ホーム » 中出し・種付け » 【ゲイ体験談】歴代乱交ベストメンバーが集結した結末・・・・・・

【ゲイ体験談】歴代乱交ベストメンバーが集結した結末・・・・・・

乱交種付け祭り

都内在住の学生さんからの投稿。数年前から、頻繁に乱交していたという投稿者。その甲斐あって乱交メンバーも増えたそうだが、ある日、セフレの提案で選りすぐりの10人を集めて乱交する事になり・・・・・・
身体を鍛え上げた男達
もう3年ぐらい前になるけど、よく家で乱パしてた。

自分の中のルールでガタイ、顔、マラのどれか2つが良ければ乱パ仲間みたいな感じで着々とメンバーを増やしてた。

自分で言うのもなんだが、デカチンリバで、体も鍛えてるお陰か、俺目当てで来てくれる仲間も結構多い。

ある日一番の常連(笑)のちびマッチョのウケが「今度ホテルで皆でやろうぜ!俺の地元のセフレで色黒マッチョのめっちゃエロいやつが仕事で東京のホテル泊まるらしくて、俺が乱パ良くやってる話したらノリノリで、そいつの泊まってるホテル使っていいっていうから。」と。

それを聞いて、今まで来た選りすぐりの10人ぐらいにメールしたら、何と全員オッケーだった(ってどんだけだよって感じだけど)。

まず最初そいつのホテルにちびマッチョと行くと、地元のセフレとやらはマジでかっこかわいい色黒マッチョで、久々に掘られてぇーーって一瞬で思った、ってかシャワ浣してきて良かったって思った(笑)。

そのちびマッチョが「な?エロかわいいだろ?」なんて言いながら触り始めると、色黒マッチョは目がトロンとしてこっちを見てる。

たまらずDキスを色黒マッチョとすると、ちびマッチョもくわわって三人で舌をしばらく絡めながら乳首をつねりあってた。

お互いマラをまさぐり始めると、色黒くんもなかなかのデカチン。

ちびマッチョは俺と色黒君のデカチンを引きずり出すと、交互にくわえ始めた。

そうすると、色黒マッチョ君も「俺もしゃぶりたいっす」なんて言い出して、俺のマラをWフェラ!

そこで「コンコン」って扉を叩く音がしたから、時計見たら2人遅れて到着するやつを除いたら、8人の到着予定時刻になってた。

ちびマッチョに迎えに行かせたら同時に3人入ってきた。

3人とも俺のデカちんをしゃぶる色黒マッチョに目を奪われてる。

その3人も童顔の太マラ君、学生君、スリ筋超デカチン君と、どこに出しても恥ずかしくない歴代乱交エロメンバーベスト5(笑)。

さっさと皆服を脱ぐと、一斉に色黒マッチョ君の両方のチクビとマラにしゃぶりついてきた。

ちびマッチョ君は前に面識のある3人だったのもあり、迷わず乳首攻めしてるスリ筋超デカチンを食いに行ったw

そのあと俺と色黒マッチョ君が69をしてると、俺の目の前では学生君と太マラ君が69してる。

学生君の綺麗なケツマンが見えたので思わず指を入れてみると、太マラをしゃぶりながら「うぅうぅ」言ってる。

すると超デカチンとちびマッチョが同時に俺と色黒マッチョのケツをなめ始めた。「ああああん」と、たまらず大声が出てしゃぶっていられない俺ら。

ちびマッチョは俺のマラが今までで一番いい所当たるし最初にいただきたいって言ってただけあって、色黒マッチョがしゃぶってた俺のチンポをひきはがし、速攻ローションで生挿入。

俺もこいつのケツは最高だと思ってたし、いきなりの快感にたまらず「最高!タクの生マンコ」ってでかい声あげちまったw

ケツマンの中のヌルンヌルンを味わってると、隣では超デカチンにローション塗りたくって色黒マッチョのケツマンを狙ってる・・・

こいつのケツマンも最初に俺がいただきたかったのにな〜なんて贅沢なこと思って見てると巨大な亀頭が入らずに苦戦中。

「いきなりこれは無理ですよ」

なんて色黒マッチョが言ったのを見て、小休止してた学生君が「おれが入れたい」と言わんばかりに後ろに張り付いてた。学生君はいつも掘り倒される方なのに。。俺と一緒でよほど色黒マッチョが気に入った様子。

そうこう言ってるうちに若い10代の生チンがずぶずぶと入れられてく。

俺はバックからちびマッチョを責めることにして、太チンをしゃぶりながら、チビマッチョには超デカチン君をしゃぶらせた。

その後、ちびマッチョに超デカチンをゆっくり入れて、俺は学生君と交代して念願の色黒マッチョ君のマンコへずぼ!! ああ、グジョグジョで気持ちいい。

「トロトロのすげぇマンコだな?たっちゃん(学生君)中だししただろ?」って言ったら「ばれました?」だって(笑)

その後もう2人来てとっかえひっかえやりまくって、最後には超デカチンまで入れられる羽目になった。確かに亀頭が入るだけでもすごい圧迫感!(500円玉が3個乗るって言ってたしw)

そのまま生でずぼずぼやられて、学生君の2発目の種も入ってたし、グジョグジョになって、もう「あぁ!!あぁ!あぁぁ!!」しか言えないw

そんな状態でも俺のデカチンも臨戦態勢に入り、太マラ君を引き寄せてケツマンにすりつける。太マラ君はタチだが、まんざらでもないようで「初めてなんで、いきなりこのサイズは無理ですよ」なんて言い出してたかと思ったら「ユックリ入れてください」とか言い始めた。

そんなこと言われてもバックからデカマラが容赦なく打ちつけてくるからゆっくりなんて出来ないんだよね。

入らなくてもどかしそうにしてると、「ちょっと慣らしてきます」って言ってローション片手に風呂場へ。

久々にケツ入れられたのに、この超デカチンだったので、限界が来て乳首をあとから来た二人になめられてたので、人生初のトコロテンをしてしまった。。

恥ずかしそうにしてる俺を見て、乳首をなめてた後発メンバーのイカニモ坊主君(かなりのイケメン)が俺のマラをしゃぶり始めた。

何か半端じゃなく気持ちよくて恍惚となってたら、両手に2本のマラが握らされた・・・

もう無理って思ってたら一番奥まで超デカチンが挿入されて、中だしされてるのが分かった。。

その後、イカニも坊主君をはめて、太マラ君の初物をいただいて、三連結して3発中だしして2発中だしされて、超満足で終わった。

特に若い学生君の発射はおびただしい量ですげー興奮した。

そんなにでかくはないけど「ぶしゅ!」って精液が出続けて1分ぐらいケツマンが精液で満たされて行くのが分かる。

5回目ぐらいに出した時も無理やりたたせたくせに精液はめちゃくちゃ飛んで、ちびマッチョが顔射されて恍惚となってた(しかもこの二人後で抜け出してまたやったらしい)

ただ色黒マッチョ君はザーメンまみれのホテルに泊まることになり、悪いことしたなぁと思って、その後残った4人で飲みをおごってあげた。

飲んでる最中にセックスに夢中過ぎて、着いてたのに部屋入れなかったセフレの奴らにも謝りメールしたら、飲みから帰ったらやっぱり皆目的がそれだったようでホテルに来たいと言ってきた(笑)

結局、また皆で色黒マッチョ君をまわして種付け!

皆でそのザーメンまみれのホテルに泊まって翌朝もローションでしごき合って出した!(どんだけだよ。) すげぇ良い夜だった~。

また乱交やりたいな〜。

 

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

カテゴリ:乱交の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。