ホーム » フェチ・特殊性癖 » 【ゲイ】岡山の奇祭で実際に使用された褌をオカズにする俺

【ゲイ】岡山の奇祭で実際に使用された褌をオカズにする俺

六尺集め

岡山県在住の会社員さんからの投稿。年に一度岡山某所で行われる奇祭、はだか祭り。フンドシ姿の男たちが福男をかけて争う。観衆の中にいた投稿者は、もう興奮が抑えきれず・・・・・
テンガでオナニー
祭のあと、屈強な男達は集会所に集まり、普段着に着替え、飲み合う。

六尺は、激しい祭でドロドロボロボロになるから、使い捨てで、当然のようにゴミとして出される。俺はいつもそれが狙いだ。

どうせ捨てられるのだから、いかがわしい用途は置いといたとしても最高のエコだと思っている。

捨てられている六尺の、できるだけ汚れてる奴を10数本ほど、こっそりさらって家に持ち帰る。そして、深夜、俺一人の祭が始まる。

俺はもう一度汚れた六尺のみ身に付け、部屋中にかっさらってきた六尺をばら撒き、ウォーッと叫びながら、六尺の海の中を転げ回る。

汚れた六尺は、雄の臭いがこれでもかと言うくらいムンムンと強烈で、俺の性感を刺激する。

前袋の中のマラは、もうすでに痛いほど勃起している。

六尺の中に顔を埋める。あぁぁ雄臭ぇ。

汗臭、アンモニア臭や、股ぐら独特の酸っぱい臭を、胸一杯に吸い込む。

やっぱり一年に一回の新鮮な物は溜まんねえ。

臭ぇぜ、ワッショイ! 雄野郎ワッショイ!と叫びながら、前袋ごとマラを扱く。

嗅ぎ比べ、一番雄臭がキツイやつを主食に選ぶ。

その六尺には、我慢汁の染みまでくっきりとあり、ツーンと臭って臭って堪らない。

その六尺を締めてた奴は、祭で一番威勢が良かった、五分刈りで髭の、40代の、ガチムチ野郎だろうと、勝手に想像を膨らまして、鼻と口に一番臭い部分を押し当て、思いきり嗅ぎながら、ガチムチ野郎臭ぇぜ!

俺が行かせてやるぜ!と絶叫し、マラをいっそう激しく扱く。

他の六尺は、ミイラのように頭や身体にグルグル巻き付け、ガチムチ野郎の六尺を口に銜えながら、ウオッ!ウオッ!と唸りながらマラを扱きまくる。

そろそろ限界だ。俺の六尺祭りのクライマックスが近い。

俺は前袋からマラを引き出し、ガチムチ野郎の六尺の中に、思いっきり種付けする。

どうだ!気持良いか!俺も良いぜ!と叫びながら発射し続ける。

本当にガチムチ野郎を犯してる気分で、ムチャクチャ気持ち良い。

ガチムチ野郎の六尺は、俺の雄汁でベトベトに汚される。

ガチムチ野郎、貴様はもう俺のもんだぜ!

俺の祭が済んだあと、他の六尺とまとめて、ビニール袋に入れ押し入れにしまい込む。また来年、祭で六尺を手に入れるまで、オカズに使う。

押し入れにはそんなビニール袋がいくつも仕舞ってあるんだぜ

 

カテゴリ:フェチ・特殊性癖の最新記事

カテゴリ:変態オナニーの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。