Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】茨城の某穴あきトイレで変態少年が出没中wwwwwww

【ゲイ】茨城の某穴あきトイレで変態少年が出没中wwwwwww

茨城県稲敷市にて

茨城県在住の男子学生からの投稿。学校帰りに某公園のトイレで用を足していた投稿者。ここのトイレは個室が覗けるように穴が空いていることで有名だった。そして後から来たノンケっぽいリーマンが個室に入ったようで・・・・・・

覗き穴便所に入ったノンケリーマン

学校の帰り道、急にトイレ行きたくなって、公園のトイレに入りました。

稲敷市にある球場の公園にあるトイレで、まあまあ綺麗なので使いやすいです。

昼間は子供とかで賑わう公園も、さすがに夜8時を過ぎると人気がない。

静まりかえったトイレでおしっこしていると、すっげぇカッコいいお兄さんリーマンが大の方へ入った。

実はここのトイレにはおもしろい仕掛けがあるんですよ。

個室がいくつかあるんですが、穴が開いているんですよ。

直径が5㎝ほどの小さな穴で腰ぐらいの高さにポンっと空いてるんです。

もちろん僕は覗きました。

そんなデカくないPでしたが、青のメッシュのビキニパンツでした。

財布の中にあったレシートの裏に≪良かったら、フェラしてあげましょうか?≫と書いて、穴から入れました。

すると、リーマンは穴の向こうから手招きしました。

僕は、すぐ隣の個室の戸の前に行きました。

すると、カシャと鍵の開く音。中に入りました。

リーマン兄ちゃん(Hさん)は、「本当にいいの? 金払わないよ?」

僕「いいよ。フェラさせて欲しいだけだから」

そう言うと、彼は笑い返してくれた。

よく顔を見ると、伊勢谷友介似のイケメン!

いよいよ彼のソーセージをいただくことにした。

大きさは13cmくらい、太くはなかった。

しゃぶるには丁度いいサイズだった。

「あぁぁ・・・気持ちいいぃぃ・・・あああ」

まずはねっとりと、かつ丁寧にしゃぶる。彼の声で余計に興奮する。

H「イッ、イク時はぁぁ、どっ、どうすればぁいっ、いいですかぁ~?」

僕「中に出して」

それから、僕は思いっきりバキュームフェラしてやった。

しかし、彼にはほんの少しだけイカせてやった。

僕「全部はイカせないよ。イクのはココで」

そう言うと、僕はズボンを脱ぎ、便器に座っている彼のギンギンのチンポ目掛けて腰を下ろした。

もちろん、その前にローションをたっぷり、彼のアソコと僕のアソコへつけて合体!!

H「こんなに・・・気持ちいい。アナルいい」

僕「いっぱい突いて!」

H「実は俺、まだ童貞なんでわらないよ」

僕「えっ?! わかった、僕がリードするよ」

そう言うと、僕は思いっきり動きまくった、疲れたけど。

そのうち、彼も慣れてきたみたいで、結構やってきた。

クチャクチャ、パンパンと凄い音が夜の公園のトイレに響き渡る。

その音の中に男の喘ぎ声が混ざる。ついに時が来た。

H「あっ、イキそう、あっあっあっ」

僕「イッて~!」

僕の中に温かな感触がした。そう、彼のエキスが僕の中に来たのだ。

その後、彼の家に寄らせてもらい、一緒にお風呂に入る。

驚いたことに、彼と同じマンション、しかも上下!彼は22歳でした。

女性と付き合ったことはあるが、キスもエッチもしたことない、真面目なノンケくんでした。

僕は、「初めての体験を男でさせちゃってごめんなさい」と言いました。

すると彼は、「いや、最高の体験をさせてもらったよ。できれば、またして…くれないかな?」

僕は何も言わずに、彼の唇に僕の唇を重ねた。

あれから毎日している。もしも妊娠できるなら、彼の子を産みたい。



 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索