Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » イケメン » 【ゲイ】発展場に同じ会社のイケメン社員がいたもんで・・・・

【ゲイ】発展場に同じ会社のイケメン社員がいたもんで・・・・

イケメンの真性包茎

東京都在住の会社員さんからの投稿。ある平日の深夜、ヤリ部屋に行った投稿者はそこで同じ会社の社員を偶然見かけた。その社員は、社内で一番のイケメンで女性社員を食いまくっていると聞いていたが・・・・・・
イケメン大学生
部署は違うが、女性社員にダントツで1番人気のイケメンKという男がいるんだ。

背は高くて爽やかで、しかもデカマラっていう噂のあるイケメンだ。

俺は前からすごくタイプで気になっていたが、Kはいつも女の自慢話ばかりしていたのでノンケだと思い込み完全にあきらめていた。

ある日、抜きたくてたまらなくなった俺はヤリ部屋に行って男漁りをし始めたんだ。

遠目に見ても雰囲気良さそうな奴がいたからよく目をこらして見ると、なんとそこにはKが寝ていた!

最初は人違いだと思ったのだが、近くで見るとまぎれもなくK本人!!!

まさかお仲間だったとは…青天の霹靂とはこのことだね。

さっそく布団の中に手を入れてチンポを触ってみると、噂通りのデカマラだったw

まだ勃起してないのにかなりのもんだった。

たまらず布団に潜りこみしゃぶりついた。

包茎だ!独特の匂いをさせたデカマラは口の中でどんどんデカくなっていく。

でも剥ける気配が全くない。

ついにギンギンに勃起しても先までスッポリ皮被っていて、しかも皮が余っている。

俺がする皮舐めに目を覚ましたのか、喘ぎ声を出しはじめた。

俺は執拗に皮を舐めて噛んで皮の中に舌入れて皮を責めまくった。

Kの喘ぎ声はヨガリに変わるまで大きくなっていた。

我慢汁はチンカス混ざりでかなり臭い汁だった。

こんな爽やかなイケメンが真性包茎チンポで臭いなんて、ますます興奮して皮舐めをはじめた。

布団を頭まで被せ俺の顔がわからないようにして、乳首を触りながら皮責めをしたら腰をくねらせすげえ声でヨガる。

皮を引っ張るとさらにヨガる。

こいつはMだと思ったから耳元で「この真性包茎チンポ野郎!」と囁くと、ますます感じたみたいだった。

たまらずKのケツにチンポをぶち込んだ。

Kのケツにはすんなり入り、すぐに女みたいな声でヨガり腰をくねらせた。

ガンガンつきまくりながら皮責めを続ける。言葉責めも続けた。

Kはまわりを気にせずヨガり声を張り上げた。

種付けするぞ!言うとKは、「ザーメン欲しいす!ザーメン欲しいす!」と言いながらイキそうになってる。俺は腰振りまくってケツに射精した。

同時にKも包茎チンポからチンカス臭いザーメンを大量に射精した。

入れたまんま布団を剥ぎ取り、キスをして、「俺だ、わかるだろ?」と言ったら、Kは驚いた顔をしたが、俺に抱き着いて「もう一回…」と言った。

 

カテゴリ:イケメンの最新記事

カテゴリ:巨根の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索