ホーム » フェラチオ » 【ゲイ体験談】パイパンのチンポ中毒がハッテン場でフェラチオ祭り

【ゲイ体験談】パイパンのチンポ中毒がハッテン場でフェラチオ祭り

綺麗に剃毛して

兵庫県在住の匿名さんからの投稿。ツルツルになった股間をぶら下げてよく尼崎サウナニュープラザに通っていたという投稿者。思い出すとパイパンにすることになったキッカケも、この発展場で知り合った男の影響らしい。色々と楽しかった思い出が詰まっている尼崎サウナニュープラザでの忘れられない体験談・・・・・・
強制精飲させられた男性
ずいぶん前の話。

有名な発展場だった尼崎サウナニュープラザが閉館となった。

思い出深い最後のこのサウナでのハッテンを思い出しながら、書いてみました。

その日、しばらく性欲が収まっていたはずだったのに・・・無性にチンポがしゃぶりたくなり、尼崎サウナニュープラザに行ってみることに。

入館すると、休憩スペースには2人しかいない。私と合わせても3人だけ・・・

あまり、期待出来そうにない。

取りあえず、浣腸して風呂に入り、身体もアナルも綺麗にすべく洗っていた。

すると、休憩スペースにいた50前後の男が入ってきた。

私を追いかけるように・・・

男をみると、ペニスが既に勃起していた。

立ち上がり、身体を流していた私をみて、パイパンでもあるし確信したのだろう。

男はニヤリと笑うと、私に近づき「舐めろ」と言わんばかりに、私をしゃがませた。

私は迷わず、男のチンポにしゃぶりついた。ビンビンに勃起していたペニスを、喉の奥まで咥え込み堪能する。

誰も浴室に入ってくる気配はない・・・

しばらく舐めた後、浴槽近くに移動し、ヘリに腰掛けた男のペニスを、再度咥え込む。

亀頭を舌で転がし、竿を裏スジから舌を這わす・・・タマタマにも舌を伸ばし、口に含みコロコロと舌で転がす。

再度奥まで咥え込み、喉ちんこ付近に亀頭を感じつつ、上下に動かす・・・

「あぁ~チンポ美味しいですぅ~」

「よし、後ろ向け!入れたろ!」

「あっ、はい!お願いしますぅ」

私は、床に四つん這いになる。

浣腸し、石鹸で何度も指を入れ解し、綺麗にしていた私のアナルは、なんとローション無しで、男のペニスを受け入れた。

ズンっと、一気に入ってきた・・・痛みもない・・・

「あっ、あぁ~~」

二人しか居ない広い浴室で、私は遠慮することなく歓喜の声をあげた。

パンパンバンっと、お尻に男の身体がぶつかり合い、浴室に響きわたる。

徐々に、女のオマンコのように、アナルが濡れ、滑りがよくなっていく。

「ほら、もっとケツマツコ締め付けんかい!」

「は、はい!」

激しい掘りが続いたかと思うと・・・スムーズになり、またガンガン突いてくる。

その緩急をつけたピストンでアナルが拡がっていく。

「そや!おー気持ちいい」

男は、そう言いながら腰を振り、私の両乳首に手を伸ばし、摘まむ。

もともと乳首が弱いので益々、感じ喘ぐ私・・・

「チンポ、気持ちいい~.、もっといっぱい突いて下さい~」

男の動きが、更に激しくなった。パンパンパンパン・・・

「もう、アカン・・イキそうや!」

そう言うと、アナルから引っこ抜き、私を起こし、再度咥えさせた。

先ほどまで、私のアナルに入っていたチンポを、私は激しく舐め回す・・・

「イクイク・・・」

男はそう言うと、奥まで咥え込んだ状態で私の頭を力強く抑えつけ、ドクドクと放出した。

喉の奥に、粘液質な精液が放出された。しかも思ってたより大量で少しむせてしまった。

放出し終えた男のペニスを、綺麗に掃除し、一戦を終えた・・・

浴室から出ると、館内は私一人になっていた。貸し切り状態だ。

長い時間、テレビをみたり携帯弄って過ごしていた。そして、少しウトウト・・・

目が覚め、(ぼちぼち帰るか・・)そう思ってたら、浴室に誰か居る気配が・・・

多くを期待せず、浴室に入ってみる。

すると、30代の男性が、身体を洗っていた。

浴槽に浸かる私に、何度か視線を送ってくる。

(これは・・・)

私は、サウナ室に移動した。しばらくすると、男も入ってきた。

タオル一枚持たずいる私が、パイパンなのは確認したはずだった。

水風呂に入ると、やはり男もついてきた。

チラ見すると、半勃起していた。

水風呂の横のベンチに座り、股をひろげた私・・・

男の視線・・・

男は水風呂から上がると、再びサウナ室に移動した。

フル勃起していた。

私もサウナ室に入る。

そして、いきなり男のペニスにしゃぶりついた。

歓喜の声をあげる男・・・

あーすげぇ~気持ちいい~を、繰り返す。

カチコチに勃起しているチンポを、丁寧に舐めまわした。

乳首にも舌を伸ばし、アナルまで舐め、舌を入れた。

「こ、こんなに凄いなら、又会いたいですー」などと、言っている。

「あっ、もうイッちゃいそうです」

「ダメ・・・もっと舐めさて」

「だって、すっごい気持ちいいから」

なかなか可愛い奴だ・・・仕方ないので、フェラの激しさを増してやる。

「あぁ~イキます」

ドクッ ドクッ ドクッ ドクッ・・・・

しっかりと、口の中で受け止める。

こちらも凄い量だ・・・。

しっかり最後までペニスに吸い付き、出させた。

口いっぱいになった精液を、何度か口の中で転がし味わい、ゴクリと飲み干した。

「ごちそうさまでした」

サウナ室で汗だくになった身体をさましに、私は水風呂に向かった・・・

 

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントは5件です

  1. オナフレ より:

    私は中学1年進学と同時に他県の私立中等部に編入しました。私の父親が転勤族でしたから、三年に一度は転校しました。私は小6の冬休み前から夢精が始まっていましたけど、小4から転校生でやって来た小学校は、小5でクラス替えがあって‥‥私はイジメのターゲットになっていました。私が内向的で女の子のような感じでしたし、身体も女の子のような体つきだったからでしょうか、私は夢精の事を誰にも相談出来ずにいました。私の家庭の中はバラバラで崩壊していましたから‥‥。私立の中等部に編入して一生の人生の友が出来たんです💕頭が良くて心優しい男の子のショウ君です❤️私のことはマー君って呼んでくれました❤️ショウ君の家は会社経営をしてるご両親が、朝から夜まで街中の会社に行ってて、ショウ君は私ドビュッ同じ独りっ子で、街外れの住宅街に大きな敷地と大豪邸があって、ジャグジー風呂とプールがありました。私はショウ君の家に学校帰りにいつもわたし寄るようになりました。私の母親もパートに出て働いて、父親も仕事人間で朝早く出て深夜まで帰って来なかったから。私達は貧富の差はあっても強い絆で繋がっていました❤️ショウ君はすでにオナニーをしていました❤️でも私はまだ夢精の事で何かしらの病気じゃないか‥‥って悩んでいたんです。ショウ君に尋ねると少しハニカミながら『マー君💕大丈夫だよ。男の子だったら誰もが起こる事だよ~❤️‥‥でも夢精が起こると物凄くエッチな快感で、気持ちいいだろう~❤️』「うん、何でだろう?とっても気持ちいいんだけどね💕‥‥でもドロッっとした汁がパンツの中に溢れ出ていて‥‥❤️」『それが精液だよ~❤️ザーメンともスペルマとも言うけどね💕女の子とセックスして膣の中で射精しちゃうと赤ちゃんが出来るんだよ❤️』「ショウ君は何でも知ってるんだね~❤️‥‥男の子同士のセックスだったら赤ちゃんは出来ないから安心なんだね💕」『えぇッ💕‥‥マー君はまだオナニーをしたこと無いんだよね?』「うん、オナニーもセックスもしたこと無いよ💕‥‥あはははッ💕」『あはははッ💕‥‥マー君💕‥‥じゃあ、オナニーをしてみる?』「うん、どうすれば良いの?💕」『‥‥マー君は無邪気で可愛いなぁ~❤️‥‥僕が教えてあげるよ💕』そう言ってショウ君はビキニブリーフパンツ一枚の姿になって、私の服を脱がせてパンツも脱がせてフリチンの姿になったんです❤️するとショウ君は私のオチンポを握って、先っぽが皮を被ってシワシワになっているオチンポの皮をゆっくり優しく剥いて行きました❤️私は何故かドキドキしちゃってオチンポが徐々に勃起して行きました❤️するとショウ君もパンツを脱いでフリチンになって、オチンポがフル勃起しちゃっていたんです❤️『マー君💕‥‥ちょっとエッチな感じになっているんだよね💕‥‥ほらぁッ💕マー君のオチンポの皮を剥くと、こんなにチンカスが着いてるよ~❤️‥‥キレイに取らなくちゃいけないんだよ~❤️‥‥僕が取ってあげようか?💕‥‥』「うん💕ショウ君が取って~❤️お願い💕」私は立ったままで、ショウ君は正座して私のオチンポの前に座りました。『マー君💕‥‥前回夢精があって、どれぐらい経つの?💕』「‥‥えぇ~っと🎵10日間ぐらいかなぁ?💕」『ティッシュじゃベッタリくっ着いちゃうから、今からの全ての事は僕とマー君💕‥‥二人っきりの秘密だよ~❤️いいかい❗』「うん💕‥‥わかった💕二人っきりの秘密だよね~❤️なんだか嬉しい💕」もう私のオチンポもフル勃起しちゃって、皮がまた戻って亀頭が皮で被さって、先っぽのシワシワの皮の中から先汁が溢れ出ていました❤️するとショウ君は私のオチンポのシワシワの皮の中に人差し指を舐めしゃぶってから挿入して、クリクリ💕クリクリ💕回転させて拡げながら、人差し指の先っぽをまだ剥かれてない私の敏感過ぎる亀頭に当てて、撫で擦ってヌルヌルの先汁まみれにして、もう一度ゆっくり皮を剥くとチンカスが溢れ出てきた先汁に少し亀頭から剥がれて浮き漂っているようです❤️ショウ君は私のオチンポの皮を一気にカリの下まで剥きまくって、カリの周りにベットリ付着したチンカスの塊が露になったんです❗するとショウ君は躊躇なく私のチンカスまみれの亀頭をカリの首下までも、ショウ君は口に含んで舐めシャブリ吸いまくり始めたんです❤️ジュボッ💕ジュボッ💕ジュボッ💕ジュルルルルッ💕チュルルルルッ💕ジュボッ💕ジュボッ💕チュパッチュパッチュパッチュパッ💕チュルルルルッ💕チュルルルルッ💕ジュルルルルッ💕ジュルルルルッ💕‥‥「はあはあはあはあはあはあ‥‥はぁはぁはぁぁぁぁぁッ💕あぁぁぁぁぁ~❤️‥‥ショウ君~❤️‥‥はぁッ💕はぁッ💕き、気持ちいいよ~❤️」

  2. オナフレ より:

    ショウ君は口の中で私のオチンポの亀頭からカリ首の下までを舐めシャブリ吸って、チンカスをキレイにシャブリ舐め取ってくれています❤️亀頭は口の中で揉み潰されるようにシャブリ吸われ、カリ首はたっぷりチンカスが溜まってコビリ着いていたから、ショウ君の舌先を尖らせて掻き出すようにチンカスを舐め擦りまくっているんです❤️生まれて初めてされたフェラチオの快感は悶絶しちゃう恍惚感が堪らなくて、ザーメンの射精感が夢精の時のように湧き上がり亀頭が膨れて来ちゃって、暴発寸前になった私の竿の付け根をショウ君が指輪を作ってギュッ💕って締め付けて、暴発射精を止めてチンカスのお掃除亀頭フェラチオを続けていました❤️裏筋の亀頭の付け根のところまでも、丁寧にねっとりシャブリ舐め吸われたオチンポを、ショウ君は口からようやく出して私に見せたんです❤️物凄い白いツブツブがコビリ着いて、亀頭全体にもカビのように真っ白にチンカスが付着していたのが、キレイにツルツルの亀頭になって、カリ首のところに塊になって付着していたチンカス・ベルトは無くなっていました❤️するとショウ君は私の手をつかんで、手のひらを開かせたその中に唾液混じりのチンカスの塊やツブツブを吐き出したんです❤️物凄いチンカスの量とチーズのような匂いが立ち込めて、私のオチンポの亀頭がピクンピクンなりながら先汁に少しザーメンが混じっていたのか、溢れ出て来ている先汁が白濁していました❤️するとショウ君は私をベッドに座らせて、私の横に座ると自分のオチンポを握ってシゴキ始めたんです❤️ちゃんと皮を剥いて亀頭を包み込んだ左手は、クチャッ💕クチャッ💕クチャッ💕って亀頭がパンパンに膨らみきって、割れ目がパックリ開いてその中の穴までも私に見せつけて、ショウ君の手コキオナニーを私に見せつけていました❤️『はぁはぁはぁはぁぁぁッ💕‥‥あぁぁぁッ💕はぁぁぁぁッ💕(シコッシコッシコッシコッシコッシコッ💕‥‥ヌチャヌチャヌチャヌチャヌチャヌチャッ💕‥‥)‥‥マー君💕‥‥ど、どうだい?💕とってもエッチだろう~❤️こ、これがオナニーなんだよ💕‥‥センズリとも言うんだよ、男の子のオナニーはね~❤️‥‥あぁぁッ💕あぁぁぁッ💕』ショウ君は左手で自分のオチンポをシゴキまくって、右手は私の身体中をまさぐって、膨らみの少しある乳房の撫でたり、チンカスが無くなってビクンッビクンッなっている亀頭が剥き出しになった亀頭を握って、親指で亀頭を撫で擦ってみたり、太腿を撫でて金玉を優しく揉みまくったりしていました❤️私の右手のひらの中には、ショウ君が舐めシャブリ吸い取ってくれて吐き出された大量のチンカスの唾液が乗せられたままになっていました❤️するとショウ君は『マー君💕右手を僕に出して💕‥‥』なんとショウ君は私の右手のひらの中のチンカス唾液を啜り舐め取って、口の中で味わっています❤️そしてゴクッ💕って飲み込んじゃったんです❤️私の手のひらをペロッペロッ💕って舐めシャブリ吸ってくれて‥‥💕その間もショウ君はオナニーを続けています❤️ショウ君は舌を出して私に見せたら、私のチンカスが舌に少し残っていました❤️『マー君💕‥‥僕の舌をシャブリ吸ってくれる?💕‥‥チンカスを味わってみてよ💕‥‥はぁはぁはぁはぁぁぁぁ~❤️‥‥早く~❤️もう、もうそろそろイッちゃうから~❤️』私は物凄くエッチな快感が湧き上がっていて、暴発寸前だったオチンポが再び物凄い恍惚感から何かが噴き出して来るような絶頂感に、身体中が熱くなって脳内はショウ君のオナニーをするエッチな姿に興奮して欲情していました❤️私はショウ君の私のチンカスが着いた舌をシャブリ吸っていました❤️チュパッチュパッチュパッ💕ジュボッジュボッジュボッ💕‥‥物凄いエッチな味がして私のオチンポがビクンッビクンッしなって夢精の時の物凄い恍惚感が溢れ出ていました❤️するとショウ君は舌を引っ込めて私の前に仁王立ちになって、オチンポを激しく物凄い速さでシゴキまくって、先汁が飛び散って私の身体中に降り注いでいます❤️『はぁはぁはぁはぁッ💕はぁぁぁぁぁ~❤️‥‥マー君💕イッちゃうよ~❤️‥‥ザーメンが、僕のザーメンが噴き出しちゃう射精を‥‥あぁぁッ💕あぁぁッ💕はぁはぁはぁはぁッ💕‥‥しっかり見てね~❤️‥‥はぁッ💕はぁッ💕はぁはぁはぁはぁ~❤️‥‥イッちゃうイッちゃうイッちゃう~❤️イクイクイクイクイクイクッ💕‥‥あぁぁぁッ💕出る出る出る出る出る出る~❤️あぁぁッ💕』ビュルビュルビュルビュルッ💕ビュルルルルルッ💕ビュルルルルルッ💕ドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッ💕ビュルビュルビュルビュルッ💕ビュルルルルルッ💕ビュルルルルルッ💕ドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッ💕‥‥ドクッドクッドクッドクッドクッドクッドクッドクッ💕‥‥❤️❤️❤️物凄い勢いで大量に射精されちゃったショウ君の濃厚で白濁したザーメンが、私の身体中にぶっかけられて特に私のフル勃起しちゃって暴発寸前の亀頭剥き出しオチンポに、たっぷりぶっかけられてドロッドロになって私のパックリ開いている亀頭の割れ目の中にまでも、ショウ君の濃厚なザーメンが注ぎ込まれているんです❤️『はあはあはあはあはあはあ‥‥マー君💕‥‥はぁはぁはぁッ💕‥‥どうだった~❤️‥‥これがオナニーだよ~❤️‥‥すっごく気持ちいいんだよ~❤️』私はこのワイセツ過ぎるエッチな光景に脳内が絶頂感に満たされて、金玉がパンパンに膨らみ上に上がっていました❤️身体中が物凄くエッチな快感に満たされて、金玉の奥底から何かが噴き出して来るのを感じていました❤️「はぁはぁはぁはぁッ💕ショウ君~❤️‥‥あぁぁぁ~❤️何かが出ちゃう~❤️オチンポから何かが出ちゃうよ~❤️‥‥あぁぁッ💕はぁはぁはぁはぁ~❤️あぁぁぁッ💕出る~❤️出ちゃう~❤️あぁぁッ💕」ビュルビュルビュルビュルッ💕ビュルルルルルッ💕ドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッ💕‥‥ドロッドロッドロッドロッドロッドロッドロッドロッドロッ💕‥‥❤️❤️❤️私はほとんど扱かないで、ショウ君のワイセツ過ぎるオナニーと私の身体中にぶっかけられて私の亀頭の割れ目の中に注ぎ込まれて行くショウ君のザーメンを見た瞬間から、我慢しきれない恍惚感と物凄い快感から暴発射精しちゃったんです❤️ショウ君のような大量のザーメンじゃないけど、濃厚で白濁したドロッドロのザーメンが私のお腹や太腿やオチンポに射精されて、ショウ君のザーメンと混じり合って物凄いエッチな光景に私の勃起は萎えませんでした❤️するとショウ君は私のオチンポに顔を寄せてきて、たっぷりのザーメンを舐めシャブリ吸いまくり始めたんです❤️❤️❤️チャプッチャプッチャプッ💕ジュルルルルッ💕ジュルルルルッ💕クチュックチュックチュッ💕ジュルルルルッ💕ジュルルルルッ💕ジュルルルルッ💕‥‥❤️『マー君💕‥‥マー君のオチンポ💕まだまだフル勃起しちゃって~❤️キレイに舐め取ってあげるから、そしたらマー君のオナニー💕見せてよ~❤️』

  3. オナフレ より:

    「ショウ君~❤️‥‥私のオナニー💕見ててくれるの~❤️」『うん💕‥‥たっぷりエッチなオナニー💕見せてよ~❤️』ショウ君はまだオチンポからザーメンが滴り垂れたままで、ベッドの上に胡座をかいて座りました❤️オチンポはまだビクンッビクンッしなってフル勃起しちゃっています❤️私のオチンポは暴発射精しちゃって、皮が再び少し戻って被っていました。でもショウ君からぶっかけられたザーメンを舐めシャブリ吸い取ってもらって、まだまだ勃起しています❤️私のはフル勃起しているショウ君のオチンポから滴り垂れたザーメンを舐め取って、亀頭を口に含んでシャブリ吸ってショウ君からされたフェラチオを真似したんです❤️『あぁぁぁッ💕‥‥マー君💕‥‥気持ちいいよ~❤️』ショウ君の亀頭は射精されたザーメンでヌルヌルになっていました❤️口からオチンポを離すとタラ~ッ💕ってザーメンが唇から滴りました💕そして私は脇腹にぶっかけられて残っていたショウ君のザーメンを、チンカス唾液を吐き出されて舐めシャブリ吸われた手のひらに掬い取って、私のオチンポの皮を剥いて亀頭にそのザーメンを撫で擦り、塗り込むように亀頭をゆっくりシゴキ始めたんです❤️暴発射精しちゃった亀頭はとっても敏感になっていました❤️「はぁぁッ💕はぁはぁはぁはぁぁぁぁぁッ💕‥‥あぁッ💕あぁぁぁぁ~❤️‥‥ショウ君~❤️」私はショウ君と向かい合って胡座をかいて座ってオチンポを扱きまくっています❤️『マー君💕‥‥あぁぁ~❤️とってもエッチだよ~❤️‥‥あまり強く扱かないで、優しくゆっくり揉みまくったり、握り撫で擦ってごらん💕‥‥そう、そうだよ~❤️』ヌチャヌチャヌチャッ💕クチュックチュックチュッ💕ネチャッネチャッネチャッ💕‥‥「あぁッ💕あぁぁッ💕はぁはぁはぁはぁはぁぁぁぁぁ~❤️‥‥エッチ💕ショウ君のエッチ~❤️す、凄いよ~❤️堪らないよ~❤️また、またザーメンが出ちゃうよ~❤️」ヌチャヌチャヌチャヌチャヌチャッ💕グチョッグチョッグチョッグチョッグチョッ💕‥‥『あぁぁッ💕はぁはぁはぁはぁ~❤️‥‥マー君💕イキそうかい?❤️ザーメンは僕のオチンポにぶっかけてよ~❤️‥‥亀頭の割れ目を開くから~❤️この中にザーメンをぶっかけてよ~❤️』「はあはあはあはあ‥‥あぁぁッ💕ショウ君~❤️やらしい~❤️あぁぁ~❤️エロ過ぎるよ~❤️‥‥はぁはぁはぁはぁぁぁぁ~❤️もう、もうイッちゃうよ~❤️はぁはぁはぁはぁはぁぁぁぁ~❤️イッちゃうイッちゃうイッちゃう~❤️イクイクイクイクイクイクッ💕‥‥あぁぁ~❤️出る~❤️出る出る出る出る出る~❤️はぁッ💕」ビュルビュルビュルビュルッ💕ビュルルルルルッ💕ドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッ💕‥‥ドロッドロッドロッドロッドロッ💕‥‥❤️私のオナニー射精しちゃったザーメンは、ショウ君の亀頭の割れ目が開かれた中にドビュッドビュッ射精されて、ショウ君のオチンポがザーメンまみれで見えなくなるほどに大量なザーメンまみれになっていました❤️『はあはあはあはあ‥‥マー君💕凄いよ~❤️堪らなくエッチだよ~❤️‥‥僕達は一生涯の親友オナフレだよ~❤️』ショウ君は私の射精したザーメンまみれのオチンポをシゴキまくって、私をベッドに仰向けに寝かせて覆い被さるようになって、ザーメンまみれのオチンポを私のオチンポに合わせて、私の唇を舐め吸って舌を私の口内に入れて、舌と舌を舐めシャブリ吸い合って、セックスのように私の乳房を揉みながらディープキスを長く続けて、ショウ君の舌が私の乳輪と乳首に行って口に含んで舐めシャブリ吸っていました❤️そしてネチョネチョにザーメンまみれになってる亀頭同士を合わせて握ってシゴキ始めたんです❤️「あぁぁ~❤️ショウ君~❤️」このワイセツな宴は夕方までも続いて、お互いに4発ずつものザーメンを射精しちゃったんです❤️

  4. オナフレ より:

    あれから中学、高校、大学と同じ道を進んで来た私とショウ君💕もうお互いに社会人となっていますが、会社も同じ会社に昨年から新卒で入社しましたが、今のコロナで私は週の半分はテレワークですけど、ショウ君は営業部で毎日出社しています。通勤には交通機関を使わずに自転車通勤をしています。毎週PCR検査をして、最近ようやく職域ワクチン接種が終りました。営業部の顧客訪問もリモートに切り替えて行ってますから、いずれはすべてテレワークになるかもです。オナニーから発展して行って、今はマシンオナニーからオーラルセックスに進化しています❤️今の二人のトレンドは【尿道ブジー】を使って、お互いの尿道を耳掻きのように掻き回すプレイです❤️

  5. オチンポぶっかけ より:

    私は高校生の時にゲイポルノを友達の家で観てから、その友達から『ねぇ‥‥○○君のオチンポ、フェラチオして良いかなぁ💕?』って突然言われて、最初はちょっと驚きましたが、私はゲイポルノ映画(もちろん無修正)の中で、男同士がお互いのオチンポをフェラチオし合って、物凄くエッチな恍惚感になっていたし、もともと男性でもエッチな快感が得られるセックスには興味があって、男性がザーメンを亀頭の割れ目からドビュッドビュッ射精するシーンに興奮しちゃって、先汁が溢れ出てパンツの中はヌルヌルでしたから‥‥「うん💕‥‥良いよ。でも歯を立てないでね。気持ち良くしてよ💕」って言っちゃったんです❤️私はゲイポルノ映画を観ながら友達の◎◎君から全裸にされて、◎◎君も全裸になって私のフル勃起しちゃっているオチンポを口に含んで舐めシャブリ吸い始めたんです❤️ポルノ映画の中でも若い可愛い男の子が6人の逞しい男達から囲まれて、6本のオチンポをフェラチオしていました❤️順次に男の子の口内に6人の逞しい男達からザーメンが射精されて、男の子の口内から溢れ出て滴り垂れていました。私もポルノ映画で5人目の男性からザーメンが射精されたと同時に、◎◎君の口内にドビュッドビュッドビュッ💕‥‥って射精しちゃったんです❤️高校時代は◎◎君とのセックスが続いていましたが、卒業すると同時に大学の進路が違ったのと、◎◎君のお父さんの転勤が重なって、その後は遠距離になったので会えなくなってセックスをする事は無くなりました。私は社会人になってサウナにハマっていました❤️私が行きつけのサウナにはシャワールームがいくつかあって、シャワーの水圧が強くて一穴からの放水が出来て、ウォシュレットのように出来るし、ビデのようにも出来ちゃうんです❤️何故かビデの専用陶器がトイレにあるんです。アナル洗浄用にでしょうね~❤️ シャワールームは石壁で左右が仕切られてシャワーが飛び散らないようにして、防水カーテンで隠せるようにも出来るんです❤️よく見ると膝下ぐらいからは見えるから、シャワールームニューハーフ二人で入っていると足が4本あるので分かります。ソロで入っている人はペアを求めていますから、わざとらしくオチンポを泡まみれにして誘っているんです❤️私も真似してカーテンを開けて身体中を洗い、オチンポを泡まみれにしていると若い男性が『入っても良いかなぁ?💕‥‥』って来たんです❗私が「どうぞ💕」って言うと彼は入って来てカーテンを閉めて、しゃがんてオチンポをキレイに洗ってシャワーを当てて亀頭を膨らませて行ったんです❤️そして私の泡まみれになっていたオチンポをシャワーの水圧を高めて亀頭を中心にして当てています❤️彼も私もオチンポがフル勃起しちゃって大きさも亀頭の位置もほぼ同じです💕彼は兜合わせをして、籠の中にローションを持っていて、それを合わせた亀頭同士に垂らして私の手をとって、お互いに亀頭を握り揉み擦り合っていました❤️ヌチャッヌチャッヌチャッ💕クチュックチュックチュッ💕グチャッグチャッグチャッ💕‥‥すると『はぁはぁはぁはぁはぁぁぁぁ~❤️‥‥お、お兄さん💕シャワー当てて射精しない?❤️』って言うと彼は、シャワーの水圧を高めて合わせた亀頭同士にシャワーのぬるま湯を当てたんです💕シャャャャャャ~ッ💕‥‥亀頭に心地よい刺激的な水圧でぬるま湯が当てられて、堪らない恍惚感の中で射精感が高まって行きました💕『はあはあはあはあ‥‥お、お兄さん💕‥‥僕、僕もう出ちゃうよ~ッ💕はあはあ‥‥あぁぁぁッ💕はぁはぁはぁはぁぁぁぁ~❤️イッちゃうイッちゃうイッちゃう~❤️‥‥あぁぁッ💕』シャワーにサッと避けて、お兄さんがドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッ💕ビュルルルルルッ💕ビュルルルルルッ💕ドクッドクッドクッドクッドクッ💕‥‥❤️私の亀頭に男性から射精されたザーメンがぶっかけられて、私の亀頭の割れ目の中にまでも❤️‥‥「あぁぁ~❤️やらしい💕‥‥僕も、僕もイッちゃうよ~❤️はぁはぁはぁはぁはぁぁぁぁッ💕‥‥出ちゃうよ~ッ💕はあはあはあはあ‥‥出る出る出る出る出る~❤️はぁぁッ💕」ビュルビュルビュルビュルッ💕ドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッ💕ドクッドクッドクッドクッドクッドクッドクッ💕‥‥今度は私の射精しちゃったザーメンが男性の亀頭の割れ目の中に流れ込んで行って‥‥❤️お互いに立ってられない程にエクスタシーを感じて、交互にフェラチオしてザーメンを舐めシャブリ吸って、シャワーで流してキレイにしたんです❤️ そして男性は出て行ったので、私は気泡風呂に入りました。ブクブクブクブクって下から泡が金玉や肛門、竿や亀頭にも当たるのが心地よい刺激です💕すると横に違うお兄さんが寄って来て私のオチンポを握って『さっきは気持ちよさそうだったね~❤️‥‥今度は私としようよ🎵』お兄さんは私の亀頭を親指の腹で撫で擦っています❤️カリを人差し指で握り撫で回して、亀頭を親指で回すように擦りまくっています❤️私は目でOKの合図をして一緒に湯舟から出ました。そして部隊シャワールームに入ったんです❤️するとお兄さんは私のオチンポの皮を伸ばして亀頭に被せて、お兄さんは自分の亀頭を露にして、キレイにSOAPで洗ってから私の亀頭の割れ目と、お兄さんの亀頭の割れ目をぴったり密着させて、私のオチンポの皮でお兄さんの亀頭を包み込んで、ゆっくりシゴキまくって空気を抜いて、オチンポが密着して繋がったんです❤️なんてワイセツな光景でしょう❤️『さぁ💕‥‥君の手でシゴキまくって欲しいんだよ~❤️』私はオチンポの繋ぎ目を握ってゆっくりシゴキまくって行きました💕ヌチャッヌチャッヌチャッヌチャッ💕クチュックチュックチュックチュッ💕ジュボッジュボッジュボッジュボッ💕皮口から先汁が泡立って溢れ出て来ています❤️『はぁぁぁ~気持ちいいよ~❤️やっぱり、やっぱり吸われてるよ~❤️』私のオチンポがお兄さんのオチンポより大きいからか、お兄さんの亀頭の割れ目の中の穴を、私のオチンポの亀頭の割れ目の中の穴が吸っているんです❤️『はぁはぁはぁはぁはぁぁぁぁぁ~❤️‥‥す、凄いよ~❤️あぁぁッ💕あぁぁぁッ💕はぁはぁはぁぁぁぁぁ~❤️イッちゃう~❤️イッちゃうイッちゃうイッちゃう~❤️‥‥あぁッ💕出るよ~❤️出る出る出る出る出る~❤️はぁはぁぁッ💕』ジュルルルルッ💕ジュルルルルッ💕ジュルルルルッ💕‥‥ドクッドクッドクッドクッドクッドクッ💕‥‥「はぁぁぁッ💕‥‥オチンポの、オチンポの中が熱いよ~❤️はぁはぁはぁはぁぁぁぁ~❤️‥‥気が、気が狂っちゃうよ~❤️」私は脳内が真っ白になって、悶絶していました❤️私の尿道にお兄さんのザーメンが注入されているんです‼️❤️あまりにもワイセツ過ぎる変態行為に敏感になり過ぎた密着している亀頭の割れ目をヌチャ~ッ💕って剥がすように離して、白濁した濃厚なお兄さんの射精されたザーメンが、私の亀頭の割れ目の中からジワッ💕って溢れ出て来ています❤️するとお兄さんは私のオチンポをパクッ💕ってくわえてフェラチオを物凄いバキュームで舐めシャブリ吸いまくっていました❤️私は石壁にもたれ掛かって、身体中を痙攣させて堪らなく物凄い絶頂感に向かって行っていました❤️ジュボッジュボッジュボッジュボッ💕ジュルルルルッ💕チュルルルルッ💕ジュボッジュボッジュボッジュボッジュボッ💕「はあはあはあはあ‥‥あぁッ💕あぁぁぁッ💕あぁあぁあぁぁぁぁ~❤️‥‥☆$@¥♪&?+&$@¥☆‥‥はぁぁぁ~❤️イッちゃう~❤️イクイクイクイクイクイクッ💕あぁッ💕」ビュルビュルビュルビュルッ💕ドクッドクッドクッドクッドクッドクッドクッドクッドクッドクッ💕ビュルルルルルッ💕ドビュッ💕ドクッドクッドクッドクッ💕‥‥❤️舐めシャブリ吸いまくられながらの大量ザーメン射精に、お兄さんも驚いて口からオチンポがはみ出した瞬間にお兄さんの身体中にザーメンがぶっかけられて、お兄さんがあわてて口内にオチンポをパクッ💕ってくわえて射精がバキュームされて行ったんです❤️私はへたり込んで、オチンポがビクンッビクンッビクンッビクンッしなりながら、まだザーメンがにじみ出ていました❤️お兄さんは私のザーメンで顔中がドロッドロになって、私に口内を見せて大量にザーメンが含まれているのを、ゴクッゴクッゴクッゴクッゴクッ💕ってゆっくり飲み込んで行きました💕私の射精したザーメンは、お兄さんが私の尿道に射精したザーメンと私のザーメンとが混じり合っていたので、物凄い大量ザーメンだったんです❤️そしてお兄さんがシャワールームから出たんですけど、また違うお兄さんが入って来たんです❤️そして‥‥‥‥❤️

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。