Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » 外国人 » 【ゲイ体験談】咽喉フェラでデカマラ黒人に喜んで頂きましたwwwwww

【ゲイ体験談】咽喉フェラでデカマラ黒人に喜んで頂きましたwwwwww

喉奥で咥える

京都府在住のデカマラ好きさんからの投稿。他人のデカマラでガン堀りされたい願望をお持ちの投稿者の前に、1人の黒人男性が現れる。外国産のデカマラに興味津々の投稿者は・・・・・・

デカマラ黒人

 

数年前から通っているハッテン場に、久しぶりに顔出してみた。

 

デカマラでガン掘りするのが好きだが、ここに来るときは基本的にウケ。

 

たまには日本人には無いようなデカマラでガン掘りされて、気が狂いたい時もある。要は、スケベって事やねんけど。

 

で、早速ガタイのでかい黒人発見。もう、見るからにでかそ〜。

 

タオルと手でモノを隠しながら歩いていたが、隠しきれてないデカブツにググッときた。

 

竿は真っ黒で、亀頭は赤紫色。ぶっといデカマラだ。

 

ケツはしっかり洗ってきているし、ゴムもオイルも準備万端。

 

明るめの場所で手を出すとOKだった。

 

比較的早い時間だったおかげか、鍵無しの個室が空いていたので、そこでスタート。

 

最初は黒人が立ったままで、俺がひざまづいて尺八してたんだけど、マラが膨張する度に口からあふれ出てしまうデカさ!

 

どうしても咽喉まで受け入れたくなって、ヒザを叩いて合図した。

 

黒人は俺の意図がわかったのか、ひざまづいてくれた。

 

俺は四つんばいになり顔をあげて、咽喉が真っ直ぐに開くのを意識しながら、もう一度デカマラをくわえ込む、というか飲み込む感じかな。

 

大抵のモノならこの姿勢で飲み込めるのだが、咽喉尺自体かなり久しぶりなので、できなくなってた。どうしても吐き気をもよおしてしまう。

 

呼吸を整えてもう一度チャレンジすると、今度は咽喉辺りまで亀頭が入り込んだ。

 

黒人はこの状態が気に入ったらしく、頭に手を添えたままよがり声を出している。

 

こっちも気合い入れてしゃぶっていると、いつの間にか個室に誰か入っていたらしく、四つんばいになってる俺のケツを撫でる手があった。

 

今のギリギリの姿勢でうまく咽喉尺できているので、拒むのも面倒くさくて、目の前のマラだけに意識を集中した。

 

すると、後ろの奴は、俺のケツとマラをオイルまみれにして、穴と亀頭を同時に責め始めた。めっちゃ気持ちいい。

 

亀頭をグリグリこねながら、ケツ穴に指を一本、二本と増やして、オイルを塗り込んでくる。

 

誰か知らないが、拡げる面倒も無くていいと思い、俺の下半身はそいつに任せて、デカマラをガツガツくわえる。

 

指が何本入っているのか確認はしてなかったが、結構ケツが拡げられて少しだけ痛みを感じ始めた。

 

こんな軟弱なことじゃあ、このデカマラを受け入れられないと思い深呼吸するようにケツの力を抜く。

 

そのために来たんだから。

 

大きく息を吐いて体を完全に脱力させた時、ケツにグリグリッとでかいものが押し込まれた。

 

えっ!?な、なんやねん!と思ってケツに手をやると、オイルまみれの女みたいな細い腕が俺のケツ穴にズッポリはまっていた。

 

え?まさか俺フィストされてるんか?

 

思った途端、腕突っ込んでるやつが、ゆっくり腸を撫でるように拳を動かし始める。

 

ぐああぁっ!

 

まるで膀胱パンパンの時に排尿する様な感覚が俺の下半身を責める。

 

同時にグリグリと亀頭責めされて、気が狂いそうになって大声が出てしまった。

 

漏らしていないかと思い、布団に手をやると小便ではなく精液を漏らしていた。

 

でも、いってしまったのとは違い、ケツが痛くならない。

 

ずーっと放尿してる感じが続く。

 

とにかく気持ちが良すぎて苦しくて、今思うと恥ずかしい位声あげていたと思う。

 

ぷっつん切れて、とにかくケツをガンガンに拡げられる感覚しかわからなくなっていた。

 

知らない間に意識失ってて気がついたら汗だくで寝転がっていて、部屋には誰もいなかった。

 

ケツに手をやると、ケツ穴の粘膜が腫れ上がっていてガバガバになっているのがわかる。

 

黒人は?と思ったけど、ぼーっとした頭で掘られている感覚もしたので、少し力んでみるとケツからドロドロと大量の精液が・・・。

 

せっかくゴム用意してたのに、生でやられたらしい。

 

でも、頭がとにかく働かなくて、手にすくった精液をそのまま口に運んで余韻を楽しんだ。そのあと、休憩してた黒人と二回戦に突入。

 

もちろん、種付けでした。



 

カテゴリ:外国人の最新記事

カテゴリ:巨根の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索