ホーム » 出会い系掲示板 » 潮吹き失神した尻オメコ君の腰づかいがヤバ過ぎwwwwwww

潮吹き失神した尻オメコ君の腰づかいがヤバ過ぎwwwwwww

失神中もなお締め付けてくるオメコ

広島県在住の会社員からの投稿。掲示板で見つけた年下ドMとホテルで会った投稿者。越中褌を穿いて気合い充分のドMに軽く焦らすと、見たこともない量の先走りが溢れ出し・・・・・・

潮吹き失神した尻オメコ

掲示板で知り合ったドMに会ってきた。

褌一枚で待ってるって。期待できるね。

ホテルの部屋に入るや、私の股間に顔を埋め、息子にむしゃぶりつく。
さすが、最高のフェラだ…

「もっとしゃぶれ!」

知り合って間もないのに、命令口調の私。

Aはグチュグチュ音をたて、よだれを出しながら頬張る。

「ほら、もっともっとしゃぶれ!」不覚にも、直ぐに逝きそうになる。

私は冷静な顔をして息子を口から抜き、濃厚なキスをし、意地悪を始める。

「全裸になってオナニーしろ」

Aは年の割りには亀頭がツンとしており、なおかつ巨根!
越中を脱いだ途端、太股につ~っと液が流れる。

先走りだ。Aの先走りは半端じゃない。濡れ始めると止まらない。

ここまで溢れる奴は見たことがない。

それを知って、更に興奮した私は焦らし始める。

Aはもの欲しそうな顔をし、こっちを見つめる…。

あえて近くに寄らない私にしびれを感じたのか、勃起に手を持っていき、グチュグチュ音をたて始め、

「‥‥て…」

「はっ?聞こえねぇよ」

「お願い…て」

「だから聞こえねぇって!」

「しりおめこに入れて!!!!!!」と、一言一言発する度に姿勢を変えるが、勃起は私に向いたままだ。

息子もビンビン…そろそろか…

1人でオナニーに没頭しているため、近づいてもわからないらしい。
Aの指が勃起からずれた瞬間、ブチュ!!

「ああああああ~はぁぁぁぁ‥‥」と、一気に根元まで挿入と同時に声を荒げた。

当然、生で挿入した私には、ねっとりとした腸液と襞が絡む。

「いい~、いい~」と言いながら、腰をクネクネ動かし始めた。

この腰遣いヤバ過ぎる、相当の場数を踏んでいる。

「お前の声より、おめこの音の方が大きいぞ、本当にやらしい奴だな」

「ああ~、もっともっと」

私はピストンを速めた。潮を吹いたかのように液が飛び散る。

「あっ、あっ、こわれる~。もっともっと~」と本性を露わにした。

やがて私、射精感を感じた…
更にピストンを速め、Aも気付いたようだ。
言葉にならない声をあげ、かつ腰を動かしてくる。

「出すぞ!!」

「中に、中に出して! 早く早く! いっ、いっ、いく~」

その瞬間、Aも大放出した。

「あああ、あっついの感じる~」

そう言ってAは失神したが、しりおめこは更に私を締め付けている。

その後、更に3回中に注ぎ込み、ホテルを後にした。

 

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

カテゴリ:潮吹きの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。