ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】公園トイレで全裸高校生に突然しゃぶられてしまったショタの話

【ゲイ】公園トイレで全裸高校生に突然しゃぶられてしまったショタの話

精通してくれたお兄さん

三重県在住の学生さんからの投稿。小学6年生の頃、塾帰りに公園のトイレで小便をしていたという投稿者。すると突然、個室から全裸になった高校生が出てきたという。しかもチンポを扱きながら近づいてきたらしく・・・・・
犯されたサッカー少年
12歳の時、公園のトイレで1人おしっこをしてたら、個室から全裸の高校生が出て来ました。

突然だったのでビックリしていると、その人は僕に近づいて、勃起したチンポを扱いて先から汁を垂らしてました。

僕は幼い頃から、どちらかというと女子よりも男子に興味があったので、その人の裸をみて少し勃起してしまいました。

その人は陰毛も無く綺麗な体でチンポは僕と同じ真性包茎で、「もう駄目」と言うと精液を出して垂らしてました。

その人は床に座り込んでいた僕のチンポを掴み個室に入れられて、裸にされて身体中を舐められました。

気持ち良くなっていると僕のチンポをしゃぶり始め、精通もまだなのにイってしまいました。

お兄さんのチンポも再び勃起して、右手で扱いて、僕を座らせて口の中に入れられると、腰を振り始め先からは汁が溢れてきました。

短くあっあっと言って「もう駄目」と言って、口の中に射精しました。

僕は何も知らずに頑張って精液を飲んでいると、お兄さんが感動して、僕にキスをしてくれました。

それからは、毎日のように会ってお兄さんの家で抱かれてました。

僕が13歳になるとお兄さんは、僕の処女も欲しいと言って、お尻の穴に指を入れて、ローションを塗って、お兄さんのチンポにゴムを付けて少しずつ入れられました。

お尻の穴が痛かったけど我慢してたら痛みも収まって、お兄さんが動き始め「お前の処女を奪った」と嬉しそうに言って射精してました。

僕は何回もお兄さんの中に入れてたので童貞は卒業してたけど、僕もお兄さんのチンポならお尻に入れて欲しくなってました。

それ以来、毎日お尻に入れて貰い、感じる様になって初めてお尻に生で入れて貰いゴムが無いのでもの凄く感じてたら、お兄さんが激しくなって、あっイクッと言って僕の中に射精しました。同じタイミングで僕もイクッと言って射精してました。

お尻の快感も覚えて、毎日会って、お兄さんは僕の陰毛も剃って、いまだにパイパンチンポで恥ずかしいけど時々、我慢できなくなってネットで知り合ったおじさんの逞しいチンポで掘られて中に出して貰ってます。

昨日は3人の人に可愛がって貰い、僕も3回も精液を撒き散らしてました。

お尻が疼くと我慢できなく何時でも欲しくなってしまうんです。そんな僕って変態ですよね。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。