ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】本屋さんのトイレでリーマンにフェラしてもらった厨房の話

【ゲイ】本屋さんのトイレでリーマンにフェラしてもらった厨房の話

50代の熟年さんと・・・

滋賀県在住の匿名さんからの投稿。中学生のときに初めて見たゲイ雑誌に衝撃を受けたという投稿者。嫌悪感を感じながらも何故か異常なほど興奮してしまったという。そして、自分もフェラされたいという願望が芽生えてしまったんだとか・・・・
熟年さんのフェラチオ
私の初体験のきっかけは中学1年の冬休みに偶然手にしたゲイ雑誌でした。

ページを開いた瞬間、男が男をフェラチオしている写真を見たときは嫌悪感と同時になぜか猛烈に興奮してしまったのです。

なかなか頭から離れず、その日は布団の中で3回もオナニーしました。

結局一睡もできず、翌日ある考えが頭に浮かびました。男の人にならフェラチオしてもらえるんじゃないだろうか、と。

しかし、どうすればホモの人と知り合えるかわかりません。

そこでゲイ雑誌を立ち読みして声をかけられるのを待つことにしました。そして週末の夕方、会社帰りの人が多い時間を狙って立ち読みしてみました。

ドキドキしながら立ち読みすること10分。隣で50歳くらいの男性が、同じゲイ雑誌を手にとって読み始めました。私は様子を伺いながら同じ本を読み続けていました。

すると男性はコートで隠すように私の股間をそろりとまさぐってきました。初めて触れられる他人の指先の感触にものすごく興奮しました。

私のチンポは完全に勃起していて、男性の指先がそれを確認するかのように蠢きます。男性の指先は徐々に大胆になり、私のジャージの中に侵入してきました。

それでも抵抗もず雑誌を読み続けていると、男性が耳元で「トイレに行こう」と囁きました。少しの不安はありましたが、それ以上に興味と興奮が理性をマヒさせていました。

個室にはいると、男性は洋式トイレに逆向きに座り私を正面にたたせました。そして男性は躊躇せず私のジャージを膝までズリ下げました。

男性の目の前には今まで見たこともないほど赤く大きく勃起した私の陰茎が顕になりました。男性はニヤニヤしたいやらしい笑顔になると、私の腰を両手でつかみました。

私はこれからされるであろう、生まれて初めての行為に目が眩むほど興奮していました。

男性はさも当たり前のように口を開いて、私の陰茎を咥えてきました。真冬で冷えた体に、男性に咥えられたチンポだけが妙に生暖かく、それが私にチンポをしゃぶられている実感を与えていました。舌先でしゃぶられる感覚は新鮮で、ものすごい快感でした。

やがて射精の感覚がやってきましたが、相手から与えられる快感でなかなか射精までいたらず沸点がどんどん高まってしまい、とうとう訪れた射精の瞬間は、とてつもなく気持ちよく体がバラバラになりそうでした。

男性はティッシュでチンポを拭いてくれ、「ありがとう」と言うと去っていきました。

その後しばらく本屋さんに通いましたが、その男性とはもう会えませんでした。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:フェラチオの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。