ホーム » トコロテン » 【ゲイ体験談】からかい半分で行った発展トイレで返り討ちにされた結末・・・・・・

【ゲイ体験談】からかい半分で行った発展トイレで返り討ちにされた結末・・・・・・

小汚い3人の男たちに・・・

都内在住の匿名からの投稿。去年、発展トイレに行ってきたという投稿者。小便をしていたところ、早速、若い男性が覗き込んできたという。少しからかってやろうと相手のアピールを完全に無視して扱き続けていた投稿者だったが・・・・・
夜の発展公園
発展トイレに行ってみると、見るからに挙動不審な老けてはいるけど20代前半くらいの怪しい奴がいました。

俺が小用で用をたしていると覗き込むように顔を近づけてきます。

からかってやれとしごいて見せると、嬉しそうに自分のものを激しくしごき始め、俺に見せようとしましたが、俺は知らんぷりでしごき続けて見せつけていました。

人が入ってくる気配がしたので、便器に近付き隠すものを隠し、何事もなかったようにしていると、なんとそいつは俺の隣に人が来たのにもかかわらず手を伸ばして来たのです。

慌てて手を振り払おうとしましたが、そいつは堂々と俺の手を払い返し、そこそこ固くなっているペニスを握りしごき始めました。

俺は両手でそいつを押しのけようとしましたが、何と先ほど入ってきた人に背後から押さえつけられてかなり慌てました。

見ると脂ぎったおっさんです。

オッサンは「押さえてるから続けなよ」と怪しい奴に言うと、 俺のベルトを外し、ズボンをガバッと下ろしてひざま付いてしゃぶり始めました。

すると再び入口に人の気配がして良く見かけるジジィが入って来てしばらく眺めていましたが、いきなり近づいてきて俺の尻の穴に指を入れ始めました。

「よせっ!」と大声で言うと、口を押さえつけられ3人がかりで個室に連れ込まれました。

半下しのズボンは完全に脱がされてしまい、下半身はすっぽんぽんの状態に。

おのおのがいそいそとズボンを下ろしたり、チャックからいきり立ったものを引っぱり出したりしていましたが、逃げようにも誰かが俺を押さえつけており、逃げる事も出来ぬまま準備は整ってしまい、どっから取り出したのかローションで尻もペニスもヌルヌルにされてしまい、最初の怪しい奴がゴムをつけていきなり俺の尻の穴にいきり立ったモノを入れて来ました。

“うへぇ、こんな奴に…”と思ったのもつかの間、 奴のペニスはヌルっとスムーズに俺の尻の穴に収まってしまいました。

これがまた悔しい事に気持ちいい。

オッサンとジジィに両腕を掴まれペニスを握らされ、シャツの中に手が入れられ乳首をいじられる。

“こんな気持ち悪くて汚い奴らに…”と屈辱を味わいながらも、これがまたみんながみんなテクニシャン。

もともと感じやすい俺だが、我を忘れて快感に喘がされるのに時間はかかりませんでした。

怪しい奴は角度を定めて的確に俺が感じる角度で突いてくる。

オッサン&ジジィは乳首に留まらず、的確に俺の感じる場所を強弱をつけて刺激してくる。その代りじらしているつもりなのか、ペニスにはほどんど触らない。

しかしながら3人の責めに俺のペニスはもはやギンギン状態。

ちらっと己の息子に目がやると、先走りが糸を引いて滴っている。

怪しい奴のペニスが俺の尻の中で太さと固さが増していく。

「あぁぁぁ…」

俺は恥も外聞もなくあえぎ声を洩らしてしまった。

怪しい奴が俺の中でイッたのが分かった。ゴム越しに奴の 熱い精液がドクドクと出ているのが分かる。

その熱さもまた心地よく、奴の最後のビクッビクッと言うペニスの起立する動きに合わせて力が抜けていく。

オッサン&ジジィが声を揃えて「おぉぉ!」と歓声を上げる。

何事かと思って2人の視線の先に目をやると、何と俺のペニスの先からドロっと精液が漏れていた。 トコロテンでイカされてしまったのだった。

怪しい奴がヌルッとペニスを抜くと、今度はオッサンがゴムを慌てて付けて俺を洋式便器に寝かせ、正常位で入れて来ました。

足を広げさせられ持ち上げられてされるがままです。

オッサンは最初から早いペースで腰を動かし、その振動が俺の玉袋を刺激します。

先程は不意の一撃でしたが、今度はハッキリとその振動によって射精感が高まっていくのが分かります。

なかなかイク様子がなく、俺の方が先に参ってしまい、再び精液を漏らしてしまいました。(イクと言うより漏らすといった感じ)

それでも容赦なくオッサンは腰を振り続けます。

ジジィがその間、自分でしごき続けていましたが「あぁぁ、イっちゃう」と言うと、俺の顔めがけて精液をぶっ放しました。

怪しい奴は俺の乳首をいじったり、俺のペニスを俺自身の精液を使ってグリグリグリといじったり、写メで俺の無残な姿を撮りまくりです。

オッサンが「よしイクっ」と言うと、ズルッと抜いてスポンとゴムを取り、俺の顔めがけて大量の精液をぶっ放しました。

ジジィとオッサンの精液で顔がグチョグチョです。

これでやっと解放される、と思ったのが甘く、その後しつこく3人がかりで身体を弄ばれ、すっかり俺の感じどころを完全に把握され、執拗に責め続けられ、さらに2度ほど精液を絞り取られました。

凄く気持ち良かったのだが、相手がこ汚い3人組で、それでも感じまくって喘ぎまくってトコロテンしてしまったり、無理やり絞り取られたかと思うと、悔しいやら情けないやら恥ずかしいやらの複雑な思いです。

どーでも良いのですが、俺の穿いていた買ったばかりのハッテン場用ケツワレを返して下さい。

もう発展トイレで、からかい半分に人を挑発しません。いい勉強になりました。

 

カテゴリ:トコロテンの最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。