ホーム » フェラチオ » 【ゲイ体験談】仕事の関係で大学寮にお邪魔することになったガテン系男の末路・・・・・・

【ゲイ体験談】仕事の関係で大学寮にお邪魔することになったガテン系男の末路・・・・・・

短髪の体育会系大学生と

広島県在住の男性からの投稿。ガテン職人だという投稿者。数年前、某大学寮の大浴場の内壁工事に行ったんだとか。猛暑の中、1人黙々と作業しているとパンツ一丁の大学生がやってきたらしく・・・・・・
イケメンのスジ筋男性
数年前の出来事。

俺は現場仕事の24歳。

あれは真夏のクソ暑い日だった。俺は大先輩のおっちゃんの運転するバンの助手席に座って「あちー。まだ8時前なのになんでこんなアチーんだよ」なんて朝からグチってた。

俺「あぁアチー。はじめサン、そーいや今日からの現場ってどんなとこっすか?」

「やまと…お前、昨日の説明聞いてなかったろ?それとなぁ!朝からアチーアチー言うんじゃねーよ!」

俺「ん?説明なんてしてましたっけ?ヤベ(笑)まっ久々の2人現場だし、気楽にやりましょ(笑)」

はじめサンは俺が会社に入った時から色々とお世話んなってる大先輩。

最近は一緒に仕事するたびに「こないだまでクソガキだった奴が少しはまともに仕事できるよーになったな。」って毎回言ってくれる。大好きな職人気質のおっちゃん。

実は昨日、会社で事務のおばちゃんに「はじめチャン、久々にあんたと現場が一緒だから嬉しいのよ!口ではあいつと2人の現場なんて最悪だ!とか言ってるけど、本当は誰よりあんたのこと認めてるしお気に入りなんだからー!」といらない情報を頂いたもんで、実は俺も上機嫌だった(笑)

「着いたぞ。お前、帰りは運転な」そう言われて到着したのは、見るからに寮?って感じの建物。

ふと表札看板に目をやると、大学の名前が書かれていた。こん時はただ、ふーん。くらいしか思ってなかった

入口をはいると、すでに養生がされてたり必要機材が少しだけ運びこまれてた。

管理人のおっちゃんが出てきて、休憩とかはあちらでと指差したのは部室?倉庫?みたいな部屋だった。

俺「詰所がここすか?ごちゃごちゃしてんなー」

俺は年期の入ったソファーにドスッと腰かけながらタバコに火をつけた。

「とりあえず1本吸うか。」

灰皿があることと吸い殻がある事を確認したはじめサンもタバコを吸い出した

一服し終わった俺たちはさっそく仕事にとりかかることに。

はじめサンに着いてこいと言われた先は、学生寮の大浴場だった。前日に現場の下見に来たはじめサンがやったのか、養生がされていた。

中に入ると恐ろしいほど蒸し暑い

は「まずはここの扉はずして、このラインではつって…」

俺「真夏に風呂場って…湿気ヤバイし暑すぎでしょ泣」

は「つべこべ言うな!俺は他の業者との打合せもあるから、1人でちゃんとやっとけよ。お前なら午前中までにはおわんだろ?」

俺「はいはい。やっときますよー」そう言って、はじめサンは打合せに。

ちょうど夏休みだったのか、寮生はあまりいないが多少はいるって管理人のおっちゃんが説明をしに来て、危ないようなら注意してくれと伝えられた。

俺「さーて。やるかな」

仕事をはじめた俺だったがなんせ暑い…ハンパじゃなく。Tシャツを脱ぎ、タンクトップに頭にはタオルでニッカな感じで仕事を開始した

仕事をはじめて、1時間くらい過ぎた時間を見たら9時20分。10時の休憩までもう少しだなーと思ってたら、なんか視線を感じた。

脚立に座ってた俺を誰かが見上げてた。

「あのっ!すいません!」

見るとパンツ一丁の奴が。なんだこいつ?あっ!寮生の子かとすぐ気づいた。男子寮だしパンツ一丁で風呂場まで来るくらい当たり前か。

「仕事中すいません…今、風呂って使えないですか?」

改めて見ると、短髪で一重の切れ目。むっちゃタイプ。普段から仕事で身体を使ってる俺もそれなりに身体には自信があるけど、俺よりちょいでかいくらいで腕、肩周りといい大胸筋も発達してるし、下半身もがっちりですげーイイ身体してる。

俺「あぁ。まぁ普通に風呂は使えるけど、これからすごいホコリっぽくなっちゃうよ?むしろ風呂入りながら、粉塵まみれになっかな…」

「マジすか?!どうしようかな…いつまで使えないんすか?」

俺「とりあえず今日の夕方以降なら入れるんじゃねーかな?明日のこの時間はまた工事になるから、入れないと思うけど」

「わかりました!近くに銭湯があるんで今日はそっち行きます!」

俺「ごめんな。兄ちゃん、パンツ一丁で行くなよ?笑」

「行かないですよ!てかこんな格好ですいません…汗 それと工事お疲れさまです!」

そん時、また1人パンツ一丁の寮生が風呂場に入ってきた。

「なに?工事中なの?入れないの?」

「夕方以降だって!今日は銭湯行こうぜ!お兄さん、頑張ってください!」

「あっ頑張ってください…??」

そんな会話をしながら2人は出て行った。

後から来た奴は、今風な短髪で顔は薄い感じ。体毛もほとんどないくらい。イケメンでこいつもすげーイイ身体してた。

2人が出て行ったあと俺は2人の身体を思い出し、毎日みんなパンツ一丁でウロウロしてんだろーなぁ。

ここはパラダイスか!なんて思いながらまた仕事を再開した。

クソ暑い中、1人もくもくと仕事をしてると電話が鳴った。

見るとはじめサンからだ。

は「おう。進んでるか?休憩にすんぞ」

俺「了解です」

詰所に戻ると、既にはじめサンはタバコを吸っていた。

は「真面目にやってっかー?ほらよっ」

缶コーヒーを受け取りながら「やってますよー。あのクソ暑いなか1人もくもくと!」

そん時、管理人のおっちゃんが入っきた。差し入れと渡されたアクエリを、ありがとうございます。と受け取った。

管「何人か残ってる寮生がいましてねー。風呂に入りたい子には銭湯代をあげる事にしました」と言って出ていった。

は「俺は今から違う現場に行かなきゃいけねーから、昼過ぎまでは1人で頑張れ」と言われた。

休憩が終わり仕事に戻るときに、銭湯から帰って来たのかさっきの2人とでくわした。

寮1「どもー。暑いっすねー!」と笑顔が愛くるしい。

寮2「どもー。。」

俺「おう。あちーな」

そう声をかけ2人は階段を上がって行った。

2人ともハーパンにタンクトップ姿。腕の筋肉、盛り上がった胸筋、ふくらはぎの筋肉も発達しているし、太ももがっちりしていた。

ケツのラインもがっちり絞まっているのがはっきりわかる。旨そうでたまらなかった。目の保養だなとちょいテンションが上がり、仕事を再開した。

携帯から12時のアラームが鳴り、飯にすっかと詰所に戻った。

飯を買いに行こうと、玄関を出たはいいけどなんせ道がわからない。住宅しかなく、周りの道はどこも細く大通りまでも結構ありそうだと思った。

そんな事を考えていたら、タイミングよくさっき風呂場に後から来たほうの寮生がコンビニ袋を持って、帰ってきたとこだった。

寮2「どもっ」と軽く頭をさげ、通りすぎたそいつに後ろから声をかけた

俺「あのさっ!」

寮2「はい???」少し驚いた表情をしていた

俺「あっわりぃ。コンビニ行きたいんだけどさ、場所がわかんなくてよ…教えてくんねーかな?」

安心したのかにっこり笑った。むっちゃかわいかった。

4~5歩ほどあった距離を説明しなが1歩1歩近づいてきて、腕が触れるんじゃないかくらい近かったからドキッとした。よく見るとすげぇイケメン。

銭湯に行ったのに炎天下のせいか、身体にはじっとり汗をかいていてそれがエロかった。説明はあまり頭に入らなかったけど「ありがとなっ」と言ったら「いえいえ。仕事頑張って下さい」と笑顔を向けられ嬉しかった。

なんとかコンビニから帰ってきて、詰所にもクーラーがないから少しでも涼しいとこで飯を食いたく階段の踊り場で食うことにした。

食ったあと、少し寝るかと寝転がるとタイルが冷たい。タンクトップを脱いで寝転がると冷たくて気持ちよく、そのまま寝てしまった。

上半身裸で寝てしまった俺に「すいません…すいません!」と声をかける奴がいた。

眠い目を擦り起き上がると、最初に風呂場に入ってきた奴だ。坊主に近いがオシャレ坊主のような短髪でまさに体育会系って感じの雰囲気。

起きた俺と目があい、にこってした顔がかわいい。

俺「あっ。わりぃ。邪魔だったか?」

寮1「ははっ。そんな事ないすよ!ただ工事の兄さんが裸で寝てるのにはビックリしました(笑)暑くないすか?」

俺「確かに暑いな。何時かわかる?」

寮1「12時半すね!」

俺「そっか。もうちょい寝れるな」とまた寝ようとした俺に「あの…よかったら俺の部屋で休みます?クーラーありますよ(笑)」と。

あまりに以外な展開で、俺はビックリした。

俺「えっ?!いいの?」

なんとなく暗い表情で「いや。自分らのためにこんな暑い中、工事してもらってるし…よかったらと思って…」

俺「マジか。じゃぁ遠慮なく30分だけ休ませてもらっていいかな?(笑)」

寮1「もちろんすよ!ただ汚いすけど汗」

俺「男なんてそんなもんだろ」

そんな会話をしながら部屋に。1人部屋で6畳くらいかな?クローゼットから物が溢れてて、マットレス以外のとこは物が散乱してた。

寮1「ベット使ってください!」

俺「おお、涼しいなー!んじゃ遠慮なく。あっ俺、汗かいてるけど平気?服も階段とこに忘れてるし」

寮1「全然気にしないでいいっすよ!1時に起こすんで!」

そう言ってなんとか場所を確保した。そいつは、マットレスにもたれて俺に背を向けて座った。

寝転がった俺は、そいつの後ろ姿を見ながら背筋もエロいな~。後ろから抱き締めたいとか思いながら目を閉じた。

どれくらい寝たのか、俺は身体の違和感で目を醒ました。目を閉じたままにしていると、誰かが俺の身体を触っている。

ふと気づいたら、自分のアソコも完全にたってるのがわかった。朝立ちみたいな状態?まさかあいつが触ってんのか?

薄ら目を空けると、やっぱりそうだった。ゲイなんか?とか考えつつも、願ってもない展開でむっちゃ興奮した。

しばらくそのまま寝たふりを続けると、腹筋あたりを優しく触っていたそいつの手が徐々に下にいき 遂に俺のアソコへ。

ニッカの上から指先で俺のぶつを確かめるように、根元のほうから先っぽへ移動してく。

寮1「すげぇ…でっけー」ささやくような声でそいつが言った。

今すぐ犯してやりたい気持ちを押さえて、まだ我慢した。上からじゃもの足りなくなったのか、そいつはニッカのチャックに手をかけた。

俺は寝た振りをしつつ、下ろしやすいように状態を少し左に。俺が動いてもそいつはチャックからは手を離すことはなかった。

チャックがすべて降り、指先が徐々にニッカの中に入ってくる…そしてパンツの中へ。遂に直に触れたそいつは、パンツの中で俺のアソコを軽く握って「やっぱでっけー」と興奮気味につぶやいた。

そしてまたゆっくりと俺のアソコを外へと引っ張り出した。俺のアソコはチャックから完全にあらわに。

「やっべ!すげぇ!」とつぶやきながら、俺のアソコをギュッと握った。

そんとき、手を離したと思ったらそいつが立ち上がったのがわかった。薄く目を空けると、ドアに鍵をかけていた(笑)

戻ってきたそいつは、また触りはじめた。

俺のアソコに吐息みたいのがかかった。

寮1「やべぇ。男のにおい…」

薄く目をあけると、アソコに顔を近付けてクンクン匂いをかいでいる。

俺は我慢できなくなり、俺のアソコの近くにあったそいつの頭を両手でガッと掴んだ。

寮1「!?えっ?んっ!!」

突然の出来事に驚いてるそいつを無視し、俺はいきり立ったアソコをそいつの口に無理やり押し込んだ。

俺「この変態野郎。こうしてほしかったんかよ?」

そう言って、掴んだ頭を上下させた。

寮1「んっ!カハッ。」

最初は驚いていたそいつも、すぐにしっかりと舌を絡ませてしゃぶってきた。

俺「本当に変態だな。うめーか?おらっ」

腰を2、3ど振ってからエロくしゃぶりついてるそいつを無理やり引き離した。俺は立ち上がり、片手でそいつの頭を掴み口元にチンコを持っていき「おらっ男のチンコうめーのかよ?」と言った。

寮1「やばいっす。兄さんのチンコ、すげーウマイっす!もっとしゃぶりたいっす」

俺「じゃぁしゃぶらせてやるよ!」

そう言って、頭をわしづかみ勢いよく口に押し込んだ。本当にうまそうな顔でしゃぶりやがる。興奮して激しく腰をふった。

俺「うわぁすげー気持ちいぃ」

寮1「んっ。ハァハァ。ンマイッス」

俺はしゃぶらせながら、そいつのタンクトップを脱がした。やっぱりいい身体だ。

チクビを摘んでやると、「アッ!ンッ」と感じて俺のチンコから口を離した。

俺「ちゃんとしゃぶれよ。おら!」と頭を摘んで口に突っ込んだ。

こいつともっと楽しみたいけど、そろそろ時間が気になる…

俺「そろそろイクぞ!」

寮1「ハイッ。兄さんのザーメン口に出してください!」

俺は激しく腰を振りながら「おらイクぞ!全部飲みほせよ!あーイクッ!!」

ビュッビュッ。それと同時にそいつの喉も動いたゴクッゴクッ。。と。

「ハァ。すげぇ…」

俺のチンコから口を離して言ったそいつに「ほらっ最後まできれいにしろよ」と。

寮1「はい。もちろんす!」

そう言って、おれの萎えかかったチンコをうまそうな顔で舐めまくった。

俺「お前かわいい奴だなっ(笑)」

俺は小声でそう言って頭をなでた。

聞くと、かなりのガテン好きらしく、俺がモロタイプだったそうだ。

とりあえず仕事に戻ったけど、今度休みの日にでもゆっくり犯してぇな。

 

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。