Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】中学生だけど学校で友達がヤッてるのを観ました・・・・・・・・

【ゲイ】中学生だけど学校で友達がヤッてるのを観ました・・・・・・・・

男子中学生の性事情

福島県在住の男子学生からの投稿。二年前にトイレでホモセックスを目撃してしまったのをキッカケに自身もゲイに目覚めてしまったという投稿者。思春期男子の性欲と言うのは恐ろしいモノで、徐々にプレイも過激さを増していき・・・

中学校のトイレ

 

中学1年の時、放課後に学校のトイレでウンコをしていたら、隣から気持ちいいとか、もっと犯して、声が聞こえてきまいた。

 

注意して聞き耳を立てるとそれは男の声です。「もう駄目、いっちゃう」とか言ってました。

 

便座の上に足を乗せて上からそっと覗くと、同じ学年の友達が裸になってお尻にチンポを入れられてました。

 

入れている方は二年生の人です。

 

気持ちいいのか、二年生は喘ぎながら友達のお尻に精子を出してました。

 

出すと二年生はすぐに個室を出て行きましたが、友達は裸のままで暫く座り込んでいました。

 

僕は少し勃起してしまいました。

 

隣の個室から他人のフリをして「気持ち良かった?」と聞いてみると、「気持ち良かった」と返事が返ってきました。

 

僕はそっと個室から出て彼のいる個室をノックすると、裸の彼が下を向いたままドアを開けました。

 

ノックしたのが僕だと気づいて彼は驚いていましたが、突然抱きついてきました。

 

僕も彼を抱き締めました。

 

彼が学生服を脱がせようとしてくるので、僕も恥ずかしいけど裸になりました。陰毛も無い僕の包茎チンポも勃起してました。

 

僕のその真性包茎チンポを、彼は咥えてしゃぶり出しました。

 

突然の出来事で驚きましたが、初めての快感に堪らず彼の口の中へ射精してしまいました。

 

ドクドクと射精している途中も、彼は僕のお尻の穴を指を入れながら、「凄い。ピクピクしている・・・」と言ってきます。

 

そして次はお尻にローションを塗ってきました。

 

僕が「怖いからお尻は駄目」と言っても、彼のちんぽは勃起して治まりません。

 

そして強引に後ろに向かされて、中にチンポを入れてきました。

 

僕はお尻を叩かれながら彼のちんぽを受け入れました。

 

セックスする男子

 

痛かったけど、彼が激しく突くたびにお尻の穴がどんどん広がっていきます。

 

悪戯に隣のドアをノックしたせいで、僕の処女は奪われました。

 

しばらくすると彼が逝きそうと言って、僕の中に精液を出してきます。

 

僕は初めてなのにドクドク精子を出される感覚で気持ち良くなってしまい、チンポに触れてもいないのに射精してました。

 

彼が満足してチンポを抜くと、僕が射精しているのに気づいて驚いていました。

 

彼は僕がトコロテンしたのだと教えてくれました。

 

それからは毎日、お尻の快感を教えてもらい、僕もゴムを付けて彼のお尻で童貞を卒業しました。

 

2年生になると陰毛が少し生えてきましたが、友達と相談して一緒に剃りました。

 

僕達はいつも一緒で恋人のようでした。

 

その頃、1年生の可愛い後輩が僕達の関係を嗅ぎつけてきました。

 

学校でもやたらと僕たちに話し掛けてきて、帰り道も後ろから着いてきます。

 

ある日、僕が1人で帰っている途中に公衆トイレに寄ったときでした。

 

小便しているとその子も後から入ってきて隣から覗いてきました。

 

面白そうなので僕は彼を個室に誘い入れ、裸になれと命令しました。

 

すると彼は裸になりました。しかもちんぽを勃起させていました。

 

次に「立ったままでオナニーしろ」と命令すると扱いてものの30秒で射精してました。

 

僕は彼に後ろ向けと言って、四つん這いにさせます。

 

そしてお尻の穴に指を入れてやると、彼は痛い痛いと泣き出してしまいました。

 

その日はそれで帰りましたが翌日、そのことを友達に話して彼を自宅に呼び出しました。

 

そして3人で風呂に入りました。

 

僕達がお揃いで陰毛を剃っているのを見て、その子が「ぼくのも剃って下さい」とお願いしてきました。

 

カミソリを持ってきて彼のを剃っていると、途中から勃起しだして、ついには射精していました。

 

すぐイクのが面白くて、友達と2人でその子を責めて何回も射精させました。

 

彼が何回もイって疲れて座り込んでいるので、押さえつけて浣腸してやりました。

 

彼はすぐウンチを漏らしながら、「見ないでください」と恥ずかしそうにしてました。

 

それから僕達2人で彼のお尻に入れて、僕達2人で彼のお尻の中に射精しました。

 

それからは毎日、彼にお尻の快感を教えて、夜の公園で知らないおじさんに抱かれに3人で行ったりしてました。

 

しばらくするとその公園で僕たちは有名になってしまい、遠くから色んな人が会いに来るようになりました。

 

アメリカ人が来たこともあります。

 

初めて外人のデカマラに突かれて大量の精液を出された時は、僕は突かれている間にオシッコを漏らしてました。

 

僕らは順番に3人入れられ、お尻から精液を垂れ流しながら帰りました。

 

家に帰って3人一緒にお風呂に入り、お尻に溜まった精液を掻き出しながらお互いの穴とちんぽを綺麗にしました。



 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:トコロテンの最新記事

コメント1件

  1. ゲイの名無しさん より:

    ガキどもが猿みたいにヤッてる画が堪らんよな。混ざりてえな

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索