ホーム » 近親相姦 » 【ゲイ体験談】泥酔した父の股間に顔を埋める高校生の末路・・・・・・

【ゲイ体験談】泥酔した父の股間に顔を埋める高校生の末路・・・・・・

ノンケの父とゲイの僕

新潟県在住の匿名さんからの投稿。幼少期に両親が離婚し父子家庭で育ったという投稿者。高校生の頃、父が酔って帰ってきてスーツ姿のまま寝てしまった日があったという。仕方なく服を脱がせてあげる投稿者だったが・・・・・・
先生と生徒の禁断愛
小さいころに親が離婚して、俺は親父とずっと2人で暮らしてきました。

あれは、俺が高一のときでした。

夜、親父が酔っ払って職場の飲み会から帰ってきました。

親父はスーツを着たまま寝てしまったので、 俺は仕方なく寝ている親父の服を脱がすことにしました。

寝てる親父の服を脱がすのはかなり大変な作業で、なんとか頑張って親父を下着1枚にすることが出来ました。

そのとき俺は、親父のボクサーパンツのもっこりに目がいきました。

当時、すでにゲイと自覚していた俺にとって、その光景に興奮してしまいダメだと思いつつも手が延びていました。

パンツの上から親父のチンコを触りながら、自分のもズボンの上から触っていました。

俺は親父が起きないのを確かめて、パンツを下ろしました。

親父のチンコを見るのは小学生以来で、俺はこんな近くで見る大人の生チンコに頭が真っ白になるほど興奮し、すかさず親父のチンコにしゃぶりついていました。

始めは全然勃たなかったけど、しばらくしゃぶっているとだんだん勃起し始めてきた。

俺はそのままフェラをしてると、親父から『う~ん…』と聞こえてきたので、俺はヤバいと思い慌ててパンツを穿かせて部屋を出ました。

次の日、親父は何も言ってこなかったので、俺は気付かれてないとホッと一安心しました。

その夜、俺がお風呂に入っていると、『久しぶりに一緒に入ろう』と笑いながら親父が入ってきました。

俺は親父の垂れ下がったチンコを見て、昨日のことを思い出して湯舟の中で勃起していました。

そして親父は体を洗いながら『どうしてあんな事したんだ?』と 聞いてきました。

俺は心臓をバクバクさせながら『なんの事?』と知らないフリをしました。

親父は『実は途中から目が覚めてな、だけど起きるわけにもいかなくてな…怒らないから理由を言ってみろ』と言いました。

俺はしばらく黙っていて、勇気を出して自分がゲイだと告白しました。

親父は黙り込んで、しばらくしてから『俺の前に立ってみろ』と言いました。

俺は少し迷った後、親父の前に立ちました。

親父は座っているので、俺のチンコと同じ高さに親父の顔がありました。

親父は俺の勃起チンコを見て『俺の裸を見て勃起したのか?』と聞いてきました。

『…うん』と答えると、親父は『そうか』と言って握ってきました。

俺が驚いていると『したかったんだろう?』と聞いてきました。

『うん』と答えると、親父は『じゃあ布団に行くか』と言いました。

俺達は体を拭いて布団に行きました。

親父があぐらをかいて座り、俺がその上に背を向けて座りました。

親父は俺のチンコを触りながら、『しばらく見ない間に立派になったな』と言いました。

すると親父の手が上下に動かし始めました。反対の手は俺の乳首をイジりました。

俺はかなり感じていて、あっという間に精液を大量に飛ばしてイッてしまいました。

親父は俺のチンコを舐めてキレイにしてくれました。

俺は親父の股間に顔をうめてフェラをしました。

その時、俺の片手は自分のアナルを触っていて、3本も入れていました。

親父は俺のフェラを『気持ち良いぞ』と褒めてくれました。

俺はそれが嬉しくて、必死に親父のチンコをフェラしました。

すると親父が『イクぞ!』と言うと、口の中に大量に精液が流れこんできました。

俺はなんとか飲み込んで、口を離しました。

親父のチンコはイッたばかりなのに硬いままで、俺は親父に四つん這いでお尻を突き出して『 いれて!』と言いました。

親父はゆっくりと挿入して、全部入ると『動くぞ!』と言って激しく腰を動かし始めました。

親父はまた勃起した俺のチンコを握って、前と後ろの両方で責めてきました。 俺は前と後ろの両方の快感にかなり喘いでいました。

そして俺と親父はほぼ同時にイキました。

SEXの後、俺達は裸のまま布団にいました。

俺は親父に『親父もゲイなの?』と聞いてみました。

親父が言うには、ゲイではないらしいです。ただ親父は昔ラクビー部にいて、先輩達にいろいろとさせられてこういう行為は何回もしたそうです。なのでそれほど抵抗はないそうです。

納得した俺は裸のまま親父と寝ました。

次の朝、俺は親父に起こされました。

起きると何故か親父は笑っていました。

理由を聞いてみると『朝勃ちしてるぞ(笑)』と言われました。

見ると昨日したのにビンビンに勃起してました。

俺は『若いからいいんだよ(笑)』と言ってやりました。

親父はまた笑って『自分でしてみろ。見ていてやるから』と 言いました。

俺は親父の前で大股開いてオナニーを始めました。

親父はじっくり見てきて、それがさらに興奮しました。

俺が『親父、イキそう…』と言うと、親父はすぐさまフェラをしてきて俺はあっという間に親父の口の中でイキました。

親父はそれを飲み込むと笑って仕事に行きました。

高三になった今でも親父との関係は続いていますけど、めったに最後まではしてくれません。でも今は幸せ感じてます。

 

カテゴリ:近親相姦の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。