ホーム » 中出し・種付け » 【ゲイ体験談】変態極めたくってヤバ種募集かけた結果・・・・・・

【ゲイ体験談】変態極めたくってヤバ種募集かけた結果・・・・・・

ヤバ竿2本挿しでトコロテン

都内在住のネコさんからの投稿。セフレの1人がポジっていると言う投稿者。そんな彼は毎日のように生乱交で楽しんでいるらしく羨ましく思っていたんだとか。そして自分もポジって変態を極めようとポジ種生交尾の掲示板で募集をかけ始めたらしい・・・・・・
体育会系男子の3P
俺は都内に住んでる174*66*29 のネコ。

セフレの1人がポジってるんだけど、ポジ乱とかかなり激しくヤリまくってて、毎日くらい生交尾やってるんで、うらやましくて、俺もセフレみたいにとことん変態を極めたいって思ってたんだ。

だから、セフレとも定期的に生交尾してたんだけど、運がいいのか何なのか、全然ポジれてなかったんだ。

もちろん普段から募集する時も、できるだけポジ種生交尾の掲示板で探すようにしてた。

この前いつものように、ケツが疼いたんでその掲示板に載せたら、年下今風っていうポジタチと会う事になった。

そいつの部屋に着くと、画像よりイケてる色黒スジ筋。プロフは172*61*25。

こいつに今日こそポジらせてほしいなと喜んでると、速攻全裸にされ、体中を愛撫され感じていると手を縛られ目隠しされた。

ローション付きの指がケツに入ってきて「○んでやったから楽しもうぜ。俺のヤバ竿シャブれよ」とチンコを口にあてがわれた。

口にふくんで初めて、ヤツがかなりのデカマラだと知った。

「デカイだろ?旨いか?俺のサイズだと○んないと痛がる奴が多いんだよ」そう言われ納得した。

15分位シャブった頃「そろそろかな?」って乳首を抓られると体に電気が走るような快感に声を出してしまった。

すると、玄関から話し声が聞こえたかと思うとヤツの友達が部屋に入って来た。あとで聞いたら169*56*26で、坊主。

「始めたばっかり?どんな奴?」

「ポジりたいんだろ?ポジ友呼んどいたんだよ。廻してやるから覚悟しなよ」とヤツに言われ、ポジ友に取り押さえられた。

強引に廻されるのも好きなんで、「ポジマラ欲しかったんだろ?」「しっかりヤバくしてやるからよ!」とか言われて、ますます興奮してきた。

「○んだんだから欲しくて我慢できないんじゃないの?ヤバくなりて~んだろ。覚悟決めなよ」と言われ、坊主の固ポジマラしゃぶりながら、うんうん頷いた。

セフレに乳首もいじられっぱなしで、コリコリ状態。声出しまくって、喘いでたら、坊主が俺を四つん這いの体勢にさせてケツの穴を舐めてきた。

セフレは俺のチンコをしゃぶりながら、乳首攻め。さすがに勃起し喘いでしまった。

「綺麗なケツしてるな。中はトロトロだし、これならいいポジマンになりそうだよ(笑)」とか言われて、嬉しかった。

指と舌だけでもかなり気持ち良かったけど、早くヤバいガマン汁垂らしてるヤバ竿がほしくて、「早く入れて」って、おねだりしたら、坊主がケツにヤバチンを擦りつけてきた。

坊主の17cm位のを挿れられて、バックからガン掘りされ、口にはセフレのデカマラをシャブリながら泣きまくってた。

坊主はグリグリ奥を刺激したり、色んな角度で突きまくってくる。

ヤバいと思えば思うほど、興奮がとまんなくなって、バイアグラのんでたこともあって、○てんのにガチガチ状態(笑)

「そろそろイきそう…。1発目~」と言いながら坊主のポジ種が注がれた。

今度はセフレがケツに突っ込んできて、「ヤバ種オイル、気持ちいい~」「擦り込んでやるからな!(笑)」とか言いつつ、正常位で激しく掘られまくり。

坊主は俺のチンコしごきながら、べちょべちょになりながらキスしまくってくれる。

セフレは「もっとケツ締めろよ!」「ヤべ~の最高だよな」とか気分をアゲてくれる。

もっとヤバい種欲しい。今日はポジらせてくれ、ってことしか考えられなくて、最高の気分で感じまくってたら、あっつい種がいっぱいケツ奥に当たるのを感じた。

セフレは「あ~、イった、イった」と少しへたった後、2人分のヤバ汁付きチンコを
「綺麗にしろ」と口元に持ってきた。

上でも下でも残らずもらわなきゃって念入りに綺麗にしてたら、復活した坊主が騎乗位の体勢で下から突っ込んできた。

奥までズブッって入って、2発の種がさらに押し込まれてる。奥まで刺さってるから感じまくって、乳首も刺激されまくって、すげ~快感に襲われた。

「良い声で泣くよな~。俺のチンコそんなに気持ち良いのかよ。忘れられなくしてやるよ」とピストンのスピードをあげてきた。

俺はヨダレをたらしながら、「あ~、アン…気持ち良い…おかしくなるよ~」と泣きわめいた。

そしたら、ベッドの隅に位置をずらされて、セフレが半勃起したチンコを挿れようとしてきた。

すげ~、ヤバ竿2本も挿れられる!って、一生懸命ケツ穴を動かしてたら、ニュルって入ってきて、ケツマンがもの凄くきつくてこれ以上ない気持ちよさ。

3人で喘ぎまくってると、セフレも完全勃起してきて、ケツの奥とチンコの付け根が熱くなってきて、俺は狂ったように泣き叫んで、自分の顔にトコロテンしてしまった。

セフレは「あはは、トコロテンしちゃったよ。本当に気持ち良さそうだな」と言いながら俺の顔のザーメンを舐めてた。

坊主はさらにケツマンこすりあげて「イく…。ヤバいの2発目種付けてやるよ」と言われ、俺は「アッ、ア~ん、俺の中でイッて、ポジらせてくれ~」って叫んでしまった。

坊主が抜いた後、セフレも「俺のヤバガキ孕めよ。超濃い種仕込んでやるよ」と、俺のケツ奥でデカマラがビクンビクン。

それから少し休憩し、更に○み、もう1発ずつ掘られた。

その後も週末とかに何度も3人とか、セフレとさしでヤリまくってたら、ついにポジれたんだ!(笑)

若いポジ野郎の種で孕めたかと思うと、常時ムラムラ状態で、今ではポジ乱とかはじけきってるよ。

でも、もっともっと変態極めたいって思うようになってる。どうやったら、もっと変態になれるかな?(笑)

 

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。