ホーム » ノンケ » 【ゲイ体験談】新婚ノンケと朝までカーセックスしたった!!!!!!

【ゲイ体験談】新婚ノンケと朝までカーセックスしたった!!!!!!

感度のいいノンケ君

山口県在住の会社員さんからの投稿。会社の飲み会後、いつものように車で寝ることにしたという投稿者。すると近くのベンチに1人の若者が座っていたという。こんな時間にどうしたのだろうと気になり声をかけてみると・・・・・・
サウナでフェラされる男性
いつも楽しく読んでおります。

私にもそんな楽しいことないかなと思っておりましたが、ついに体験があったので、投稿させていただきました。

昨日は取引先の方と飲んだので、いつものように車で寝ようと、近くの駐車場に行きました。

私の車はミニバンなので2nd、3rdシートを倒すと、フルフラットになります。

昔からアウトドアが好きでよく車で寝るので、キャンプ用のエアーマットとタオルケットは常に積んであります。

しばらく携帯をいじって12時半を回ったので寝ようと思い、トイレのために、駐車場の外れにあるトイレに行きました。

トイレの横にはベンチがあるのですが、そこに若者が座っていたのです。

こんな時間にこんなところで1人だなんておかしいなと気になってしまい「どうしたんですか?」と声を掛けたら、ハッとした様子で私を見て、「大丈夫です」と答えたのですが、「こんな時間ですよ」と聞き返したら「実は恥ずかしい話なんですが、妻とケンカして、悔しくて飛び出して来ちゃったんです」とのこと。

その若者はA君と言い、24歳で、今年の6月に結婚したばかりの新婚さんでした。

草彅君に似た感じの人当たりのいい可愛い男性だったので、「ウイスキーしかありませんんが、ヤケ酒でも飲みますか?」と聞くと、チョットの間があって、「いただきます」と言うので、私の車に誘いました。

2ndシートを回転させて対座にして、水割りを作って飲みながら、ケンカの顛末を聞いていたのですが、私はA君の隣に移動して、彼の肩を抱いて耳元で「大丈夫です、すぐに仲直りできますよ」と声を掛けたのです。

その時、私の唇が彼の耳たぶに触れたんです。その瞬間、A君はビックと反応したので、もしかしたらと肩の手を移動して、髪の毛から首筋辺りを撫ぜるようにしました。

すると、思った通り反応するので、暫く続けていました。

反対の手でA君の顎を持ち上げキスをすると、嫌がらず、唇を合わせていました。

舌で唇を開けようとしましたが、拒否されたので、髪の毛の生え際辺りを軽く唇で触れてみました。反応よく、吐息が漏れて、身体に力が入るのがわかりました。

再度キスをすると、今度は彼から積極的に舌を絡ませてきたので、Gパンの上から股間を揉むと、ドンドン勃起していくのがわかります。

Tシャツの下から手を入れ、直接胸に触ると、乳首は既に硬く起っていました。手のひらで軽く擦っていると、突然唇を外し、大きな声を出し始めました。

Tシャツをめくり、もう一方の乳首を舌で舐め始めると、直ぐに身体を硬くしました。

乳首を舐めながら、Gパンのホックを外し、パンツの上から勃起を撫でると、更に息が弾んでくるのがわかりました。かなりの巨根で、Gパンがきつく、指は勃起の上部までしか届いていませんでした。Gパンを脱がせようとすると、腰を浮かして助けてくれます。

A君の亀頭はとても大きく、ゆで卵くらいの大きさがありました。鈴口は先走りで既にビチョビチョで、汁を亀頭全体に擦り付け、人指し指でカリを軽く叩いていたら、1分くらいで大きな声で、「イク~」と叫びながら身体を硬直させます。

構わず叩いていると、2分でイッていました。

精液の噴出が過ぎても、そのまま続けて叩いていると、すぐに「またイク~」と身体を硬直させます。

その後、足をM状に開いて、大きな勃起を舐めようと顔を近づけると、肛門のビラビラは少し黒紫色でしたが、亀頭はピンク色でとても綺麗でした。

こんなに大きな勃起は初めてだったので、思いっきりシャブリつきました。舌でチョロチョロ舐めていると、すぐに「イク~」と叫んで、太ももで私の頭を挟み付けました。

肛門に指を入れると、入り口付近が感じるようで、人差し指の第一関節が入った辺りが特にプクーッと膨らんでくるのです。多分これが前立腺だと思います。

本でしか知らなかったので、そこを軽く擦っていると、大きな声を張り上げながら、自分の勃起を揉み始め、亀頭を摘んでグリグリするんです。当然すぐにイッてしまいます。

次いで指を2本にして、中指で腸壁を突っつきながら前立腺を擦っていると、頭を掻きむしりながら、「ダメ、やめて、死ぬ~」と大声を出して、その後は声にならない喘ぎで、また精液を吹いてしまいました。

そろそろ私の勃起にもいい思いをと、肛門に挿入すると、入り口の辺がもの凄く締まります。

入り口付近が感じるようなので、奥まで入れず、入り口付近を細かく振動させていると、

「もうダメ、またイキそう」叫んで、私の肩にしがみついて身体を硬直させます。

私も激しいピストン運動をしないので、余裕を持っていられます。

その後、バックで思いっきり激しくピストン運動で、私もついに爆発させてしまいました。もちろん中出しですよ。

結局、朝の5時まで4時間もやりっぱなしでした。

A君は非常に敏感な体質なのか何回イッたかわからないほどで、私も4回ほど中出しさせていただきました。

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:巨根の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。