ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】家庭教師にご褒美アナルを求める教え子(14)の話

【ゲイ】家庭教師にご褒美アナルを求める教え子(14)の話

先生に抱かれたい・・・

山梨県在住の会社員さんからの投稿。大学時代に1人の男子生徒の家庭教師をしていたという投稿者。二年もの努力の末、無事に志望校へ合格したのだが、そのご褒美として生徒が求めてきたものは・・・・
犯される男
大学3年生の時に家庭教師をしていた。

生徒は中学2年の男の子、偏差値が53だった。

志望高校の合格ラインは偏差値59、2年間で最低6上げねばならなかった。

俺は、2年間の綿密な計画を立てて受験勉強の指導を始めた。

まずは、中1からの復習からはじめたので半年間は偏差値の向上は無かったが、それは想定内だった。

その後徐々に上がり出し、最終的には志望校に合格した。

実は、志望校の試験の一年前にやる気を引き出して追い込みをするため『合格すれば一つだけ願いを叶える』と約束していた。

もちろん、金銭が発生しない(一万以内ならOK)範囲でと、付け加えておいた。

そして、少年の俺に対する願いというのは、意外にも『抱いて欲しい』というものだった。

俺には同い年の彼女がいたが、教え子が男子だったのでなにも怪しまれなかった。

俺は少年の望み通り、裸の少年を抱いてやった。

彼女とはアナルもするのでローションもあったし、アナルは男女関係なく付いているから容易かった。

色白でなよなよした14歳の少年のアナルにチンポを入れて、ゆっくり腰を動かしながらナマっ白いチンポをしごいた。

「アンアン」と女の子のように喘いで可愛かった。

腸内にたっぷりと注ぐと、少年のチンポからはおびただしい精液が噴き出た。

少年が高校生に、俺は社会人になって地元へ帰る直前、最後の交わりで俺は少年のチンポをアナルに受け入れた。

痛かったが我慢した。

腸内に暑い精液が注がれるのを感じた。

俺は正直アナルの良さが分からなかった。

彼女とも別れて地元に戻り、27歳の時に22歳の可愛い女性と結婚した。

俺にとって初めて抱いた処女の女性だった。

結婚式に出席したスラっと細身の美人、俺にビールを注ぎながら耳元で「先生、わたし・・・覚えてます?」と。

あの少年だった。

妻の従弟、いや、従妹だった。

結婚して7年過ぎたが、普通に接している。

妻は、性転換した従妹に差別なく接する俺を尊敬の眼差しで見ているが、本当のことを知ったらどう思うだろう。

彼、いや彼女も素敵な男性と交際しているし、俺とのことは黙っているし、年数回しか会わないので何ら支障はないが、あまりにも美人なのでもう1回・・・

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。