Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » 外国人 » 【ゲイ体験談】ずーっと挿れっぱなしにしてくれた巨根外人の結末・・・・・・

【ゲイ体験談】ずーっと挿れっぱなしにしてくれた巨根外人の結末・・・・・・

超デカマラをドリブルフェラ

愛知県在住の公務員さんからの投稿。とにかくデカいチンポをしゃぶり倒したくなった投稿者は、掲示板で募集する事に。たくさんの返事をもらったがデカさ基準で選んだ結果・・・・・・

挿れっぱなしにしてくれた巨根外人

 

さて、昨日の出来事を報告します。

 

一度でいいから口に余るくらいのチンポをしゃぶりたくて、某掲示板に書き込みして募集したところ、画像付きでたくさん返事が来た。

 

その中でも一際でかいモノに心奪われ、早速連絡取って会うことに。

 

そしてそこに現れたのはナント外国人!日本語はペラペラ。

 

ゲイ歴10年だけど外国人とは経験なし。

 

どうしようかなあって考えてたんだけど、画像で見たチンポを思い出すと、やっぱりどうしてもやりたくなって決意。

 

さっそく車の中に移動し、思いきって奴の股間に触れると、もうそれはそれは・・・。

 

ズボンを降ろすと真っ赤なビキニを穿いてたんだけど、穿く意味有るの?ってぐらいデカくて、既にチンポがニョキッって飛び出て、反り返ってた。

 

またその反り具合にそそられて、あんぐりとそのデカチンポを咥えた。

 

いや咥えこんだの方が正しいかも。

 

このサイズになると、いくらシャブリの名人でも根元までくわえ込むのは到底不可能。だけど俺は気持ちよくなってもらおうと、より深く咥えこもうと必死でした。

 

泉のように次から次に溢れる我慢汁をジュルジュルと音立てながらしゃぶる。

 

頭を捕まれ、より深く咥えさせようとする。喉奥が悲鳴をあげる。

 

そうしながらこのチンポがケツに入ってきたらすごいなあって勝手に想像してると、彼がケツマンやりたいっていうから雰囲気でOKしちゃった。

 

家に連れ込み2人でシャワー浴びながらふと、アレのことが気になったので確かめると、1週間前に検査した結果の紙を見せてくれて安心。

 

だけど外国人はゴム付けて犯るのが普通だと思ったので恐る恐るどうするか聞いてみると、反対にゴム付けた方がいい?って彼に聞かれたから、NO!って言ったら喜んじゃって速攻でベッドへ。

 

話には聞いてたけど、外人ってキスがメチャクチャ上手いね。

 

俺もかなりキス魔だけど、ネットリと舌が絡みついてくる。

 

それだけでメロメロ。しかもガツガツせずゆっくりと時間をかけてくる。

 

全身をキスされなめ回され、俺のチンポを深く深く咥えこんでくる。

 

ただ上下してるだけじゃなく、そうしながら長い舌で亀頭周辺を攻めてくる。それがすごくイイ。

 

俺のチンポからトロトロと我慢汁が出てるのが自分でも分かってくる。

 

自然な感じで69状態になり互いのチンポをゆっくり時間をかけてしゃぶりあった。

 

時折、俺のケツマンをほぐしながら舌先で攻めてくる。

 

絶妙な舌使いで思わず声が漏れる。

 

ケツマンの前にまず1発、ザーメンを飲みたかったのでお願いすると奴が仁王立ちになり、俺が膝を着く様な感じでチンポを咥え込む。

 

シャブリながらでも肉棒をしごける長さなのでドリブルフェラと激しいしごきで攻め、まず1発目を頂いた。

 

すごい勢いと量のザーメンでむせかえるほど。

 

最初は喉の奥にドピュッではなくドバッって感じで飛んできて、次からはドクドクって感じで俺の口の中をザーメンで満タンにしてくれた。

 

奴がキスを求めてきて、まだ口に残るザーメンを互いの口に行ったり来たりさせた。

 

そのザーメンを半分くらい俺の口から奪い、俺のケツマンへ塗りたくり、奴のチンポへも塗りたくって挿入し始めた。

 

いつもなら痛さよりも気持ちよさの方が感じるのに、その時はさすがにその太くて長いチンポが入る瞬間、ウグッっていう感じで痛さを感じた。

 

でもそのチンポが俺のケツマンを埋めると思うと快感に変わってきた。

 

ゆっくりとそのでかいチンポを埋めてきた。

 

そして最初はズッポリとハマったまましばらく抱き合いネットリとしたキスを楽しんだ。

 

キスする度にケツマンがチンポを締め付けてるようで、奴がOh!と囁いていた。

 

俺のチンポから溢れてる我慢汁を奴が手ですくい、量が溜まっってくるとキスしながら俺の口に流し込んでくる。

 

我ながらこんなに出てるのって思うくらいの量。

 

そしてゆっくりと腰を動かし始めてきた。

 

チンポを深く挿入し、根元まで入ってきたときはズドンと言う感じで快感が走り、チンポを引くときにはアアーッって感じでまた別な気持ちよさが走る。

 

そうかと思うとチンポを浅く出し入れしたり、チンポが抜けるか抜けないかのギリギリの所で出し入れしてくる。その腰使いにメロメロ。

 

絶対にチンポが抜けるはずない位デカイのに。

 

挿入されてる間もずっと唇を奪われ、次第に息づかいが、腰使いが荒く速くなってきた。

 

そして唇が離れOh!っと雄叫びを挙げた瞬間、熱いおびただしい量のザーメンがケツマンに広がってきた。

 

さっきのフェラと同様、最初の1発目がブチ当たる感じでその後もビュッビュッって感じで壁に当たってくる。

 

ザーメンが壁に絡みついてくるような感じがした。

 

奴はチンポを抜かずに暫くそのまま余韻を味わった。

 

勿論俺もそうしたかった。

 

俺のケツマンも暫くピクピクいい、奴のチンポも俺の中でヒクヒクいっていた。それがまた堪らない。その状態で暫くキスを楽しんだ。

 

その間も奴のチンポはでかくなったままで、チンポで「満たされてる」っていう感じで幸せだった。

 

そして奴が耳元で君のココは最高!このまままたやりたいって言うから勿論OKした。

 

ゆっくりとした腰使いが始まり、たっぷり種付けされたザーメンがケツマンから溢れてくるのが分かる。もったいない気がした。

 

しかし、チンポが出し入れされる度に聞こえてくるクチュクチュと言う音にもっともっとやりたいって言ってしまった。

 

そしたら奴はずっとこのままSEXしてようって言ってくれた。

 

俺もチンポを抜きたくないと。

 

その言葉通り、色々体位を変えながら次の日までずっとチンポをはめたままでいてくれた。

 

何度も種付けされて少しの間横向きに抱えられるようにして眠ったが、目覚めてもチンポは俺のケツにはめ込まれたままだった。

 

それくらい長くて太い奴のチンポ。おまけに朝立ち状態になっていた。

 

先に目覚めた俺は思わず自分から腰を振ってると、奴も目覚めていきなり激しい腰を振り、目覚めの一発をくれた。

 

その日は仕事を休んで1日中ハメられたままでいた。

 

コーヒーを飲むときもタバコを吸うときもずっとハメていてくれた。

 

肩を抱かれるようにしてハメられたまま、テラスから夜景を見たのが最高に良かったよ。



 

カテゴリ:外国人の最新記事

カテゴリ:巨根の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索