Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » 出会い系掲示板 » 【ゲイ体験談】優しい既婚者(33)に女装を勧められた結末・・・・・・

【ゲイ体験談】優しい既婚者(33)に女装を勧められた結末・・・・・・

既婚者に女装を勧められた

 

この前サイトで33歳の人に会いました。

 

彼は妻子持ちでしたが、前から興味があったらしくて、僕と会いたいって事で会いました。

 

昼間に会うなんて僕自信初めてだったのでちょっとドキドキでした。

彼の車に乗り込んで始めお互いの話しをしたりしながらドライブして、ウチの方は田舎なので少しはしればすぐ山です。

彼は車を山の方へと走らせました。

 

しばらくして人のあまり来ない場所へ車を停めて話しをしていました。

 

彼が

 

「君みたいな可愛い感じの子で良かった」って僕の手を握ってきた。

 

僕も

 

「ヒロさんみたいに優しい人でよかったよ」って

 

「キスしても良い?」

 

って聞かれ、聞かれたの始めてで何て答えてよいのやら

 

「うん」て小さく頷いた。

 

ヒロさんは助手席の僕を抱き寄せてそっとキスをしてきた。
僕はヒロさんに体をあずけた。
ヒロさんの舌が僕の口を開けて僕の舌に絡み付いてきた。

 

今まで会った人が結構強引な人が多かったからヒロさんの優しいキスに感じちゃった。ヒロさんは僕の耳や首筋にキスをしてきた。

 

僕がヒロさんのアソコに手を伸ばし触れると、そこはカチカチになってて、ゆっくりとさすってあげた。
ヒロさんのズボンのチャックをさげ直でヒロさんのを感じた。
熱くなってるアソコを手で優しく上下に動かすと

 

「あっ…うっ」って

 

「気持良いっ?」って僕が聞くと

 

「うん」て言ってくれた。

 

僕はヒロさんの着ている服をたくし上げて、ヒロさんのチクビにキスをした。

 

「そんなことまで…」

 

舌を使いなめると、だんだんと堅くなってくる
僕は頭を下にずらしてヒロさんのアソコを舐め始めた。

 

「あぁ…いぃよ…」

 

僕はヒロさんをイカせてあげたい…と思い一生懸命にくわえた。
ヒロさんも僕のをズボンからだして、一緒にしこしことしてくれた。
ジュルルルとよだれを垂らしてしていると

 

「あぁっ…そんなにしたらっ…でちゃうよっ…うぅ」

 

僕は一旦口から離して

 

「良いよッ…僕の口の中に出してっ…」

 

と言いまたしゃぶりはじめると

 

「良いの?出ちゃうよっ…あぁっ…イクよっ…あっイクっ」

 

と言って僕の口の中に大量の精子を出してくれたんだっ
ヒロさんはすぐにティッシュを取って出して良いよと言ってくれたけど、僕は飲んじゃった。

 

ヒロさんは今まで口に出したり飲んでもらった事がなかったらしくて凄く感激してくれました。
僕を抱き締めて、精子けさい口にキスを何回もしてくれた。

 

その後、僕のもキスしながら手でしてくれたし、凄い幸せな気分になれました。
次に会う約束をしたので、次はもっともっとヒロさんを喜ばせてあげられる様な事してあげたいなっ

 

昨日の夜またヒロさんから連絡が来ました。
奥さんが用事で実家に行かれたので会いたいって、なんか嬉しかった。

 

近くの駅で待ち合わせて、ヒロさんの車に乗って、なんとヒロさんの家に行っちゃった。

 

家に着くとヒロさんが

 

「これ着てくれないかな?」って女子高生の制服を出して来た

 

ちなみに僕は162cmしかないので普通に着れちゃいます。

 

「どうしたのこれ?!」

 

「うん、ちょっと借りてきたんだ、嫌ならムリしないで」って、

 

「うぅん、良いよ、着てあげる」

 

僕はその制服を着ました。

そしたらなんとヒロさん下着とルーズまで用意しててびっくり!
一通り着て見ると、自分でもまんざらでもなく、気に入っちゃった。

 

ヒロさんの家のソファに二人で並んで座って、キス…

この前見たいに優しいキス、舌を絡めながらお互いを求めてる。
ヒロさんの手が僕のブラウスのボタンを一つ一つ外して、そっとチクビに触れる、

 

「あっ…」

 

ヒロさんの唇がチクビに触れて、口に含み舐め始めた

 

「あっ…はっ…」

 

ヒロさんは僕をホントの女性にするように愛撫を続けた。
スカートを捲り、パンツの上からチンチンをさすってきた。

 

「こっちにおいで」

 

ってヒロさんに手を引かれていった場所
ベットのある寝室
奥さんといつもなら寝てるんだろうベットに寝かされて、キス、胸と愛撫されて、パンツを脱がされた。僕のチン〇を握り、動かす

 

「あっ…あぁっ」

 

ヒロさんは僕の足を大きく広げ僕のア〇ルを舐め始めた。

 

「指、入れて良いかな?」って

 

「うんっ‥入れて」

 

ヒロさんの指が僕の中に入ってきて、ゆっくりと動きだす

 

「あっ‥あぁっ‥」

 

僕の中でヒロさんの指が出たり入ったり

 

「ヒロさんのも‥舐めたい」

 

「してくれる?」

 

69の格好になって下からヒロさんの硬くなったものをしゃぶってあげた。

 

「まーの中に入れたいよ」ってヒロさんが言ったから

 

「うん」

 

て頷いたら、ヒロさんまたどこからかローション出してきて、僕の穴に塗ってくれた。ちょっとヒヤッてして、穴にヒロさんのを感じた。
ゆっくりと僕の中に入ってくる
ゆっくりゆっくり腰を動かしてる、

 

「あっ…あぁっ…あぅっ…」

 

腰を動かしてながら僕のち〇ポをしっかり握り上下に動かしてる
直腸をヒロのさんのカリでえぐられながら

 

「あぁっ…はぁっはぁっ…あっ…」

 

「まー、気持良いよっ…うぅっ」

 

「ぼっ…僕もっ…あぁっ」

 

ヒロさんに体を預けバックから
ヒロさんは僕のお尻を抱えて激しく腰を動かす

 

「すっ凄いっ…あんっ…」

 

僕は完全に女になった気持で感じあえぐ

 

「まーのイク顔見せて?」

 

てまた正常位になって腰をさらに激しく動かしてチ〇ポをしごく

 

「あっ…だめっ…いっくっ…あぁっ…」

 

「良いよっ…イって…あぁ」

 

「あっ…イッ…クッ…いっちゃうっ…あぁっ…あんっ…」

 

僕は精子を自分の胸まで飛ばしてイッた。
ヒロさんはなをも腰を動かして

 

「あぁっ…俺も…イキそうっ…出して良い?…あぁぁっ」

 

て一段と腰の動きを早めてイク瞬間にアナからヌポッて抜いて
僕の顔に精子をかけてくれた。

 

僕はヒロさんのチ〇ポを口に入れ綺麗に掃除してあげた。
そろから何回かしたあと二人でお風呂に入って朝まで抱き合って寝ました。

 

奥さんにはごめんなさいだけど
もう当分こんな事できないなぁって考えると寂しいなっ



 

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

カテゴリ:男の娘・女装子の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索