ホーム » マッサージ » 【ゲイ】修行中のマッサージ師さんにトコロテンさせられた話

【ゲイ】修行中のマッサージ師さんにトコロテンさせられた話

アロマの香りに包まれて

新潟県在住の会社員さんからの投稿。ある日、掲示板で男性専用マッサージを無料で施術してくれるという方を見つけ連絡することに。どうやらプロではないらしいが、本格的なアロママッサージに感心していると・・・・・
男性専用マッサージ
掲示板で男性が無料でマッサージしてくれるという人がいたので、メールをしてみたらOK、先週の土曜日にその人の家へ行きました。

男性は私より3つくらい年上の30歳前後の方でした。

物腰も柔らかく安心してまかせられそうでした。

まずは美味しいコーヒーを頂きながら少し話をしていたんですが、彼は男性専用のマッサージ師として都内にお店を出すのが夢らしく現在は修行中の身だそうです。

あらかじめ家でお風呂には入り、アナルもきれいにしていきましたが、一応その方の家でもシャワーを浴びて体を拭くと、エキストラベッドのような施術台にうつ伏せに全裸で寝かされました。

軽く肩から腰、足とマッサージしてもらい、次はアロマオイルを背中に垂らされました。

あまり外でマッサージに行かないので比較はできませんが、普通にかなり気持ちよかったです。

オイルをお尻にも垂らされお尻全体をマッサージされつつ、時折アナルに指があたるので、チンチンは早くも勃起状態に。

それを見た男性は「今のは気持ち良かったですか?」と確認するように聞いてきます。

次は仰向けです。

勃起しているので結構恥ずかしかったのですが、それでも普通に胸、お腹、腰、足とチンチンには触れずにマッサージが進みます。

こちらもその後オイルを垂らされて胸から下へ降りてきます。

腰までいったときにチンチンの根元を持たれて真上に向くようにされ、亀頭の先からオイルを垂らされました。

片手の人差し指と親指でチンチンを固定して、もう片方の手で亀頭全体を指でマッサージしてくれました。

それだけですぐにイきそうになってしまい、そういうと一度ストップしてくれて、次は四つんばいにされました。

再びお尻の割れ目にオイルが垂らされて、指がゆっくりと入ってきました。

緩んでいることが分かると、すぐに指を増やされて、結局両手の人差し指と中指の計4本をアナルに飲み込んでしまいました。

彼は指を両サイドに拡げて、アナルを拡張していきます。

だいぶ広がったところで、指5本の根元まで入りましたが、さすがにフィストは無理でした。

彼にチンチンを舐めさせてとおねだりすると、彼は私の前に来て服を脱いで、勃起したチンチンを私の口にねじこんできました。

私はゆっくりと彼のチンチンをほお張りました。

しばらくして彼は私の後ろに回り、私のアナルに入ってきました。

30分ほどいろんな体位で掘られたのち、鈍い快感が私を襲い、彼は私の中で果てました。

彼がチンチンをアナルから抜いて私の目の前に差し出したので、彼の精液と腸液で汚れたチンチンを口できれいにしました。

彼は再び私の後ろに回り、指で前立腺を刺激し始めました。

コツコツと前立腺を叩かれ、私はチンチンを触られていないのに、そのままベッドへダラダラと精液を垂れ流してしまいました。

そして仰向けに寝かされて、精液をローション代わりに扱かれて、今度は勢いよく射精してしまいました。

「また、是非お越しください。そしてマッサージの感想さえ聞かせて頂ければ無料で施術致します」と。

その後はシャワーでオイルと精液を流して彼の家を後にしました。

 

カテゴリ:マッサージの最新記事

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。