ホーム » 巨根 » 【ゲイ体験談】発展公園で無理矢理イラマチオされちゃって・・・・・・

【ゲイ体験談】発展公園で無理矢理イラマチオされちゃって・・・・・・

大量口内発射され・・・

都内在住の会社員さんからの投稿。先日、セフレとその連れの3人で発展公園に行ってきたという投稿者。そして、初めての複数プレイを体験したんだとか。2本のチンポを交互にネットリしゃぶる投稿者だったが・・・・・・
フェラするリーマンさん
僕は去年この世界にデビューした23歳のウケです。

この前、セフレが連れてきた人と近所の発展公園で初めての複数エッチを経験しました。

セフレと連れの人の2本のチンポを交互にフェラしていると、僕はチョー興奮してセフレにいつもしているフェラよりもネットリとイヤらしくしゃぶっていました。

すると、少し離れた場所から誰かが僕らの行為を見ているのに気付きました。

しかし、それがまた興奮剤になって見せつけるように2本のチンポをしゃぶっていると、連れの人が僕の顔に発射して、その後すぐにセフレが口内に発射しました。

二人とも出し終えると身支度を整え始めたので、僕はもの足らないと2回目を催促したのですが二人は満足したようで帰ってしまいました。

仕方なく僕も顔についた精子を拭き取り帰ろうとすると、行為を見ていた人が僕に近付いてきて目の前に立つとジーパンからボロンともの凄いデカチンを出してきました。

発展場で知らない人とそんなに経験が無い僕が躊躇していると、その人は僕の前で自ら扱き始めムクムクとデカチンが更に大きくなってきました。

僕は黙って見ていると、少しずつその人は僕の顔にデカチンを近付けてきました。

僕の顔から10cmほどしか離れてない至近距離で皮余りなデカチンの亀頭が出たり隠れたりグチョグチョと扱かれています。

僕も興奮覚めない状態だったので自然にゆっくり口を開けると、またデカチンが近づいてきてとうとう先っぽが唇に触れてきました。

僕は舌を出して扱いているデカチンの先っぽをチロチロと舐めてあげるとヌルヌルした我慢汁の苦い味がしたので『ウ"ッ!?』と僕が少し口を離すとその人は慌てて僕の頭を押さえて一気にデカチンを口にねじ込んできました。

『ン‥ウグッ!?』と僕が呻き声を上げてもその人はデカチンを抜いてくれません。

更に喉奥に突っ込んできたので、僕はすごく苦しくてその人の太ももを叩き「抜いて欲しい」合図をしました。

しかし、その人はデカチンを抜く気配は全く無く、それどころか僕の頭を押さながら激しく腰を振って喉を犯してきました。

口の中で歯が当たっていてもお構い無しでデカチンが出し入れされ『オ"ェ‥グフ‥』と喉声と胃液と唾液でグチャグチャとイヤラしい音が響きます。

初めは苦しさだけの僕でしたが、だんだん無理矢理されている行為に興奮してしまい鼻息が荒くなり僕からも頭を振ってデカチンを奥まで飲み込んでしまいました。

そしてその人は終始激しく腰を振り最後は僕の口の中でデカチンをビクビクと痙攣させると、大量のザーメンを口の中に発射させました。

『ウ"ッ!?オェ』とあまりのザーメンの勢いと量で僕が噎せて口からザーメンを吐き出すと、その人は僕の口から垂れたザーメンを手ですくいデカチンに塗って再度、口に突っ込んできました。

僕はその人のザーメンを口で吸ってデカチンを綺麗に掃除するとその人は何も言わず暗闇に消えて行きました。

結局、その人の顔もはっきり見ずに会話も無しだったけど、凄く興奮した一日でした。

知らない人とエッチするのもたまにはいいもんですね。

 

カテゴリ:巨根の最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。