ホーム » SM調教 » 【ゲイ体験談】出会い系で年下ドSに調教されてきました・・・・・・

【ゲイ体験談】出会い系で年下ドSに調教されてきました・・・・・・

【体験談】大阪府在住の投稿者。色々なことをしたみたいという想いはあるものの、なかなか実行にうつせずに悶々とした日々を送っていた。ある日、ダメ元で掲示板というものを試してみた。運よくヨサゲナ年下くんをゲットしたので恐る恐る会ってみることに・・・・・

出会い系で年下ドSに調教されて

昔からMっ気のある変態です。でも、ほとんどSMっぽい経験はありません。

一度だけ東京のSMバーのようなところへ行きましたが、雰囲気に馴染めず早々に退散しました。地元の大阪にも、それっぽい店があるようですが、調べたところとても初心者が楽しめそうにありません。

掲示板でSを募集しても、メールが来るのは年上ばかり……。それに、SMといっても嗜好が細分化しすぎて、なかなか好みのプレイが合致しません。

僕は“年下のイケメンSに虐められたい”っていう願望があるのです。それが極めて難しい願望であるのだと、今さらながら知りました。とりあえず、願望は一度は叶えなければ……。

そう思って、援交掲示板で募集。

「サしてください」

だの書いてあるやつです。一人、画像がなかなかで、SMプレイにも興味を示してくれた19歳の子がいました。

「バックなしなら5000円でいいよ」

と、値段もお安め。僕はもともとバックに興味がないので願ってもないところです。

会ってみると、やや詐欺画像でしたが、まあまあの今風カッコカワ系イケメンでした。汚いニキビ面はマイナスですが、鋭い切れ長の目はSっぽくてGOOD!

西梅田で待ち合わせ、そのままハービスENTへ。できたばかりの商業施設ですが、高級店が並ぶこのスポットは人は少なめ。

しかも平日だったので人は疎らです。メールでの打合せどおり、二人で個室のトイレに入りました。ここのトイレは非常に綺麗でスペースも広々としています。

「じゃあ、脱げや」

そんな風に、思った以上に最初からSっぽく振る舞ってくれた彼。僕はドキドキしながら服を脱ぎました。彼は鋭い目つきで僕が脱ぐ様子を睨むように眺めています。

既に僕の股間はパンパンに膨れ上がっていました。ジーンズを脱ぐと、ローライズのボクサーは窮屈にもっこりとしていて、早くも染みを作っていました。

「ふっ」

と彼が失笑を漏らし、染みを指先で撫でました。

「めっちゃ濡れてるやん」

「なぁ、めっちゃ濡れてるやん。なんで?」

耳元で囁く彼。

「なぁ、なんで?」

「あの……。恥ずかしいから、です」

そう言いながら、ますますボクサーを濡らしている僕。この時点で興奮度はかなりのものでした。

「恥ずかしいから興奮するんや? 変態やん」

そう低い声で囁かれるだけで、僕は意識が飛んでしまいそうでした。

「はい。変態です」

そう言って彼の顔を見ると、冷淡な目で睨まれ、蔑んだ笑みを返されました。

「ほな、さっさと脱げや」

ボクサーを脱ぐと、溢れ出た透明な液体が粘っこくまとわりつき、糸を引いたようになりました。こんなに我慢汁が出たのは生まれて初めてかもしれません。

全裸になると、僕が巻いていたストールを彼が手に取り、僕の両腕を掴んで後ろ手に縛りました。静寂の中で「シュッ」とストールが巻かれる音が、何とも言えない興奮を僕にもたらします。

ただ全裸になって手を縛られただけ。ただそれだけで呼吸がうまくできないくらい興奮していました。

僕だけが全裸……。全裸で縛られて、年下のイケメンSに見られている……。そそり立った物体の先端から、まだドクドクと溢れ出ている透明な液体。

彼は、その液体を指で掬うと、僕の乳首に乱暴に塗りたくりました。

「はぁっ」

思わず声が漏れます。乳首はめちゃくちゃ感じるのです。

両肩を持たれ、くるりと身体を反回転させられました。そして、後ろから抱きつかれるような格好になり、両手で両乳首を弄られました。

我慢汁を掬っては乳首に塗られて、指先で愛撫。

めちゃくちゃ気持ちいい……。

カチャリと音がしました。彼が個室のドアの鍵を外したのです。そのままドアが開けられました。僕は後ろから肩を押されます。

「えっ?」

まさかと思いましたが、そのまま個室から出されてしまいました。両肩を押されながら進み、洗面台の大きな鏡に僕が映されました。

「すごい変態やで。よく見てみ」

たしかに、鏡に映った僕は変態でした。ドMの変態です。

人が来たらどうしよう?興奮と恐怖が交錯します。

さすがに彼も考えたようで、しばらく鏡に僕を映しただけで、すぐに個室に戻されました。こんなプレイはメールでの打合せではしていなかったので、ものすごく興奮しました。

個室に戻ると、小声で

「どうしたい?」

と訊かれました。僕は、この時点でもう満足度120くらいだったので、早くフィニッシュしたいと思っていました。

「イきたいです」

と答えました。

「もう?」

そう言いながら、彼はもう一度後ろから僕を抱きつくような姿勢をとり、右手で僕のペニス、左手で乳首を弄り始めました。

ペニスを扱くと、溢れ出た我慢汁が時折クチャクチャといやらしい音を立てました。早くイってしまいたいのに、彼の手の動きは早くなったり遅くなったり、焦らしに焦らした手淫。

途中、トイレに誰かが入ってきました。コツコツした靴音。小用ではなかったようで、靴音は隣の個室に入り、ドアが閉まって鍵がかけられる音が響きました。、

僕はドキリとしましたが、彼は手の動きを止めるどころか、逆に動作を激しくしました。

うそっ!?

やばい。声が出そう。

気持ち良すぎて息が荒くなりますが、必死に声を出さないように自制します。

「ふうっ。はぁっ」

僕の息づかいに合わせるように、彼も息を乱しました。隣に聞こえるか聞こえないかくらいの微妙な感じで……。

「うっ」

我慢しきれず、僕は果てました。ドピュッという音が聞こえそうなくらいの勢いで、壁に飛び散りました。普段のオナニーではこんなに出ないのに……。感心するくらい驚くほどの量が放出されました。

やがて、隣の個室の人が出ていく気配が伝わります。彼は僕が吐き出した白い液体をトイレットペーパーで拭き取ると、僕を縛ったストールを解きました。僕を睨むように見つめると、軽くキスをしてくれました。

萎えかけたペニスが再び元気を取り戻してしまいます。再び膨らんだペニスをボクサーに押し込んで、服を着こみました。

二人でトイレを出ます。

「お茶でもせーへん?」

そう誘うと、彼は乗ってきました。スタバでコーヒーを奢り、

「あ。忘れないうちに」

とあらかじめ小さく折りたたんでいた5千円札を差し出しました。本当は1万円くらい出してもいい気分でしたが、とりあえず……。

すると、彼は

「いいよ」

と5千円札を押し戻します。

「えっ?」

驚く僕を彼は笑って見つめます。

「だって、何もしてへんやん。手で扱いただけやし」

「えっ。でも……」

僕にとっては十二分満足のいくプレイだったので、5千円札をもう一度差し出します。

「あかんって。だって……。だって、めっちゃ気持ち良かったし」

そう言いながら、つい先ほどの出来事を思い出して赤面してしまいます。

「ふっ。めっちゃ可愛い。さっきのこと思い出してんの?」

心を見透かされ、ますます顔が火照ります。

「じゃあ、これでゴハン食べいこうや。これから暇?」

まさかの展開でしたが、僕はこくりと頷きました。

・・・・年下のS兄貴は、その日の晩に僕の彼氏になりました。

めでたし、めでたし??

 

カテゴリ:SM調教の最新記事

カテゴリ:イケメンの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。