Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » 高校生・大学生 » 【驚愕】生徒のカバンに雑誌『薔薇族』が入ってたんだが・・・・・・

【驚愕】生徒のカバンに雑誌『薔薇族』が入ってたんだが・・・・・・

学習塾の教え子と

北海道在住の元塾講師さんからの投稿。10年以上前から自宅の二階で学習塾を開いていた投稿者。引退した今でも当時小学生だった教え子たちがたまに遊びに来てくれていた。そんなある日・・・・・・
ゲイ雑誌
ボクは学習塾の講師をしていました。

 

教えていた生徒は小学生だったのですが、今ではもう高校生です。

 

講師引退後、その元生徒たちがボクの家に遊びに来ていた時のことです。

 

思い出話しで盛り上がり、みんな元気に帰っていったのですが、気づくと鞄が残っています。

 

一応中身を確認し、名前が確認できるものがないか探しました。

 

届けてあげようと思ったからなのですが…

 

見ると、薔薇族が入ってます‥

 

しばらく、頭を整理するためカバンを開いたまま固まっていると、1人でその教え子が足早に帰ってきました。

 

「先生、カバン忘れた! あれ?先生何してんの?もしかして中見た?」と聞いてきます。

 

「こんなの読んでんだ。でも気にしなくていいんじゃない。やっぱ同性愛のことって興味あるでしょ」みたいな話をしたと思います。

 

そのまま少し話ているうちに、エッチの話になってきました。

 

聞くと、もう童貞じゃないようでした。

 

そして「先生としてみたい」なんてことを冗談っぽく言います。

 

こっちも冗談っぽく「じゃ、しよっか?」と言うと、「お願いします」と言います。

 

「あっ言ったな~」と言って、少しやるマネをしながら、身体を抱きよせて、じゃれあっていると、お互い段々興奮してきてました。

 

ハッと向き合うと、お互いふざけてる顔じゃありませんでした。

 

目を見て、「するよ」と言い、キスをしました。

 

耳、首筋かけてキスを続け、制服を脱がせました。

 

下着を下ろすと、思いの外大きく、剥けた勃起が出てきます。

 

亀頭を舐め上げると、「あっ」と声をあげます。

 

「もうこんなに勃起しているよ。どーしたの? いやらしいんだ」と言うと、「はずかしい」と俯いて言います。

 

そこで、大きく足を広げさせ、「グチョグチョの肛門までよく見える」と言うと、もっと恥ずかしそうにします。

 

それが可愛くて、「本当に可愛いね」と言ってあげました。

 

広がった肛門を舐めます。

 

「あぁ、うぅんぅ、あぁ!」と声を上げよがります。

 

「気持ちいい?」と聞くと、喘ぎながら首を縦に振ります。

 

「じゃ今度は」と言って、彼の前に立ち、私自身の勃起を突きつけます。

 

すると、「どーすればいい?」と聞いてきます。

 

「じゃ舌でペロペロしてみよっか?」と言い、舌でペロペロさせて、口に含んでもらいました。暫く口でしてもらい、そのまま肛門を攻めます。

 

「入れるよ」と言い、挿入です。

 

まだすっごくキツくて、締め付けてきます。

 

恥骨に恥骨をぶつけるように腰を動かします。

 

彼も絶頂に近づいているようです。

 

最後はバックで、パンパン音をさせながら、2人ともイキました。

 

終わった後、服を着て、ジュースを飲むと、「先生、またね」と明るく帰ってきました。



 

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索