Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » フェラチオ » 【ゲイ体験談】親友が教えてくれた「オナニーの日」の結末・・・・・・

【ゲイ体験談】親友が教えてくれた「オナニーの日」の結末・・・・・・

オナニーの日

 

19才の時です。

 

高校時代の親友が大阪の○○専門学校に行ってて。

夏休みに帰って来るって話だったんだけど、バイト(住み込み)が忙しくて帰れない、逆にオマエが遊びに来いというので遊びに行った。

 

ボロボロのアパートで4畳半2部屋に二段ベッドを2台並べてある、刑務所みたいな所で。

 

親友と一緒に暮らしているのが、同じ専門学校に行ってるK君。

初対面の僕が泊まりに行っても嫌な顔せず、

 

「ゆっくりしてくれ」って。

 

ボロアパートには風呂がなく、近所の銭湯に3人で行った。

僕は前を隠したけど、親友もK君も全然隠さず。

3人でサウナに入り、水風呂に。

サウナで誰が一番長く入っていられるかを勝負した。親友が負けた。

 

「風呂上がりにジュース奢れよ」とK君に言われ、

 

「今度は水風呂対決だ」

 

と水風呂に、どれだけ長く入っていられるかを勝負した。

サウナは我慢出来たけど、水風呂は我慢出来ずに、僕が1番最初に脱落。ジュースを奢りたくない親友が我慢して我慢して、勝利。

長く入り過ぎて、チンポが縮みまくって、皮までかぶってて。

 

「あ、皮かぶった」

 

と言いながら、僕らが見てる前で剥いてみせた。

高校の修学旅行の時には、みんな必死に前を隠してたのに。

チンポ丸出しで堂々としている親友を見て、ちょっと驚いた。

 

風呂から上がり、ボロアパートに。大阪の夏は暑い。

暑いのに、親友たちの部屋にはクーラーがなく、扇風機が1台あるだけ。 暑い部屋の中で3人で寝る事になった。

 

「さて寝るか」

 

と言うと、親友たちは、服を脱ぎ出し、素っ裸になった。

 

「どうしたの?」と聞くと

 

「暑いから、脱がないと寝れねーぞ」と。

 

「俺はいい」

 

と、パジャマ変わりのTシャツと短パンで寝る事にしたけど、暑くて暑くて。上のTシャツだけ脱いだ。

それでも暑く、短パンを脱いで、パンツ1丁になった。

 

まだまだ暑く。

 

こんなに暑いのに、親友たちは寝息を立てていて。

2人とも寝てるし、パンツも脱いでしまえ、と、僕も素っ裸になってみた。全裸でも、暑いもんは暑かった。

 

暑いけど、そのうち睡魔が襲ってきて。

 

「パ、パンツ履かなきゃ…」と思いながら、寝てしまったみたいで。

 

ガサガサする音で目が覚めた。親友たちが出掛ける準備をしていた。

 

「おはよう。バイトあるし出掛けるわ」と。

 

「行ってらっしゃーい」と送り出した後、素っ裸だと思い出した。

 

チンポ皮かむってた…。二人に見られちゃった…。

夜に二人が帰ってきた。三人で銭湯に行った。

チンポ見られちゃったし、僕も前を隠さずに入った。

 

風呂から上がり、コンビニに。週刊誌のヌードグラビアを見て、

 

「よく頭に焼き付けとけよ」と言われた。

 

ボロアパートに帰り、親友たちは、また素っ裸になった。僕も素っ裸に。

 

「今日はオナニーの日だから」と親友が言った。

 

「????」

 

なんだか、よくわからなかった。親友は何を言ってるんだろう?

と思っていたら、K君が

 

「まずは、お客さんに楽しんでいただきましょう」と。

 

親友も「それも、そうだな」と。

 

「じゃ寝ろ」

 

と言われ、横になると、親友が俺のチンポを握ってきた。

 

「????」ますます意味不明。K君は乳首を触ってきて。

 

「あ、なんか気持ちいい…」と、思わずつぶやいた。

 

「お、大きくなってきたきた」と親友が言った。

 

確かに、チンポが段々と大きくなってきたきた。すると親友がチンポをペロッと舐めてきて、そしてパクりと。

 

「え、えーっ????」 ビックリした。

 

「俺、下手なんだよね。K頼むわ」と。

 

「オッケ~」と、今度はK君がチンポをパクリ、と。

 

気持ち良くて。

 

「イク時はイクって言えよ」と親友に言われたので、

 

「あ、イキそう…」

 

と言うと、K君はチンポを口から離し、手コキしてくれて。

イッてしまった…。

 

「一気に行くわ」

 

と、K君は親友のチンポもパクリと。 不思議な光景だった。

親友もイッた。

 

これはホモ行為だ、と思いつつも、さっきフェラしてくれたK君に、感謝の意というか、なんというか。

親友がK君を攻めるのを見ていたら、自然と僕も参加していて。

最終的には、K君のチンポをフェラしていた…。



 

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索