Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » リーマン・社会人 » 【ゲイ体験談】故意なのか?超満員電車で密着してくるリーマンの結末・・・・・・

【ゲイ体験談】故意なのか?超満員電車で密着してくるリーマンの結末・・・・・・

超満員電車で密着してくるリーマン

 

興奮冷めやらぬとはまさにこの事!と感じる体験をしました。

 

それはいつもと変わらぬ昨日の朝。

俺のベストポジションは車両の連結部分。

 

つり革を掴んだ人たちに挟まれる感じなので、そこへ行くと1方向からのプッシュしかない。 昨日も狙い通り数駅でそこに辿り着いた。

 

音楽を聴きながら揺れに対処していると、隣にサラリーマン(仮称Aさん)が押し込まれてきた。 割と身長が高く、180cmぐらいはあったと思う。

俯き加減だったから顔は見えなかったが、なんとなく自分ぽい雰囲気だった。 だから押されても悪い気はせず、むしろ可哀想だなって思ってた。

超満員だからグイグイ押し込まれてくるAさん。

耐え切れないのかワザとなのか、気が付けば俺のポジションにまで浸食してきた。

 

仕方なく斜めになって場所を少し譲ってやったが、そのせいで向き合うスタイルになった。

揺れると思いっ切り身体が密着して揺れるたびに股間が擦れ合う。

変態だと勘違いされちゃ困るので、俺は必死にパイプを掴んで揺れないようにしてた。

 

朝ってのもあったし、割とかっこ良さ目の人だったので ダメだと分かりつつも、ムクムクと反応を始めるダメな息子。

半勃起になった頃には必死に九九を、頭の中で唱えまくった。

 

でもそんな俺の頑張りも虚しく、あっと今にフル勃起w

しかもAさんは何も掴んでないから体が揺れまくり、何度もカチカチ棒を彼の股間に押し付けてしまう状態に。もう必死でした。

変態のレッテル貼られてこの電車に乗れなくなるのはマズイので。

ちょうどチノパンを穿いてたんだが、左寄りの息子はテント張ってたしね。

 

ヤバいヤバいと腰を引いて頑張っていたが、突然意味が分からなくなる衝撃が走った。

なんと俺のカチカチ棒をAさんが優しく触ってきたのであります。

ムギュっと優しく掴まれて、小刻みにシュッシュッと動かす手。

 

えっ?何?マジで?何これ?と超パニくりました。

 

初めは吃驚して腰を何度も引いたが、次第にガッチリ掴むように変化していった。

逃げようにも逃げれないし周りから見えるんじゃないかと、マジでパニくりました。

Aさんの手は絶妙で、竿を握って擦り上げてたと思ったら、今度は亀頭をグイグイ擦ってくる。

指先で擦られまくるから途中からヤバいぐらい気持ち良くなっていきました。

 

Aさんとは身体が密着する姿勢になってて、Aさんのイチモツもカチカチになってるのがわかりました。

駅に到着して乗客が入れ変わりをしていると、Aさんの手はさっと引いていく。でも走り始めるとまた触り出すの繰り返し。

 

どうする事もできない俺を焦らすように、Aさんはチノパンの上から触りまくりだった。でももっと凄い事がその後にやってきた。

 

ジッパーを降ろされる感触があり、なんとAさんの手がチノパンの中へ。

 

マジっすかぁー!

 

とまたもやパニくったが、トランクスの上から握られ身震いした。

Aさんは遠慮が無くなったのか大胆になっていき、揺れを利用して激しく上下に擦り始めた。

シコシコしごくだけじゃなく、亀頭をグリグリ掴んできたり、指の腹で亀頭を摩ってくる。

 

こんな手コキ初めてだ・・・と感動したのも束の間。

 

ヤバい!と思った時には時既に遅し。

 

イキそうな感覚になってからは数秒しか我慢できなかった。

このままトランクスの中に射精したくない気持ちと、身を任せたい気持ちの葛藤。

 

でも数秒で身を任せる事にしちゃいましたw

 

どうせあと2つで降りる駅だし・・・なんて思ったから。

それはもうドクドクとビックリするぐらい出ましたよw

Aさんも俺がイッたのを分かったと思う。

射精している間も手コキは緩めず、むしろ「もっと出せ」的な動きだったな。

気持ち良過ぎてヒザから崩れそうになったが、なんとかパイプを掴んで堪えた。脈を打たなくなってから、Aさんの手が離れて行った。

もうその時は陰毛辺りには生温かい液体の感触でいっぱいw

 

Aさんは丁寧にもジッパーをあげてくれたので、特に精子臭い事にもならなかった。まぁ俺の感触は最悪だったけどさ。

互いに無言のまま密着してた。

 

「スンマセン・・」

 

と一声かけて俺が先に降りたが、すぐに便所へ直行したのは言うまでも無いw

 

最悪だったからそのままトランクスは破棄処分。 とりあえずノーパンのまま学校近くのコンビニでトランクスを買った。



 

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索