ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】小4ですが包茎手術を受けてズルムケにされました・・・・・・・・

【ゲイ】小4ですが包茎手術を受けてズルムケにされました・・・・・・・・

大人のちんちん

京都府在住の学生さんからの投稿。父親が小児科医のため、小学生のうちに包茎手術を受けることが義務付けられている家庭で育った投稿者。3歳上の兄はクラスで一人だけカタチの違うチンコをしていることが原因でからかわれていたという・・・
パイパンの真性包茎
うちの親は小児科医をしています。

今では子供の包茎はむかない事・手術しないことが常識のようですが、そんな中、うちの親は今でも包茎手術賛成派のようです。

米国では産まれたての赤ちゃんの包皮を切るというのが一般的らしいのですが…

そんなこともあり、我が家では小学生のうちに包茎手術を受けることは当たり前のことでした。

3つ上の兄はそれでも抵抗あったかもしれません。

兄は小学校4年生になる直前の春休み、僕を含む家族4人が全員立会いのもと、手術を受けました。

当時小学校1年生だった僕も一部始終を見ていて、父から「お前も4年生になったらやるんだ」ということをいわれていました。

兄は当然嫌がっていましたが、親はまったく気にすることなく兄のペニスをズルムケにしてしまいました。

そんなわけで僕は小学生でそのようになることは小さい頃からわかりきっていました。

そして3年後、僕は同じ場所、同じ環境で当然のことのようにペニスをズルムケにされたのです。

もう、逃れられない運命だと思ってましたので一切抵抗しませんでした。

そして、兄と僕では決定的な違いがありました。

兄はクラスで1人だけズルムケになってしまったから、だいぶからかわれたそうで、あとから聞いた話ですが、女子にもうわさになってしまい、プールの時間が苦痛だったそうです。

しかし僕は違いました。

それは僕が4年生になった時、親がPTA会長になったのですが、そこでどうやら包茎手術を勧めたらしく、結果クラスメイトやその兄弟が次々とうちの親の病院へやってきたのです。

だいぶ割引にしてあげていたようですが。

クラスの男子が約25人いましたが、5人か6人は同じ手術を受け、ズル剥けに変身しました。

もちろん、ほとんどの家では本人の意見は聞かれず、親が勝手に決めた手術でした。

それだけ剥けチンがいればからかわれるとか恥ずかしいということはありません。

同じクラブの6年生も1人来て手術を受けていきました。

今、僕は医学とはまったく違う勉強をしています。3つ上の兄は医学生です。

そろそろ、専門を決めるようです。

もしかしたら兄も親のあとをつぎ、積極的に包茎手術を受けさせる医者になるかもしれません。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。