ホーム » 中出し・種付け » 【ゲイ体験談】ポジマン彼氏の浮気が発覚しちゃって・・・・・・

【ゲイ体験談】ポジマン彼氏の浮気が発覚しちゃって・・・・・・

狂ったように種をねだる彼

都内在住のポジタチさんからの投稿。ある日、風の噂で彼氏が某ホテルで目隠し種壺になっいると聞いたという投稿者。そして、書き込みをチェックしていると彼氏と思われるプロフを発見し・・・・・・
初めてのアナルファック
俺は170.66.33坊主ヒゲ筋肉質のポジタチ。

彼氏は、168.75.24の色黒ラガーマンのポジマンコ君。

彼氏が頻繁に某ホテルで目隠し種壺になって浮気しまくってるという情報が入ってきたので、この目で確かめることに。

ホテル目隠し待機の書き込みをチェックしてたらプロフがマッチする書き込みを発見したので行ってみることに。

ホテルに到着すると彼氏は、ヘロヘロになって目隠しして狂ったように種をおねだりしていた。その時ですでに8発入ってるとのことだったが下半身が勃起していた。

言いようのないジェラシーと欲望でたまらなくなり無言でガン掘りし種付けやり捨てしてホテルを去った。

種付けしている間、彼氏は狂ったようにヤバ、ポジ、生を連呼していた。

家に帰り放心状態になっていたが、どうしても気になりホテルへ戻ってみることにした。

ホテルに入ると、バルク兄貴にベロチューされながら「3発目でるぞ!」っと言われて種付け擦りこまれて喜んでいた。

「25発目たまんねー」とか言ってよだれをたらしていた。

マンコをみると見たこともない大量の精子とグロマンに堕ちていた。

バルク兄貴がポジマンすげーとか言いながらマンコを泡立てて擦り付けまくっていた。

彼氏は、目隠ししたまま長時間種付けされまくっていたが「まだまだ朝までやりてー」とか言ってかなりタフマンになっていた。

情けないが、目の前の淫乱便所に成り下がった彼氏を見てるとまた勃起してしまってバルク兄貴が帰ったあとすかさず大量の種壺に追加して擦りこんだ。

デカマラで廻されまくったのかすでにズボズボ状態。でも奥の方はからみつく名器。

最後は、顔に唾をはいてまたやり捨てしてホテルを後にした。

翌朝 仕事に出勤するまえに気になり またホテルの様子を見に行ってみたら黒人にガン掘り種付けされてぐったりしていた。

その黒人には「37発目ください」って呂律の回らない感じで言ってた。

また興奮してしまって追加してから仕事に行き、夕方帰宅するとメールが彼氏から届いていた。

エッチしたいとのこと。

会ってみると彼氏は何食わぬ顔で種を要求してきた。

セックスしたあとにマンコをみたらひどい有り様だった。感覚がなくなっているのか、こんなマンコは、はじめてみた。

彼氏に複数をしたいと聞くとOKしたので生のタチフレを5人呼び、グロ化したヤバすぎるマンコを夜通し廻してレイプしまくった。

彼氏は、白目をむいていた。

そんな彼氏だけど、ガタイも顔もいいから別れられないんだよね。またこっそりホテルに行こうっと。

ちなみにその次の日 発展場の個室で20人以上に代わる代わる種付けされたらしい。

病気の種類もハンパない彼氏のヤバマンコの虜になってしまった。

 

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

カテゴリ:乱交の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。