ホーム » フェラチオ » 【ゲイ体験談】リストラを機に男娼に転身した熟年の結末・・・・・・

【ゲイ体験談】リストラを機に男娼に転身した熟年の結末・・・・・・

1人2000円で

都内在住の中年おやじさんからの投稿。昨年、リストラに合い無職になってしまったという投稿者。そんな時、行きつけのホモバーでマスターにあるアルバイトを紹介されたという・・・・・・
熟年さんのフェラ
私は現在、51歳の中年おやじです。

昨年リストラに合い、現在無職です。

生活は正直大変苦しいのですが、こんな私にあるアルバイトの話が来るのです。

その内容は、中年おやじ好きの変態ホモの相手をすることです。

事の発端は、行きつけのホモバーのマスターに「リストラにあったんです」と言ったらこのアルバイトの話を持ちかけられたのです。

もちろん私も男が好きですし、経験もありましたので、やってみようかなと思いましたが、いかんせん報酬が安すぎなのです。

一人、たったの2000円だと言うのです。

どんな相手で、どんな事をされるかわからないし、危険なこともあるかもしれないので、もう少しなんとかならないかと交渉したのですが、「それ以上だと客がつかないから、嫌ならこの話はなかったことにしてくれ、やりたい人はいくらでもいるから」と言われてしまいました。

まぁ、無収入よりはマシかなと考え直し後日OKしました。

それから2日後に、携帯に初仕事の連絡が来ました。

客の詳細は一切知らされず、都内のラブホテルを指定されました。

ホテルの受付で私の名前を言えば、部屋番号を教えてくれるということでした。

指定されたホテルに行ってみると、相当、老朽化したボロボロのラブホテルでした。

中に入ると受付にお婆さんがいて、名前を言うと、「101号室です」と言われました。

ドキドキしながら101号室のドアのノックすると、中から「どうぞ!」と 男の声。

これから、見知らぬ男に2000円で買われるのだと思うと、Mでもある私は、その状況で勃起してしまう超変態淫乱なのです。

中に入ると、50台後半から60台半ばと思われる男が浴衣姿でベットに腰掛けていました。

私はホテトル嬢みたいに、ご挨拶をして5000円を頂いきました。

私に話しを持ちかけたマスターが3000円のピンはねなのです。

時間は60分でした。

さっそくその男が、「ほら、咥えろ」と、浴衣の前から勃起した男根を引き出しました。

黒くてでかい男根は先端が先走り液でテカテカに光っていました。

私はその男の前に跪く格好で、その男根を咥えました。

シャワーは浴びていないのがすぐにわかりました。強烈な男根臭がしたからです。

皮を完全に下まで降ろしたら、中に白い恥垢が溜まっていました。

「お前の為に洗わないで、取っておいたよ。臭いの好きなんだろ!」

「ヒヒヒヒ・・・・!」と、その男は下品な笑いをしました。

私は、しかたなく、その恥垢をすべて舐め取りました。

するとその男は 満足そうに、「尻の穴も舐めさせてやる!」と、浴衣を脱ぎ捨てて、 でかいケツを私の目の前につき出しました。

毛むくじゃらの汚いケツの中心に、 アヌスだけがピンクに光っていました。

そっと舌をそのアヌスに這わせました。

この男はケツ好きらしく、 舐める度に身体をビクンビクンとさせて、切ない声を出しはじめました。

「舌を尖らせて、肛門の中に挿入しろ」と言われたので、 舌が麻痺する程、男の肛門に挿入させました。

男は「アンアン」と女みたいに 喘ぎ声あげています。

「お前、おれのマンコに入れたいのだろ?」と言われ、正直入れたくなかったのだが最初のお客さんと言うこともあって「はい、入れたいです」と言うと、「入れたいなら、必死でお願いしろ、その場で土下座してお願いしろ!」と言われました。

これもサービスの内と、その場に土下座して、「お願いします。入れさせてください」と言うと「しょうがねなぁ、じゃ、特別に入れさせてやるよ。ありがたく思えよ」と。

私はコンドームを装着して、柔らかく広がったアヌスに自分の男根を挿入しました。そして入れてみて驚いきました。正直、これ程気持ち良いとは思わなかったからです。

肛門の括約筋で締めたり緩めたり、内部の温かさなど滅茶苦茶気持ち良いのです。

その男の喘ぎ声は大声に変わっていました。

「お前、本当は俺の口に出したいんだろ?」とまたもや誘導してきます。

どうやら、この男のスタイルなのでしょう。 私は、それに合わせて「はい、口に出させてください」と言うと「しょうがねなぁ、じゃ、特別に口に出させてやるよ。ありがたく思えよ」と。

私はその後、夢の様なとろけるケツを堪能しながら、 射精感を高めていきました。

コンドームを外し、生で入れたくなったので、 途中でコンドームを外し生男根を一気に挿入しました。

温かいぬるっとした感触で、今まで味わった女のマンコなど比較にならない気持ちよさでした。

このまま、ここで射精したかったのですが、男の希望が口内発射なので必死で射精を我慢して、もう限界だと思った瞬間に引き抜き、急いで男の口に男根を咥えさせ一気に射精しました。

男は、嬉しそうに私の精液を飲み干しました。

すると男は、「お前、俺のミルクの飲みたいのだろう」と、また始まりました。

例の如く「飲ませてください」と土下座します。

男は、私をバスルームに連れていき、お湯の入っていないバスタブに寝かせました。男は、そのバスタブの縁に跨って、下にいる私めがけて小便シャワーを浴びせてきました。

「咥えて飲め!」と言われ、ジャージャー小便が出ている男根を掴んで咥えて飲みました。

小便を飲み干した後、丹念なフェラチオに移行しました。

唾をたっぷり出して舌を微妙に動かし、私自慢のフェラテクニックを披露しました。

明らかに男の顔色が変わりました。相当、気持ちいいみたいです。

右手で玉袋を優しく揉み、左手の人差し指をアヌスに挿入、私の必殺技、三箇所攻めです。

男は狂った様に声を上げ、断末魔の痙攣の後、私の口の中に大量に射精しました。

男は、その後、私のリピーターになってくれ、口コミもしてくれる様になりました。 おかげでこのバイトは順調にお客が増えつつあります。

世のリストラお父さんも、ちょっと視点を変えれば稼げるんです。

ただし、誰のチンボもしゃぶれればの話ですが。

 

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。