ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ体験談】陰毛生えずに悩む厨房が親父に相談した結果・・・・・・

【ゲイ体験談】陰毛生えずに悩む厨房が親父に相談した結果・・・・・・

その内、生えるさ・・・

徳島県在住の会社員さんからの投稿。中学生の頃、修学旅行の宿泊先で大浴場に入った投稿者は自分だけがチン毛が生えてないという事実を知ったという。周りからツルツルなどとからかわれ落ち込む投稿者・・・・・・
パイパンの真性包茎
中学三年生の修学旅行でのこと。

宿泊した旅館の風呂に入った時、俺以外の奴らはみんなチン毛が生えてたので生えていない俺はみんなから「小学生低学年チンポ」「ツルツル変態チンポ」などとめちゃくちゃからかわれてしまった。

当時の俺はとりたてて身長が低いわけでもなく、運動部に入っていたので体格もそれなりだった。なのに、体毛が極端に薄い体質でチン毛だけでなくワキ毛も生えてなかった。スネ毛もほとんど無いに等しく、とにかく全身つるつるだった。

逆に同級生達が全員すでにチン毛が生えているということのほうが俺にはショッキングだった。半分くらいの生徒はまだ生えてないと思い込んでたんだ。

俺は旅行から帰宅してすぐ父親に相談した。

父親は「そのうちに生えてくるから心配するな」と言われた。

ちなみに父親は中学一年生の時に生えたそうだ。

俺はこのまま大人になるまで生えてこなかったらどうしようと、本気で悩んだ。

その夜、俺が独りで風呂に入っていると父親が突然入ってきた。

父親と風呂に入るなんて小学生ぶりだったので驚いた。

「お前のチン毛が生えるまで父さんはチン毛剃ることにしたからな。」

悩んでいる俺を気遣ってくれたのか、股間にシェービングクリームを塗って毛を剃り始めた。竿や袋を引っ張ったりしながら丁寧に剃っていた。

いじくりまわしながら剃っていたせいなのか剃り終わった時には父親のチンポは見事に勃起していた。

大人なのにチン毛のないツルツルなチンポが天を突き上げていた。

俺は吸い寄せられるように手を伸ばし父親の固くなったチンポを触っていた。父親は少しだけ自慢げな顔をしていたように思う。

「大きい」「カチンカチン」そう言いながら俺が触り続けていると「オナニーは?もうやってんのか?」と父親に尋ねられた。

「やってる」と答えた。

「父さんもやってるぞ、父さんのオナニー見たいか?」

「見たい」と答えた。

仁王立ちでオナニーを始めた父親。

そして射精の瞬間、目を閉じ「ウッ!ウンッ!」と呻きながら腰を前後に振りながら白く濁った液体を大量にチンポからほとばしらせた。

次の日から風呂には父親と二人一緒に入るようになり、父親からの発毛チェックを受けるるようになった。

それは俺のチン毛が生える高校一年の冬まで続いた。

その一年とちょっとの間、父親は一週間に一度くらいの割合でチン毛を剃り続けた。
そしてチン毛を剃り終わると必ずオナニーをした。

俺も父親に見られながらオナニーをした。

数年後、会社員になり会社の飲み会で酔っ払って帰宅した俺は、シャワーを浴びながら酔った勢いでチン毛を剃り、寝室で眠っている父親を揺り起こした。

「父さん、チン毛がなくなったよ」と言った。

「お前チン毛剃ったんか!」父親は爆笑しながらも俺の肩を押しながら一緒に風呂場へ行き裸になりながら「しょうがねえなあ!お前のチン毛が生えるまで父さんも付き合ってやるよ(笑)」と。

父親が剃り終わったら懐かしいオナニー大会が再び始まった。

現在、オナニー大会を再開したその日から十数年たって、今俺は33歳で父親は58歳になった。

両親は俺が高校卒業と同時に離婚して父親は一人暮らし、俺には嫁も子供もいるが数週間に一度のペースで父親との毛剃りオナニー大会は今でも続いている。

いつしかこのオナニー大会は二人の間で「子供ごっこ」と呼ばれるようになった。俺から誘うこともあれば父親から呼び付けられることもある。

俺が電話で「父さん、俺、今日行くから。子供ごっこしようよ」と言えば「おう、わかった」と答える父親。

父親から電話で「そろそろ来ないか?子供ごっこしよう」と誘われれば「了解!酒買ってくよ」と答える俺。

いつまで続くのかはわからないけれど、当分続きそうな気がする。

少なくとも俺のほうから「もうやめよう」と言い出すことはないだろう。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。