ホーム » リーマン・社会人 » 【ゲイ体験談】昼休みに会社の屋上で日焼けしていた男の結末・・・・・・

【ゲイ体験談】昼休みに会社の屋上で日焼けしていた男の結末・・・・・・

屋上で日焼け

いつものように、会社の屋上で、六尺褌で日焼けしていた時の話です。

ここは鍵がないと入れないので、全裸でも焼ける絶好の場所。

他の社員もおそらくここの存在は知らないので、ほぼ貸切状態。

いつも昼休みに、こっそり行って、焼いてます。

唯一、鍵を持ってて入って来れるとしたら、通称「点検のおっちゃん」。 設備点検のため、定期的に屋上に来るおっちゃんというか、 70前くらいのお爺ちゃんに近いような人。

完全に天下ってます的な団体から派遣されてくるこのおっちゃん、以前から何となく、こっちのカンで、結婚はしてそうだが、 真面目そうで頑固そうで、かなりSっぽい感じがする人で おいらのことを知ってから、やたら話しかけて来るから、 男にも興味あんのかな?...とは、感じていた。

ヘッドホンで音楽を聞いていたが、曲が終わった時に チャリンチャリン♪と鍵の音をさせながら、屋上に上がってくる人の気配。

「あ、おっちゃんだな。」

と確信したので、 一瞬こんな姿見られてどうしようかと思ったが、 変態なおいらは、あえて、気づかない振りして音楽を聞いていた。

「カチャ♪」っと鍵が開く音がして、おっちゃん登場。

「あ、、」って顔していたが、そのまま、歩み寄って来た。

「あ、」とこちらも慌てて気づいた振りをして、会釈。

「へぇー、日焼けか、いいなぁ。」と、返してきた。

「しかも、褌か・・今の若い子にしたら、珍しいじゃん、」

と言いながら、近づいて来て、 もっこりさせた褌を、どれどれと凝視するようにしゃがみ込まれた。

何となく、逃げようにも、隠しようにもなくなったこの状況で、 ふつふつとおいらの変態ぶりが、もっこりをさらにモッコリさせようとしていた。

「汗かいとるから、チンポーの形まで、くっきりやな~、えぇ~、」

とか言いながら、じっくり見えるものは全部見てやろう、みたいな勢いで観察され、

「暑いんで、、」

とか、訳の分からない適当な返事でごまかしつつ、露出を楽しんだ。

(おっちゃんの微妙にチンポーと語尾が延びるのが、これまたやらしい。)

「すげぇなぁ、大きくなってきよるんちゃうかぁぁ??」

「へへ、、」

「若いからなぁ、羨ましいわ、俺はもうこうはならんしなぁ、。」

立派、立派とか言いながら、何気に自然と竿を触ってる。ま、いいか。

おっちゃんは、点検ための記入シートと鉛筆と、肩からはカメラをぶら下げてる。

明らかに点検しに来た作業者という出で立ちで、点検しているものが おいらの股間とは、そのシチュエーションだけで、改めて勃起して来た。

おっちゃんが、ニヤッと含み笑いして、冗談っぽく、悪ふざけたように じゃぁ、ここも点検するか、みたいな感じで、 褌の中で窮屈そうに膨らんだ股間にメジャーを当てて来た。

えっ?!

とは思ったが、悪ノリにこちらも付き合ってやろうと、 さぁ自由にどうにでもなれといった具合に、腰を突き出してみた。

「竿~cm、玉~cm、太さ~cm、ってとこかな~」

とか言いながら笑ってる。

「でも、出して計らないと正確なサイズじゃないな」

と言って、 なにかを要求した目で見つめられた。 察したおいらは、

「はいよっ!」とばかりに、六尺から竿を取り出してみた。

「おおーー、立派/」

この変なシチュエーションにさらにテンションとアレが持ち上がる。

再度、採寸し直すのかと思ったら、 雁もええし、テカテカしてるし、ここ血管すごいな、固なって、長さも・・・ とかいいながら、チンポーをこねくり回す様に、握りながら、雁を擦ったり 太さを確かめるように、つまんだりして、あちこち見てくる。

「あぁぁ、、、、」と、もらしてみた。

ふっと何か気づいた様で、

「元気いいからな、そんな気分にもなるやろ?」

と、いたずらな笑みを浮かべて、どうだと言わんばかりの顔。

下は、あちこち触る手を止めないでいると、

そうだ!と言って、 今度はカメラを構えた。

「安心して、この元気なチンポー、『問題なし』ってことで一枚撮るだけ。」

えぇぇ、、、って思ったら、もう、ここまで来たら、拒否できないオーラがあって、 はい、と言って、力を入れた。

いいね、いいよ。と言いいながら撮った写真を見ながら、 一人でにやけてる姿に、してやられた感じがしたが、見せてと言ってみせてもらった。

「毎日出してるんやろ、」

と今度は急にオナニーの話になり、 だったら、ここらで一発出してみろよ、という雰囲気に、またまた挑発させられここでか?と思ったが、断る前に、おっちゃんが、チンポーを握って来た。

「こうか? こうして出してるんか??」

と、どんな扱き方がいいかを確かめるように 色々試し試しで位置をずらしたり、握り具合を変えて、扱き始めて来たので ああ、もう、出すしかないと腹をくくって、臨戦態勢へ。

のけ反って、あ、あぁぁってあえて声を大きめに出して、 おっちゃんに感じてる、気持ちいいよって、アピールしながら、 頭の中で、もっとエロい展開を妄想してたら、一気に果てた。

「おお、すげぇな、..顎のとこまで・・・」

と、ほぉーーと眺めるように 散らばった精子を一点一点探すように、くまなく見られていた。

今度は、~日に点検あるから、と暗に次回もここでな、という約束をして 去って行った。

最後に、にやっと笑った顔が、どうにもSっぽい、いじわるな笑みだった。 今後は、何をされるんだか。。。

 

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

カテゴリ:変態オナニーの最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。