ホーム » SM調教 » 【ゲイ】主食は糞尿!ザーメンでタンパク質補給している奴隷さん

【ゲイ】主食は糞尿!ザーメンでタンパク質補給している奴隷さん

檻に入れられ・・・

愛知県在住の奴隷二号さんからの投稿。昔から奴隷になってみたい願望があったという投稿者。23歳の時に勇気を出してご主人様を募集したんだとか。そして、ご主人様の家でさっそく調教がスタートしたのだが・・・・・
緊縛レイプされた男性
現在25のゲイです

昔から調教に憧れて、23の時思い切ってネットで募集しました

すぐに返事が来て、会う事に。

相手は33才のかなりカッコ良い人でした

彼の車で家に向かいました

彼「まだ若いのに変態になりたいんだ」

「はい」

彼「今、1人調教してるやつがいるから一緒に奴隷にしてやる」

彼の家に着き、僕は服を全て脱ぎました

彼「ここでは俺の事はご主人様と言え、いいな」

僕「はい、ご主人様」

奥の部屋に行くと犬用の檻の中に人がいました

彼「奴隷一号だ、お前は今日から二号だ、わかったな」

ご主人様は犬用のお皿に小便をしました

まさか飲むのか?一号はそれを犬の様に飲みました

主「二号、今日はお前は飯抜きだ、明日は俺の精子のみだ、貴重なタンパク質だからしっかり取れよ」

僕は一号さんの隣の檻の中に入れられました

その日はご主人様と一号さんのプレイを見て奴隷としての基礎を覚えました

次の日の朝、ご主人が小便したいから飲めと言われました

1日何も口にしてないので苦い味でしたが飲み干しました

主「流石だな、一号は俺の糞もイケるぞ、お前もその内食うんだぞ」

ゾッとしたが変態になりたいって気持ちの方が強かった

その後トイレに行きたくなり犬の皿に排泄して鼻をつまみ自分の糞を食べました、糞の味になれる特訓です

一号さんはご主人様の糞を頂いてました

3日に一食は普通の白米が出ます、後は水少量、ご主人の糞尿、足りない場合は自分で排泄して再び食します

さらに一号さんと双頭バイブでイカせあい、先に相手を生かせた方がご主人様にアナルセックスしてもらえ、精子も一度中出しした後、に一度出して飲みます。

さらにご褒美で手コキでイカせてもらえるので、奴隷としては至極の扱いです

しかし一号さんには連敗しており一号さんが手コキしてもらった精子を頂いてなんとかタンパク質を確保しとおります

こんな生活を2年近くやってます

 

カテゴリ:SM調教の最新記事

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

コメントは3件です

  1. ゲイの名無しさん より:

    3号になりたい…

  2. ゲイの名無しさん より:

    受けだけど一緒にやりたい

  3. ゲイの名無しさん より:

    いいなー
    住み込みなのかな?

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。