ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】個室トイレの順番待ちで我慢できずウンチを漏らすショタ

【ゲイ】個室トイレの順番待ちで我慢できずウンチを漏らすショタ

まさかの使用中で・・・

兵庫県在住のカイリさんからの投稿。同級生とお出かけしていたところ快速電車内でウンチを漏らしてしまったという投稿者。電車を降りた後も再び猛烈な便意に襲われスーパーのトイレに駆け込んだらしいが・・・・・
某公園の発展トイレ
健太郎くんとお出かけした帰りに、快速急行の車内でウンチをお漏らしした日は、健太郎くんのママが不在で、次の日は祝日だったので健太郎くんの家でお泊まりすることになりました。

途中の駅から僕たちの地元の駅までは、再びウンチがしたくなったりはしなかったのですが、地元の駅前にあるスーパーで買い物をしているときに、再びウンチがしたくなりました。

今度の圧力が猛烈で、すぐに健太郎くんがトイレに連れて行ってくれたけど、トイレまで辿り着いた段階で既にウンチをお漏らししていました。

しかも、2室有る個室はどちらも使用中だったうえ、個室の前では小3くらいの男の子がお尻を抑えながら、個室が空くのを待っていたうえ、2室のうち1室からはお腹がピーピーと分かる猛烈な音と臭いがしていました。

その段階で僕は半ズボンまでウンチまみれになっていたのですが、その後も個室が空かなくて、そのうちに男の子からもお腹がピーピーと分かる猛烈な音と臭いが発生し始めました。

それから、ようやく2室のうち1室が空いて、男の子は個室に入って行ったのですが、ドアを閉めるよりも先に、もっと猛烈な音と臭いが発生していました。

それからさらに数分が経って、もう1室も空いて、僕は健太郎くんと一緒に個室に入ったのですが、僕は足までウンチまみれになっていました。

健太郎くんはいつものように、僕のお尻や足を拭いてくれて、新しいオムツと半ズボンを穿かせてきたのですが、このときは流石に僕をレイプしたりはしませんでした。

快速急行の車内でのお漏らしに続いて、スーパーのトイレでもお漏らしをしたあと、僕は健太郎くんの家に行きました。

健太郎くんの家に到着すると、2回連続でウンチをお漏らしして、お尻が荒れているといけないので、お風呂に入れてもらいました。

お風呂ではいつものようにお互いに身体を洗って、おちんちんをシゴきあって、射精したりはあったけど、僕のお尻に健太郎くんのおちんちんが挿入されて中に射精されることはこの段階ではありませんでした。

そのあと晩ご飯を食べたのですが、僕はお腹に負担が掛からないように、温かいスープだけを口にしました。晩ご飯の途中にもウンチがしたくなったけど、健太郎くんは嫌な顔の一つも見せずにトイレに連れて行ってくれて、お尻も拭いてくれました。

しかし、健太郎くんが優しかったのもここまでで健太郎くんの部屋に入ると態度が豹変しました。

僕も健太郎くんもエッチの途中でもお漏らしすることがあるうえ、おねしょと一緒にウンチをお漏らしすることも毎晩なので、布団に入るときはオムツだけは穿いた状態で抱き合っていました。

その日も、抱き合っている状態から健太郎くんの手が僕のオムツの中に入って来て、おちんちんをシゴかれて、僕は健太郎くんの手の中に射精しました。

そのあとオムツを脱がされて、まずは健太郎くんの指がお尻の中に入って来て、中をかき回されました。しかも僕が射精する直前で指を抜かれて、「最後は僕のおちんちんを満足させてよね!」と言われて、完勃ちしたおちんちんを挿入されました。

そして、僕のお尻の中でさらに大きくなったおちんちんで激しく突き上げられたあと、激しく射精するのを感じました。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:フェチ・特殊性癖の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。