ホーム » 中出し・種付け » 【ゲイ】車の中でガキの淫尻に濃厚ザーメンぶっ放してきたwww

【ゲイ】車の中でガキの淫尻に濃厚ザーメンぶっ放してきたwww

ピストンで揺れる車

岐阜県在住の会社員さんからの投稿。掲示板で年下のウケ会社員と会うことになった投稿者。人気のない地元の河原でサクッとカーセックスする事にしたのだが、年下君が思いのほか淫乱で盛り上がってしまい・・・・・
カーセックス
掲示板でヤリ相手を探して会うことに。

相手は小柄のM気のあるガキで、俺はガッチリ体型。

待ち合わせ場所で会ってお互いOKだったんで、ヤルことになった…が、どっちも場所なしで、時間も遅くてホテルに行くのもなんだからっていうんで、相手の車でカーセックスすることに。人気のない近所の河原まで行って、開始。

そいつ、俺にしきりに生派かセーフ派か聞いてくるんだ。

俺は相手に合わせる方で、そいつは種付けに興味あるって言ってきたんで、ならってことでたっぷり注いでやることにした。

まずはネットリとしたキスで責めると、早速チンポに手のばしてしゃぶりたがってる。

相当淫乱だと見込んだ。

「チンコほしいのかよ、あぁ?」

奴は媚売ってるような欲しそうな上目遣いで俺を見る。

たまらなくなり、すかさずしゃぶらせる。

SEXは、仕事上したくてもあんまりできない、とか言ってやがったくせにテクだけは一人前だった。

M気があるって言ってたんで、舌使えとか、音たてろとか、髪の毛つかんで容赦なくクチマン犯してやったら声だして感じてた。

自分で自分のチンコをしごいてるから「おい、誰が扱いていいっつったんだよオラ!」と、手をとめさせ両手を俺が持ったまま、口だけで奉仕させる。

時々腰を浮かせて、奥までチンポつっこむと、眉間にシワを寄せて「ん~ん~」と声になってない声をあげる。

これがまた興奮するんだわ。

今度は四つん這いにさせて奉仕させる。

そしたら、チンコしゃぶってる口を離して「入れて」と懇願してきやがった。

そんな簡単に入れたら面白いワケがない。

「どこに欲しいんだよ、言ってみろよ」

グチュグチュと口を犯しながら、言葉責め。

「おしり…」口を離して奴が言う。

おしりなんて中学生みてーな事言ってるから「おしり?マンコだろ、マンコ、ケツマンコだろ?」とガンガンに喉奥までチンコを突きまくり。

声にならない声をあげて、何かを言ってる。

「ケツマンコに入れてください!!!」

「だから、何をだよ!」

「ぶっといチンポをケツマンコにぶち込んで下さい…」

そういいながら、奴はすでにオイルを自分のケツマンコに塗ってる!

「どうしようもない淫乱だな、チンポ欲しくてたまんねーのかよ」

チンコしゃぶりながらも「ひゃい」と答える。

あまりの淫乱さに俺も限界、躊躇なしにブチこむ事にした。

チンポにオイル塗りたくって、フトマラ挿入。

奴は液体を思い切り吸い込み、受け入れる。

久しぶりの生、すげー快感が襲ってきて俺もさらに燃える。

「あ~、すっげー気持ちいぜ、お前のマンコ」

「あぁ……太い…」

リングでギンギンになってるせいもあり、自分でも「俺ってこんな太かったか??」と思うほどに太くなってた(汗)

根本まで入りきらない所でわざと止めて、「マンコ気持ちいいか、どうなんだよ!」と、どうなんだよ、の「よ」の時に一気に奥までブチこんでやった。

奴の体は電気が走ったようにエビ剃り状態になり、すげー喘いでるんでジュルジュルのディープキスで口をふさぐ。

正常位で「生だぜ、オラ。なぁ、ジュポジュポいってんじゃねーかよ、この淫乱マンコがよぉ」

チンコを抜けそうなところまで引いて、一気にぶち込むの繰り返し。

やつはアンアン喘いでやがる。ここで俺の好きなプレイをすることに。

奴のケツタブにオイル塗りたくる。

「いくぜオラァ」

ものすごい勢いでピストン運動、両足首を持って、フトマラでガンガン突きまくる。

オイル塗ってあるんで、パンパンパンパンいやらしい音してる。

「オラオラ、すげーイヤラシイ音してんじゃーねーかよ」

奴はぶっ飛んでるのか、「ああああああすごいぃぃぃぃぃぃぃ」とフトマラで突かれながら叫ぶように喘いでる。

20分くらいひたすらガン掘りしてたら、突如「イクゥゥゥ」なんていいやがって、トコロテン寸前。

慌てて止めて一緒にイクことに。俺も液体を吸い、スパートをかける。

思い切り体重をかけ、これ以上ないくらいにチンポの根本までマンコの奥まで突いてやる。

一突きのたびに「オラ」といい、その度に奴が「あぁ」と喘ぐ。

んでパンパン音してるから、車ん中が淫乱ライブハウス状態でスゲーことになってる。

フィニッシュが近くなり、パンパンいわしながら「あぁ~、オラ、イキそうだぜ、どこに欲しいんだよ言ってみろあぁ?」

「マンコの奥に種ほしいですぅぅぅ」

「俺の種がほしいのかぁ、どうなんだよオラオラ!!!」

「種欲しいぃ、いっぱいちょうだい・・・」

2人とも汗まみれになり、車がスゲー揺れるほど突きまくり!

「イクぞ!種付けんぞオラ!あぁ~イク!イク!イク!あっ!あっ!」

奴のマンコ奥深くに、3日分の種をタップリそそぎこんでやった。

やつも同時に、自分でしごいてイッタ。腹の上は俺の汗と奴の精子でビチョビチョ。

終わったら、淫乱さがウソのように普通にガキになってた(汗)

久しぶりに生でやって、しかも種付け。すげー興奮した。

 

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。