやめろ・・・・もう出ちゃうよっ・・・」

シュッシュッシュッシュッ!

「あっ!あああっ!!」 ドピュッ!!

「あっあっ・・・・・」

少し剥けたチンポの先から精液を放出するゆう射精感から体を震わせている。その姿はイってしまった女にしか見えない。

変態レベル100・・・

俺はゆうのチンポの勃起がおさまるまでしごいていた。

ゆうは俺に見られないよう顔をそらしている。

顔を赤くして乱れた前髪で片目が隠れていてそれがなんとも言えずいやらしくて綺麗に見えた。

ゆうのチンポからは精液がたれ、俺にしごかれ続けているのでまだ少し勃起している。

そのあとゆうは散々キレたので俺は逃げた。

ゆうとは大学生の今でも変わらず友達だが最近、色気が増したような気がする。

彼女がいない俺は少し狙っている。いつか、ゆうのアナルマンコに挿入したい。

 

カテゴリ:男の娘・女装子の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。