ホーム » 初体験・童貞 » 【ゲイ体験談】ヤンキー達に絡まれた爽やか新任教師の結末・・・・・・

【ゲイ体験談】ヤンキー達に絡まれた爽やか新任教師の結末・・・・・・

裸にされ写メられる先生

神奈川県在住の学生さんからの投稿。今年の春に新任の男性教師がやってきたという投稿者。短髪の爽やかイケメンで女子たちからかなり人気があったという。しかし、そんな先生のことをよく思っていない不良たちがいたようで・・・・・・

今年の春に新任の若い先生が俺たちの学校に来た。

名前は溝口浩平(24歳)という。

短髪でジャージがよく似合う妻夫木君みたいな爽やかさをもつ人だった。なので新任の挨拶のときに女子生徒は黄色い声を上げて色めきたっていた。

そして、女子だけでなく、俺も爽やか教師に興味がわいた。

その先生の担当科目は簿記、いちおう俺の副担任となった。

「先生,俺,損益計算書の当期純利益の出し方がわからないです」

そう言うと先生はニコっと笑って教えてくれた。誰に対しても優しくて女子生徒からは「こうちゃん」と呼ばれていた。

女子にモテるので男子生徒からはあまりいいようには見られていなかった。

そんなある日、俺が放課後、部活の後に更衣室で着替えていると、怒ったような声がした。

「こら,お前ら何タバコ吸ってんだ!」

俺が窓からのぞくと、どうやら元野球部の悪い評判がたっている先輩たち五人に溝口先生が注意していた。

先輩たちは悪びれる様子もなく普通にタバコを吸い続けている。

「お前、誰?」

「こいつ新しく来た先公じゃね?」

「黙ってろ。新人」

溝口先生は先輩たちのタバコを取り上げた。

「お前ら退学になるぞ!!」

「うっせぇな!!返せよ!!こら」

先輩たちは怒りだし、先生を突き飛ばした。

「おい!!この先公生意気だから,ちょっと連れて行こうぜ」

先輩たちは先生の腕を掴み野球部の部室につれていく。

「何すんだよ!離せ!!」

先生は男五人になすすべもなく部室に連れていかれた。

ヤバイ!!誰か言わないと!!

あの先輩たちはこの高校でも、根っからの悪で先生たちも見て見ぬするぐらい怖い存在だった。

俺はとても心配になって部室を覗いた。

すると、先生は先輩たちに囲まれて身動きがとれない状態だった。

「先生,タバコのこと、誰に言うの?学年主任?」

「・・・言わないから」

「はぁ~?さっきまでの威勢はどうなった?ハハハ」

「先生、カッコイイ顔してるよな。そりゃあモテるだろうな」

「先生の裸の写メでもとるか?そしたら俺たちにタバコのことなんか言えないよね?」

「おし、こいつ脱がしちゃおうぜ」先輩たちは先生の服を脱がしだした。

「何してるか分かってるのか?!やめろ!!」先生は抵抗するが,上着やシャツと次々と脱がされた。

「今度はズボン脱がせようぜ」

抵抗しても三人に羽交い絞めにされて身動きがとれない先生はなすすべもなかった。

「先生変態!!」ワハハハ!!先輩たちは笑ってる。

そして写メを取り出した。

「先生,これでも俺たちのことチクるか?」

先生は泣きそうな顔をしていた。

「もう、やめてください・・・」

先生はそんなことを言った。

「ダメだ、全裸の刑に処すwww」

先生はとうとうパンツも脱がされ全裸にされた。

その身体を見て、俺は思わず息を呑んだ。

「先生,凄い腹筋!!しかもチンコずる剥けっすね!なんかチンコデカくね?」

ピロリロピロリロ、写メの音が鳴り響く。

「どうする?こいつ」

「恥ずかしい?先生?こんなことされて」

先輩の一人が乳首をつねった。

「イタ!!」

「おいおい、先生感じてるよ!笑」

「気持ちいい?おい見てみ!こいつのチンコデカくなってねぇ?」

「気持ちいいんか?ほらほら」

先輩たちは先生のチンコをもってシコシコしだした。みるみるうちに先生のチンコは大きくなり固くなった。

「すげぇ!!デカ!!」

先生のチンコは亀頭が立派で太さもある特大サイズのチンコだった。そして、代わりばんこにチンコをしごかれる先生。

「ほらイケよ!」シコシコシコシコ。無理やりチンコをシコられて先生はイクのを我慢してるようだった。

「あ・・・ヤバイ!!ああうう」

先生は我慢できず勢いよく射精してしまった。ピロリロリン。

写メをとられ先生はぐったりとしていた。先輩たちはその場から帰り先生は全裸のままだった。

僕はすぐに部室に入った。

「先生,大丈夫ですか?」

「あぁ~」

先生は泣きそうな顔で服を着替えた。精液のかかったお腹を先生はタオルでふいていた。

僕はその光景を見て思わず生唾を飲んだ。

「先生、大丈夫でしたか?」

「あぁ、別に殴られてはないし」

「校長に言ったほうがよくないですか?」

「大丈夫だ。それに無理やり射精させられたなんて言ったって俺が恥かくだけだし、君も早く帰りなさい」

先生は服を着て部室から出た。

僕はさっきの光景が忘れられなくて家でオナニーした。何度でも抜けそうなぐらい僕は興奮していた。

そして翌日。

溝口先生の簿記が一時間目からあり、ちょっと緊張した。

溝口先生は普通に授業をはじめた。

昨日はあんなエッチな声だして射精していたのに、俺はもう昨日の先生の裸を思い出して勃起した。

そのとき「ここの売上高を書いてもらうか。じゃあ、松田祐樹君」

え?俺?今チンコ勃ってて立てない状態なのに!まさかの指名、俺はなんとか隠しながらも黒板に書いた。

「ぜんぜん違う!ちゃんと聞いてた?」

「すいません」

先生は意外に厳しく俺に言った。

「今から、問題集の10P~20Pまでやって、出来なかった人は放課後居残りね」

全く話を聞いていなかった俺は一問も出来ずに結局居残り、あと三人ぐらい居残りさせられていた。

一人一人と抜けていき、結局、俺と先生だけになった。

「先生、俺、簿記嫌いです」

「わかる。俺も嫌いだったから」

「そうなんですか?じゃあ何で簿記の先生になったんですか?」

「二年ぐらいから好きになったかな。そういえば昨日のこと誰にも言ってないよな?」

「も、もちろん!言ってないです。」

「そっか。よかった」先生は凄く安心した表情を見せた。

「先生、関係ないこと聞くんですけど、彼女いるんですか?」

「あぁ~今5年付き合ってる人いるよ」

「そうなんですか・・・はぁ・・」

俺が凄く残念そうな表情をすると「お前、もしかして俺のこと好きなん?」って。

「いやいや!断じてそんなことないです」俺は焦りながらも否定した。

「そういえばお前、授業中ずっと股間触ってなかったか?もしかして昨日のこと思い出して勃起してたんか?」

「いや!!そんなことないです」

「そっか、俺のこと好きっていうならキスしてやろうかと思ったのに」

「え!!?本当ですか?」

「ほら、素直になれよ」

「はい・・・俺ずっと先生のこと良いなって・・・昨日の先生見て俺、家で抜きました」

「俺のことそんなに好きか?じゃあ特別にサービスしてやるよ」

チュ・・・先生は俺にキスをした。

俺が顔を赤くしてるとさらに先生は舌を入れてきた。

「ちょっと先生、教室でマズイですよ」

「じゃあトイレ行くか?」

「・・トイレ?」

俺たちは教職員用のトイレの大便のところに入りキスした。ねっとりとしたキス。先生は凄くキスがうまくて俺はただ舌を絡ませるだけだった。

「興奮したか?」

「はい・・・」

先生は俺の股間を触る。

「固いな・・・見ていいか?」先生は俺のチャックをあける。

そしてパンツからチンコを取り出した。

「結構いいもん持ってるじゃん」

「あぁ~」

「先生のも見せて下さい」

先生は俺の手をとり自分の股間を押し当てさせた。昨日見た特大サイズのチンコ。

「ほら、一緒にこすりあわせたら気持ちいいだろ?」

先生は俺のチンコと自分のチンコを重ねてシコシコしてきた。

「どうされたいん?」

先生は息遣いが荒くなって俺のチンコを咥えた。

「ダメ先生!!ぁあ!」

すぐにイきそうになり先生の口から離して精液をドアにかけてしまった。

先生は俺の頭を自分の股間に持っていき俺に舐めさせた。

「フェラ初めて?」

先生は気持ちよさそうに俺を見つめて口の中に出してきた。初めて味わう精液。

「マズイ!!オエ!!」と、ペーパーに吐き出した。

そしてエッチした後、俺たちは何事もなかったかのように教室に戻った。

「どうだった?」

「気持ちよかったです。先生はゲイなんですか?」

「いや、俺はバイなんだ」

俺は先生と体の関係を持ってしまった。

 

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。