ホーム » 巨根 » 【ゲイ】野外でザーメンまみれにされた性処理便所

【ゲイ】野外でザーメンまみれにされた性処理便所

朝まで便所

愛知県在住の大学院生からの投稿。初めて野外で便所になるため入念な準備をする投稿者。まずはジムで筋肉をパンプさせてから、オイルとローターを仕込み・・・・・・
野外ファック
初めて、媚薬仕込んで野外に行った。

掲示板に書き込みをしたら早速、堀り倒してやるってメールが…。

ジムでたっぷりかいた汗を含んだピッチピチのトレーニングウェアを着て、ケツにはオイルとローターを仕込んで、いざ外に……

媚薬が効き始めてきた……

座っていると、若い兄ちゃんが俺の眼前にデカマラを突き出してきた。

タンクトップで筋肉質、髭短髪のタイプだった。

その兄ちゃんは俺の口マンにいきなりぶちこんできやがった!

俺は喉の奥までガスッガスッガス!って掘られ続けたけど、効いてるからなのか喉奥犯される感覚がすごく気持ちよかった。

俺はケツに仕込んでいたローターのコントローラーを兄ちゃんに渡した。

「てめえすげえ淫乱だな!チンポ欲しいんだろうが!!」と言われ、「ウッス!デカマラ欲しいっすよ!!」気づいたら周りにはいつの間にか何人ものギャラリーが……。

皆が見ている中、俺はまず顔にぶっ掛けられた!!!

すごくたくさん、かけてくれてイヤらしい匂いがプンプンだった。

ぶっかけられたままその場に座っていると、すぐに別の兄ちゃんがやってきて、俺のトロットロのケツマンに何も言わずガンッガンッガンッガンっていきなり犯してきた。

入れ替わり状態でそんな事が朝まで続いて、俺の顔と口とケツがザーメンまみれになった朝の四時半位にまたメールが。

「俺のマラ21cmはあるからそこらへんのウケでは処理できん。トロットロのマンコで処理させろ」

俺は後半戦に備え媚薬を縛吸いして、そいつが来るのを待つ。

ベンチにかがみ、ケツを突き出す格好で待っていると、後ろから誰かが近づいてくる……。そいつはいきなり、俺のマンコにぶちこんできやがった!

で、っでっけええ!今まで感じたことのない圧迫感に少し怯む。

そいつは遠慮なくガスッガスッガスッガス!って俺のマンコを突いてきやがった。

ガンッガンッガンッガンッガンッガン!ウグオオオ!すっげええガン堀り!!

もう腰もガックガクになってるのにこんなガン堀たまんねえ!!!

「何人のチンポ咥えて来たんや?オラ!答えろヤ!」と言われ、「わかんねえ位掘られたッス!」とでっけえ声で返事。

「お前、すげえ淫乱だな!種付けされてえんだろ!もっとでっけえ声で鳴いてみろや!!」

「ウオ!すげえ!アッグアア!」

​「オラ!!!イクぜ!!!イクイクイク!!!」とそいつは俺の中にドクッドクッドクとぶっ放した。俺はそいつのイッたばっかのデカマラにしゃぶりつき、発射!

かなりの勢いでぶっぱなした。

久々に性処理をしたって充実感でいっぱいになった。

野外セックスが癖になりそうだが、これから寒くなってくるから今年はこれで終わりかな?気が早いけど春が待ち遠しいw

 

カテゴリ:巨根の最新記事

カテゴリ:野外・露出の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。