ホーム » ノンケ » 【ゲイ体験談】絶望的に女にモテない童貞ノンケがゲイに助けを求めた結末・・・・・・

【ゲイ体験談】絶望的に女にモテない童貞ノンケがゲイに助けを求めた結末・・・・・・

もう男でいいかも

都内在住のノンケさんからの投稿。彼女いない歴38年だという投稿者。女性は大好きだが絶望的なほどモテないらしい。なので性の発散はもっぱらオナニーなのだが、さすがに人肌が恋しくなったんだとか・・・・・・
熟年坊主のバキュームフェラ
都内に住む38歳の男です。僕は完全なノンケです。

女の子が大好きで、男性にはまったく興味ありません。

少なくとも昨日まではそうでした。

ただ、僕は今まで一度も女性と付き合ったことがありません。風俗以外ではセックスはおろか、キスの経験もありません。女友達も一人もいません。

今は無職ですが、20代の頃にちょっとだけ働いていた時があって、その時も女性従業員からは仕事上、どうしても必要な時以外は口をきいてもらえませんでした。

決してイケメンではないですが、自分ではそんなに顔は悪くないと思ってたのですが、ある日職場で「気持ちが悪いから一緒の空間にいたくない」と、女の子同士で陰口を叩いているのを聞いてしまったのです。

さすがに心が折れましたね・・・・

そんな僕なので、もう女の子に相手してもらえることはないと思い、それからはもう何年も自宅(実家です)の自分の部屋に籠って1日中オナニーをする生活を続けていたんですが、最近さすがに人肌が恋しいというか誰かとセックスをしたい気持ちが抑えられなくなってきました。

女の子は完全にあきらめていたので、もう男でもいいやという気持ちで、ネット
で相手してくれるゲイ男性を募集しました。

正直怖かったですし、気持ち悪いという思いもありましたし、そっちの世界に行っちゃったらどうなっちゃうんだろうという不安もありました。

でも毎日極太バイブでアナニーをしてるので、入れられても痛くないだろうという気持ちもあって決心しました。

返事をくれたのは大学生だという22歳の男性。ちょっとSな人で、男性経験は豊富とのこと。すぐに会ってもらう約束をし会ってきました。

深夜0時に都内の某公園の駐車場に来るように、との指示だったので行って待っていました。

僕は車を持っていないので、電車を乗り継いで最寄駅まで行き、公園までは歩いていきました。

しばらく待っていると、1時半過ぎに相手の男性が車で来てくれました。

どうするのか聞いていなかったので戸惑っていると、車に乗るように言われて従いました。訊くと、車の中でするということで、すぐに全裸になるように指示されま
す。

緊張と恥ずかしいのとでちょっと躊躇したんですが、駐車場やその周りには誰もいなかったので、勇気を出して車の中で全裸になりました。

すると彼はおもむろにズボンのチャックを下ろしてあれを出し、「しゃぶってごらん」と。

僕は「えっ、いきなりですか?」と訊いたんですが、「キミ、何しに来たの? エロいことしたいって言ってたじゃん」と言われ、たしかにその通りなんですが、心の準備ができてなくて、指で軽く触ったりだけしていました。

しばらくすると彼はだんだんイライラしてきたみたいで、口調が厳しくなってきました。

そして、「じゃあ、これ飲みな」と缶ビールを渡されました。「酔っ払えば気分出るから」と。

僕は甘くないお酒は苦手で、しかもぬるいビールだったので内心は嫌だったんですが、ここで口答えすると本当に怒られると思って飲み干しました。

もともとお酒にとても弱いので、すぐに酔っ払ってしまったんですが、彼が言ったように緊張がほぐれてきて、あまり抵抗感なくフェラすることができるようになりました。

はじめてだったので、どの順番でどこを舐めるとかいろいろ指導してもらって一生懸命奉仕しました。

最初は全然下手だったんですが、徐々に彼も気持ちよくなってくれたみたいで、僕の口の中でとっても大きくなってきて、声も出してくれるようになりました。

不思議なもので、僕のフェラで悦んでもらえるとなると、僕もとっても嬉しくなって、またすっごく興奮してきてしまいました。

もっと気持ちよくなってもらいたくって、AVみたいに一生懸命ジュバジュバ音を立てて激しくしゃぶりました。

1時間くらいそうしていたでしょうか、彼は小声で「あっ、イクっ」って言って僕の口の中にたくさん出しました。

僕はびっくりして離れようとしたんですが、彼は僕の頭を押さえつけて「全部飲んでごらん」と言うので言う通りにしました。

初めての精子の味は思ってたほど嫌ではなかったです。

また、「はじめての割にはなかなかうまかったよ」って頭を撫でて褒めてもらえたのがとっても嬉しかったです。彼はそれで満足したようなんですが、僕はまだ射精していないですし、興奮状態の真っ只中でした。

それで「僕も気持ちよくなりたいです」と言うと、彼は「じゃあ見ててあげるからオナニーしてもいいよ」と言ってくれたので、「わかりました、オナニーするので見て下さい」とお願いしました。

よく見えるように僕だけ後部座席に移って、車内の灯りを煌々と点けられてオナニーを開始しました。

全裸で大股開きにして、あれも後ろの穴も丸見えの状態です。もう僕の興奮は最高潮で、無我夢中でオナニーショーをしました。

バイブやローション、クリップや鎖といったいつも使っているオナニー道具は持っていなかったので、ただあれと後ろの穴を指で刺激するだけのオナニーだったんですが、今までに味わったことがないくらいに興奮して気持ちいいオナニーで、1分経たないくらいで僕は射精してしまいました。

その間に、オナニー姿を何枚か写メに撮られました。本当にすっごく興奮してしまいました。

ことが終わってすぐに彼は帰ると言いました。

僕は「ありがとうございました」とお礼を言って、彼の車を見送りました。

正直、思っていたよりもはるかにめちゃめちゃ気持ちよくて、忘れられな
い体験になりました。

彼を見送った後、始発まで2時間くらいあったので、公園の男子トイレに入って彼との行為を思い出しながら何度も何度もオナニーをして射精をしてしまいました。

帰宅してからも頭の中がそのことでいっぱいになり、ネットで男性器の画像を見たりゲイAVを見たりして、1日中オナニーが止められませんでした。

そして、さっき彼からメールが来ました。

「明後日また会おうよ。今度は入れてあげるから」とのことです。

まだ返信していません。正直かなり迷っています。

あれだけ気持ちいい経験をしてしまって、もっと気持ちいいことをしてあげると言ってくれているのですから、ぜひまた会いたいという気持ちがすっごく強いのですが、もう一度会ったらもう絶対男同士の世界から抜け出せなくなるような気がしていて、それがすっごく怖いです。

もう少し考えてから、会うかどうか返信したいと思います。

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメント1件

  1. ゲイの名無しさん より:

    その前に無職はだめだから何かアルバイトなすったほうがいいですよ。

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。