ホーム » ガチムチ・体育会系 » 【ゲイ体験談】宅配業者に購入したゲイDVDタイトル見られちゃってwwwwww

【ゲイ体験談】宅配業者に購入したゲイDVDタイトル見られちゃってwwwwww

ガタイのいいイケメン配達員

千葉県在住の会社員さんからの投稿。夏のある日、家で宅急便が届くのを待っていたという投稿者。ゲイもののDVDを注文したらしい。しばらくして宅急便のイケメン配達員がやってきたらしいのだが・・・・・・
野外全裸でフェラチオ
夏の暑い日の夜、俺は家で1人である荷物が届くのを待っていた。

「う~あっちーな〜」

黒のぴったりしたタンクにハーパンで鏡の前に立ってダンベルカールをしていた。物凄く蒸し暑くて汗が毛穴から吹き出し、床にポタポタと垂れる。それが良かった。

腕の筋肉がパンパンにパンプアップし、血管が浮き出る。

「あーたまんね〜」

俺は鏡の前で自分の鍛え上げられたぶってえ腕に興奮する。

黒のタンクをむちむちにする分厚い大胸筋、タンクをまくりあげるとうっすら脂肪が乗っているが割れた腹筋が現れる。

肌は汗ばんでいていやらしく光っていて、俺をますます興奮させる。

「はぁっ…はぁっ…ああたまんねえぜ!」

ハーパンを前を膨らませる勃起チンポを俺はゆっくりと撫でる。

すると、ピンポーンとチャイムが鳴った。

「おっ、来たな!」

俺は汗も拭かず、チンポも膨らませたまま玄関に走って出る。

「こんにちは佐川急便です!お荷物のお届けに上がりました!」

活発そうな、いかにもスポーツマンっていう感じの低い雄声だ。

ドアを開けるとそこには佐川急便の制服を着た男が立っていた。

男らしい感じの日焼けしたイケメンだ。

俺よりも5歳くらい年下って感じだ。しかもかなりのガタイだ。

仕事だけではここまでのガタイにはなれない。きっとジムで鍛えてるんだろう

青縞のポロシャツは逞しい胸板と腕の筋肉でパツパツになっていて、階段を駆け上がってきたため汗ばんでいる。

腕もかなり太く、ぴったりと密着した袖口から日焼けして黒く締まった腕が出ている。一日中働いた男の汗の臭いが鼻を刺激する(うぉっこんなイイ男が来るとは思わなかったぜ)。

「えっと、これっすね」

佐川のマッチョ野郎は四角い小包を渡してくると、にやにや俺の方を見てくる。(なんでにやにやしてんだ?…って、んん!?おい!!)

小包の内容物のところに、しっかりと、はっきりと、佐川の野郎がにやにやする理由が全部書いてあった。

『DVD : 筋肉奉仕!佐川のマッチョ兄貴の淫乱アナルファック!』と。

「あ…っ!!!」まさか、表に書いてあるとは誤算だった。

俺は声を失って固まっていると「お届け者は、えーっと、きんにくホウシ?佐川のマッチョ兄貴の淫乱アナルファック…で、大丈夫っすかね?」

佐川の配達員は俺をにやにや見ている。俺はしどろもどろで答えた。

「あ、え、そ、そうそう!サ、サイン!サインだよな!?ここでいいか?」

さっさとサインを済まそうと俺はボールペンで名前を書きなぐろうとする。と、俺は腕をぐっと掴まれた。

「もしかして、お客さんゲイなんすか?」

「いや、あ、その、なんつーか…」

配達員は煮え切らない態度の俺をぐっと引き寄せると耳元で力強く命令した。

「しゃぶれよ」

低い雄声と耳にかかる荒い息で、俺は頭がかっと熱くなるのを感じた。

気がつくと俺はひざまずいて、一心不乱に佐川のマッチョ野郎のチンポにむしゃぶりついていた。

「はぁっ、うめえ!うめえよ!!」

「あー男なのに上手になめるんだなオイ!男のチンポ咥えてなに興奮してんだよオラ」

「ああっううっ、うめえ!!チンポうめえ!」

「うおっ、くっ、やっべー気持ちいい。お前、自分より年下にこんなことされて感じてんのか?」

「はぁっ、んぐっ、ああっ、年下に、口犯されてっ、感じてるっ!!」

「あ?敬語だろ?おら」

「すいません!年下のチンポしゃぶって興奮してます!チンポおっ勃ってます!!」

「ああーたまんねっもっと舌絡ませろ!」

「う、うっす!!」

俺は必死にチンポに舌を絡ませると、口の中に我慢汁の雄臭い臭いが広がる。

「おい、腰動かすから、歯当てるんじゃねーぞ!」

そういって佐川のマッチョ野郎は俺の髪をつかんで、腰を振る。

激しく乱暴に喉の奥を犯されたと思うと、ゆっくり腰をひねるように前後していやらしく突いてくる。

「おら気持ちいいのか!憧れの佐川のマッチョ兄貴に犯されてどうだよ?ま、兄貴じゃねーけど、へへっ」

「んんんーーー!んぐっ!んぐっ、ぐごっ!!!」

「あ?しゃべれねえほど気持ちいいか?あぁ?」

ものすごい速さで腰を振る佐川のマッチョ野郎は全身汗だくで雄臭さを振りまきながら俺を睨みつける。

「おら、そろそろイクぞ!おら!!!うおっ、イクっ!!!!」

佐川のマッチョはチンポを引きぬくと、俺の顔に亀頭をこすりつけながら、ドビュドビュ射精していった。

「はぁっ、はぁっ、どうだ?俺の精子濃いだろ、へへっ」

俺はもう頭がおかしくなって、ボクサーパンツの中に射精してしまった。佐川の野郎はチンポをしまうとすぐに最初の営業モードに戻ってしまった。

「じゃ、ありがとうございました!失礼します!」

バタンっ。

俺は一人残されて、佐川のマッチョ野郎の精子まみれの顔を指で触り、もう一度余韻に浸りながらオナニーした。

 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:フェラチオの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。