ホーム » フェラチオ » 【ゲイ体験談】泥酔した大学生をスケベ心丸出しで介抱したリーマンの結末・・・・・・

【ゲイ体験談】泥酔した大学生をスケベ心丸出しで介抱したリーマンの結末・・・・・・

泥酔した大学生をスケベ心丸出しで介抱したリーマン

俺の会社はビルの9階にあり2Fに居酒屋、3FにカラオケBOXが入っています。そこへは階段とエスカレーターで行くようになっています。

休日前、残業で遅くなった俺はPM11時過ぎていたので、もう帰ろうと カギをしてエレベーターを9Fまで呼びました。

エレベーターの扉が開くと中に男の子が酒に酔ってうずくまっていたんです。
夜遅くなると1Fから間違えてエレベーターに乗ってくる人が時々いるので、守衛のおじさんが1Fでチェックするんですが見逃したのでしょう。

その子の顔を見ると、かなり幼く見え高校生に見えるんですが、酒飲んでるんで多分、大学生か専門学校に行ってる子なんだろうと思いました。

俺は、その子が気持ち悪そうにしていたんで

「大丈夫か?」と声をかけました。

その子は

「気持ち悪くて吐きそうです」

と言うんで9Fにあるトイレに連れて行って

「ここで吐くといいよ」と云ってあげました。

「カギを守衛室に預けると、もうエレベーター使えなくなるから、ここで待っていてあげるよ」とトイレの出入り口で待っていました。

しばらくして気分がマシになったのか出てくると

「有難うございました」と礼を言ってきました。

その子の顔をよく見たのはそのときが初めてで思わずドキっとするくらい可愛くてマジ俺のタイプだったんです。
俺のスケベ心がメラメラと湧いてきまて、この子をなんとしてもモノにしたくなり

「俺の会社そこだし、こんな遅い時間もうとっくに誰もいないからソファーで休んでいけばいいよ。守衛さんは、もう見回りしに来たんで来ないし、それに仕事で徹夜するのしょっちゅうだから、守衛さんもわかっているし」

と部屋の中に連れて行きソファーに寝かせ、俺が会社に置いているドリンクを飲ませました。
その子はだいぶ具合が良くなってきたのか

「もう大丈夫なんで帰ります」

と起き上がったのですが、足がもつれフラっとしたんで俺が抱き抱えました。

「気を使って無理しなくていいんだよ」と俺は云うと、またソファーに寝かせました。

俺もソファーに座り、その子の頭を俺の太ももにのせ枕代わりしてあげたんです。その後その子の髪の毛をやさしく撫でました。

俺はその子に名前と年齢を尋ねると

「S.正文と言います。19歳、N大学です。同好会の飲み会で先輩にかなり飲まされて先輩達はカラオケに行ったんですが、僕は飲みすぎて気分悪いから帰りますと云って別れ、間違えてさっきのエレベーターに乗ったんだとおもいます。それで気分悪いんで座っていたんです」と話ました。

俺はこの正文が喋っている間も、髪の毛をやさしく撫でながら性感帯を刺激し続けていてアソコに目をやると立っているのがわかりました。

俺のペニスもすでに立っていてペニスに頭をのせている正文にはわかった筈です。

それでもジーっとしているので俺はこの子をモノにできたという確信を持ち洋服の上から乳首のあたりを刺激したんです。

俺の手は徐々に下半身の方に移動していき、ズボンの上からペニスを揉みました。正文はかなり感じやすい体をしているのか体をくねらせて

「アーン アー」

と喘ぎはじめると今度は俺のペニスを手で揉み始め、ズボンの上から口をつかって俺のペニスを刺激してきたんです。

俺の27歳の体はもう我慢できなくなり正文をソファーの上で犯す行為をはじめました。

正文にディープキスをするとズボンを脱がせ、ペニスを咥え舐めまわしました。
ペニスは興奮の先走りですぐベトベトになりベトベトになった先っぽを指で刺激すると体をビクッとさせて

「ウッ」っと声をだし体を全体をくねらせて感じていました。

洋服をたくし上げて、乳首を舐めて乳首の先を軽く噛むと、腰を思いっきり浮かせ

「アーン」と大きな声をあげ、俺にしがみついてきたんです。

正文は

「お兄さんのも舐めさせて」

と甘えた声で云うと体制を変え、俺のベルトに手を掛けズボンを脱がすと勃起しきった俺のペニスをモグモグと食べるような感じで尺八してきたんです。

続きはまた今度書かせて頂きます。

 

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。