ホーム » ガチムチ・体育会系 » 【ゲイ体験談】ヤリちんノンケに無理矢理フェラさせられて・・・・・・

【ゲイ体験談】ヤリちんノンケに無理矢理フェラさせられて・・・・・・

ガテン系の鳶職人

都内在住の男性からの投稿。バイトを卒業することになり、仲間たちが送別会を開いてくれたという投稿者。7人も来てくれたらしいのだが、その中に知らない男性が1人混じっていたんだとか。どうやら女先輩の彼氏らしく・・・・・・
強制精飲させられた男性
僕がバイト先の送別会でおきた、ちょっとエッチな話を書きます。

名前はたつや(仮名)って言います。22歳、162cmで痩せ型。

つい先日、今働いているバイト先を卒業することになり、バイトのメンバーが送別会を開いてくれた。

場所は、とある人のアパートですることになった。

19時から開始、忙しい中7人ぐらい集まってくれてビールで乾杯。

その中に見慣れない顔が一人いた。

聞くと、バイト先の人の彼氏らしい。

その彼氏の名前は直哉さん。25歳でガテン系でとび職。今どき剃り込みいれていて、気合の入ったいかにもって感じの人だった。

ちなみに僕はマジメ系って感じの容姿なので、まったく正反対。

でも直哉さんは見た目とは裏腹に、結構気さくで喋りかけてくれた。

ルーキーズに出てきた高岡君みたいにちょっとワイルドって感じでガタイもいいし、 ちょっとタイプな人だった。もちろんノンケのふりして話した。

それで送別会の途中くらいで誰かが言った。

「たつや君は、彼女できたことないって本当なの?」

「そうなんですよ」

「なんで!?一回も?もしかして童貞?」

「はい・・・」

その話がキッカケで直哉さんが結構下ネタ言ってきた。どうやら彼女のほかにも結構、遊んでいるらしい。

「とりあえずお前、理想高いんじゃないん?とりあえず女なら誰でもいいから付き合ってみいや」みたいにアドバイスされた。

「てか、お前ちゃんと剥けとるんか?見せてみい」

「何言い出すんですか!?」

僕はちょっと恥ずかしくて赤面した。いきなりみんなの前で言われたら恥ずかしかった。結構、酒も入ってるからみんな爆笑していた。

その直哉さんは結構自分の人生観やら僕に語ってきた。一回逮捕歴があるらしいし、僕に仕事っていうことを永遠と語ってきた。

僕はそんな話は結構どうでもよかったけど、真剣な顔で語る直哉さんの顔がカッコイイから、うなずいていた。

22時くらいになり、みんなで近くのカラオケに行くことに。みんなで盛り上がっているときに,僕がトイレにたつ。

すると直哉さんも来た。

「カラオケ楽しいな」

「はい。直哉さん好きなんですか?」

「うん!ところでさ、お前ちょっとチンコ見せてみい」と、覗かれた。

「いやですよ」

しかし、小便出してるから隠すわけにもいかずに・・・

「ちゃんと剥けてるやん。お前本当に童貞なんか?」

「ど・童貞ですよ。」

「俺の見てみい」

ズル剥けで25歳にしてはかなり黒かった!

「黒いですね」

「もともとはお前のピンクやったやん!バンバンセックスせえよ」

「何言ってるんですか!笑」

どんだけ遊んでるんだって思った。

カラオケも終了し気がつけば深夜の2時になっていた。みんな解散してそれぞれ家路につく。

「たつや、どうするん?」

直哉さんの彼女が聞いてきた。

「僕はタクシーで帰りますよ」

「いいじゃん?うち泊まってけば!?」

「いやいいですよ。二人の邪魔したら悪いし」

「泊まってけよ。タクシー代もったいないで。後から俺が送ったるわ」

そして、なんか半ば強引に泊まることになった。

で、部屋につくと飲みなおした。正直寝たかったけど・・・

強いお酒飲んで、彼女は酔いつぶれた。僕も頭が少しクラクラ・・・

「お前本当に童貞なんやろ!?」

「はい」

「キスはないん?」

「ないです」

「オナニーばっかでつまらんくないか?」

「いや全然」

「こいつ(彼女)のパイズリ気持ちええで」

「はぁ・・」

「一回くらいセックスしたらいいやん。風俗つれていったろか?」

「そんなにセックスしてるんですか?」

「まぁ俺は,モテるからなぁ~俺デカチンやから」

「何センチなんですか?」

「16センチ」

「デカ!本当ですか?」

このとき本当はあまり大きくないと思ったけど。雰囲気で言ってみた。

「本当や。見る?ちょっと待ってて」そう言うと股間をもみだした。

「え!?」

「ほら」ビンビンに固くなった。

反りチンだ。これで何人の女とセックスしたんだろう。

「触っていいですか?」僕はおもむろに触れた。

「固い」

「凄いやろ!?」

「はい」

もうここで完全に僕は勃起状態だった。

「お前の見せてみい」

!?

「いや恥ずかしいですよ」僕は必死に抵抗した。

「いいやん!男同士なんやし!」

無理やりズボンを脱がされた。

「なんでお前もう立ってるん?興奮したん?デカ!!お前のほうが全然デカいやん!!チビのくせに,マグナムもってるな〜!?」

「恥ずかしい」僕が赤面してると「お前可愛いな。俺、男無理やけど、なんかお前となら俺セックスできるかも」と。

「へ?何言ってるんですか!?」

彼女が横で寝てるのに・・・

「俺がシコったろうか!?」

「いやです!!」

チンコを握られた。握力が強くてすぐイキそうになった。

「本当にデカいな」

シコシコと凄いスピードでこかれた。

「あぁ~イクイク!!ああん」僕は興奮してイッテしまった。服は精子まみれ。

「もうイッタんか!?早いわ!しかもあえぎ声カワイイ!」

本当に恥ずかしくて、射精した後は赤面した。

僕は初めて誰かに手コキでいかされた。

電流でもつきぬけたような快感で頭がボーとしたのと同時に射精後の罪悪感でいっぱいだった。しかもバイト先の先輩の家で何やってんだろ。

直哉さんの手は僕の精子でベトベトだった。

「お前、イクのはやいな!本当に童貞なんやね。床が精子だらけ」

「ごめんなさい。あまりにもスピードが速いんで・・・」

冷静になりすぎて、後悔ばっかしてなんか泣きそうになった。

「お前泣いとるんか!?お前女みたいだな」

「違いますよ!!最悪だなって思って」

「はぁ!?なんで射精したら最悪なん?」

ティッシュで直哉さんは手をふいた。

「ほら,これでふけ」ティッシュを渡してきた

「どうやった!?お前、女みたいや声だしとったけど、そんな気持ちよかった?」

「んなわけないでしょ」

「あぁん!って泣きよったくせに!お前本当は男に興味あるんじゃないんか?」

ドキ!!

「そそそんなことないです!!」力一杯否定した。

それが余計に怪しまれた。

「お前ゲイやろ!」

「違います」

「じゃあ確かめてみようかな!」

「え!?」

直哉さんは僕を思いっきり抱きしめた。服をめくり,乳首を触ってきた。

「ほら,お前乳首立ってるやん!?俺にコリコリされて」

「ちょっと・・・や・・・」

「さっき射精したのにまた立ってるし」

「あ・・・あん」また変な声を出した。

そのとき、寝ていた彼女が寝返りをした。

ビク!!起きたかと思った。

「お前が変な声出すから起きるやん。こっち来い」

僕を引っ張りトイレに連れて行った。

「何するんですか!?」

「俺の舐めろ」

「何で!?」

「お前、ゲイなんやろ?舐めろ」

そう言いながら無理やり僕の口をあけた。直哉さんはパンツをおろし、チンチンを口にいれた。

「やめん・ぐぐ・・」

無理やり口の中で動かした。だんだん口の中で大きくなる。

「あぁ~気持ちいい」

激しく口の中にチンチンを入れてきて何度むせたか、なかなかイかないから凄く苦しかった。

「ヤバイ!!出る出る」

口の中に思いっきり出された。独特の精子のキツイ臭いが口の中に広がる。

僕はむせてトイレにはいた。

「ヤバ!気持ちよかった」

直哉さんのチンチンはドクドクと脈を立てていた。荒々しいチンチンの先には精子が垂れていた。

「どうやった?興奮した?」

「口の中が臭いです」

「久しぶりに気持ちよかったわ。またやろな」

結局その後は寝た。

次の日、何事もなかったかのように家を出た。

結局先輩は直哉さんの浮気が原因で別れたらしく、それ以来会っていない。

 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:フェラチオの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。