Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】公園トイレで浮浪者にフェラされた厨房の話

【ゲイ】公園トイレで浮浪者にフェラされた厨房の話

浮浪者にフェラされた厨房

 

私が中学生の時に夜、自転車でぶらぶらサイクリングするのが好きだった頃、小便したくて立ち寄ったのが言○橋を渡った墨△区側の公園のトイレ。

 

入ると一面にHな落書きで興奮し、個室はどんな感じって覗いてみると

4面に凄い落書き。

興奮して個室に入り、色々な落書きを見ながらオナニーしているとそこには気になる一行が。

 

『扉を少し開けてオナニーすると気持ち良いよ』

 

興奮していた私は、その落書きを真に受けて鍵を開け扉を少し開けてみた。

 

すると、隙間風が入ってきて興奮で勃起し熱気を帯びている淫茎に冷たい風が当り、それがとても気持ち良い。

少し扉を開けたまま、4面に書かれている落書きを読みながらオナニーしていると、突然扉が開かれて浮浪者ッぽい人が突然入ってくると扉を閉め鍵を掛けてしまった。

オナニー現場を見られイチモツも出したままの私は恐怖で固まってしまった。

 

その人は何も言わず近寄りしゃがみ込むと、いきなりフェラ。

今まで自分がやっていたオナニーは仮性包茎の皮を上下するやり方。

 

初フェラで、しかも仮性包茎の皮と亀頭の間に舌を上手く入れて亀頭をペロペロ撫で廻すうちに唇かなんかで、皮を剥き亀頭を完全露出させ淫茎を口に含んだまま舌で亀頭を撫で回す。

 

今まで亀頭を自分ですら触ったこと無かったので、その刺激は強烈。

感じ過ぎて、痛い様なくすぐったいような気持ち良いような訳が分からない状態。

 

強烈過ぎる刺激で射精には至らない。しかし尚も亀頭を刺激してくる。

感じ過ぎて腰砕けになり立っていられずしゃがみ込もうとする私の腰を押さえ壁に押し付け、しゃがむことも逃げることも拒否することも出来ず、強烈な刺激に悶え苦しみ泣きが入るくらいの悲鳴にも似た声も漏らしてしまう私。

 

もう何がなんだか頭が真っ白に成り始めた頃、唇を窄めて淫茎全体を上下に扱き始めると、あっという間に口の中に果ててしまった。

 

射精させたことに満足したその人は、ハンカチで唾液と精液でビショビショの淫茎を優しく拭きぬぐうと、

 

『また、して欲しかったらここに来て扉を開けて待ってなさい』

 

と言い残し去って行ってしまった。

それから暫らくは、病み付きであしげく通ってしまった。



 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索